キッズもお得に遊べる!『富士急ハイランド』の料金・割引情報

16view
キッズもお得に遊べる!『富士急ハイランド』の料金・割引情報

インパクト抜群のアトラクションが盛りだくさん、泊りがけで遊びに行く人も多い「富士急ハイランド」。絶叫マシンにたくさん乗りたい人はもちろん、小さなお子さんも「トーマスランドパス」でキッズ向けの乗り物を遊び尽くせます。今回は入場チケット・各種のフリーパス情報をはじめ、お得に「富士急ハイランド」を満喫できる割引情報をまとめてご紹介します。

富士急ハイランドの入園料

富士急ハイランドには入園料+のりもの券という購入方法のほかに、遊び方によって各種のフリーパスがあります。

何に乗る?どんなふうに乗る?
お得なプランを検討してみてください。

通常の入園料

【入園料】
・大人(18才以上):1,500円
・中高生(12〜17才):1,500円
・小人(3才〜小学生):900円
※アトラクションに乗る際には別途乗り物券の購入が必要です。

【障害者手帳をお持ちの場合】
・大人(18才以上):1,300円
・中高生(12〜17才):1,300円
・小人(3才〜小学生):600円
※本人および付き添い1名まで割引適用

各種フリーパス

【フリーパス】
・大人(18才以上):5,700円
・中高生(12〜17才):5,200円
・小人(3才〜小学生):4,300円
※園内の対象アトラクションが乗り放題になるパスです。
※「トーマスランド」内のアトラクションにも利用できます。

【障害者手帳をお持ちの場合】
・大人(18才以上):5,200円
・中高生(12〜17才):4,800円
・小人(3才〜小学生):4,000円
※本人および付き添い1名まで割引適用

【トーマスランドパス】
・中学生以上(12才以上):3,900円
・小学生:3,300円
・未就学児(3才〜小学校入学前):2,900円
※「トーマスランド」内のアトラクション、および「トーマスランド」外でもティーカップなど一部のアトラクションが乗り放題になります。

【シニアパス】
・3,000円
※65歳以上、入園料+フリーパス
※60歳前後までの年齢制限のある乗り物もあります。ご確認ください。


【ナイトフリーパス】
・大人(18才以上):3,400円
・中高生(12〜17才):3,200円
・小人(3才〜小学生):2,900円
※販売は営業時間が18 時以降の日に限ります。※12月31日は販売なし。
※「トーマスランド」内のアトラクションにも利用できます。

 (60007)

2日間パス・年間パス

何日かかけて富士急ハイランドを遊び尽くしたい人には単発のフリーパスより、2日間パス・年間パスがお得です。

【2日間フリーパス】
・大人(18才以上):9,300円
・中高生(12〜17才):8,400円
・小人(3才〜小学生):7,200円
※入園+アトラクション乗り放題(2日間)
※「トーマスランド」内のアトラクションにも利用できます。

【年間フリーパス】
・大人(18才以上):50,000円
・中高生(12〜17才):45,000円
・小人(3才〜小学生):37,000円
※発行日から1年間有効、2回目からは窓口に並ばず専用入園口から入園できます。
※同伴者も5名までフリーパスが割引料金で購入できます。
詳細はこちら https://www.fujiq.jp/nenpass/

乗り物券とフリーパス、どっちがお得?

「FUJIYAMA」「ド・ドドンパ」などの絶叫マシンは個別に乗り物券を購入すると、1回につき800円~1,000円ほどの価格です。

ですから絶叫マシンに5~6回乗るならフリーパスがお得だといえます。
身長制限をクリアしていて、絶叫系アトラクションにたくさん乗りたいお兄ちゃん・お姉ちゃんがいる場合にはフリーパスがおすすめです。

一方、小さいお子さんでも楽しめるトーマスランドのアトラクションやティーカップ、メリーゴーラウンドは多くが200円~400円の価格帯となっています。

例えば小学校にあがる前のキッズなら入園料が900円、フリーパスが4,300円ですから、200円の乗り物3回+300円の乗り物4回+400円の乗り物4回でフリーパスと同額になります。

2,900円のトーマスランドパスの場合には200円の乗り物3回+300円の乗り物2回+400円の乗り物2回で同額となります。

たくさん乗り物に乗りたいキッズには2,900円のトーマスランドパスがおすすめですが、いくつかの乗り物をまったりまわる場合には入園料+乗り物券でも十分楽しめてしまいそうですね。

人気の絶叫マシンは待ち時間も長いため、確実に乗りたい場合には有料の「絶叫優先券」も販売されています。
もっとも使い方に規定があり、1回1,000円~2,500円(時期により変動)とかなり高額なため、利用する場合はしっかりと検討することをおすすめします。

絶叫優先券の詳細はこちらでご確認ください。
https://www.fujiq.jp/ticket/howto/

 (60008)

お得なチケット、割引情報

「富士急ハイランド」のフリーパスを購入するにはたくさんお得な方法があります。

①「 CLUBフジQ 」に登録

1番お得に遊ぶ方法は、富士急ハイランドのメルマガ「CLUBフジQ」に登録することです。

会員限定で「絶叫優待券」が抽選で当たるチャンスがあり、お得な学割や、いつでも割引になるクーポンがもらえます。

公式サイトの割引クーポンやJAF、コンビニで買うよりも、ずっと安い価格でフリーパスを手に入れることができます。

メルマガを読んで、お得な時期を逃さないようにしましょう。
一般には販売していない小学生のキッズパスも購入できます。

毎日抽選で、絶叫優先券をプレゼントもありますよ。

特典➀ お得なクーポンが入手可能
特典② Qポイントを獲得
特典③ アトラクションの待ち時間がわかる
特典④ お得な情報が満載のメルマガが月に1,2回送られてくる
特典⑤ トーマスグッズが貰える

①は、毎日抽選で、「絶叫優先券」をプレゼント。
※対象アトラクション:「高飛車」「ええじゃないか」「ド・ドドンパ」「FUJIYAMA」など

「CLUBフジQ会員特別フリーパス優待券」を使って入った場合のフリーパス料金はこちらです。

【フリーパス(CLUBフジQ会員特別フリーパス優待券利用)】
・大人(18才以上):5,700円 → 5,100円(600円引)
・中高生(12〜17才):5,200円 → 4,600円(600円引)
・小人(3才〜小学生):4,300円 → 3,900円(400円引)

●トーマスランドパス(CLUBフジQ会員特別フリーパス優待券利用)
・中学生以上(12才以上):3,900円 → 3,600円(300円引)
・小学生:3,300円 → 3,200円(100円引)
・未就学児(3才〜小学校入学前):2,900円 → 2,700円(200円引)

 (60009)

②お得な「エポスカード」を活用

富士急ハイランド以外にも、他のレジャー施設を楽しみたい方は、クレジットカード「エポスカード」を持ちましょう。

「エポスカード」を窓口で提示するとこちらの割引価格になります。

・大人(18才以上):5,700円 → 4,900円(800円引)
・中高生(12〜17才):5,200円 → 4,400円(800円引)
・小人(3才〜小学生):4,300円 → 3,700円(600円引)

年会費は無料!ぜひ1枚作ってレジャーにお得な「割引カード」として、入れておきましょう。

③ふるさと納税でお得に

お得な税制度「ふるさと納税」
自己負担額 2,000円で、お米やお肉、野菜やフルーツ、高級な家電製品などが手に入れられるお得な制度です。

ふるさと納税サイト「ふるなび」では、旅行券や家電をネットショッピングで買うかのような感覚で、気軽に手に入れることができます。

富士河口湖町にふるさと納税をすると、富士河口湖町内で泊まれる旅行クーポンがもらえちゃいます。

ふるさと納税サイト「さとふる」 で「富士吉田市」に納税すれば、富士急ハイランドのフリーパスペアチケットがもらえます。

寄付金額30,000円で、チケットをもらうことが出来ます。税金を納めている人は、ぜひ「富士吉田市」 にふるさと納税をしてみてくださいね。

 (60025)

④高速バス+フリーパスパックを利用する

高速バス乗車券とフリーパスを別々に購入するよりかなりお得。
新宿発着の大人で最大、1900円割引とお得です。
http://bus.fujikyu.co.jp/otoku/fujiq-highland

他に鉄道やレンタカーとのセット券もあります。
・鉄道のセットはこちら
https://www.eki-net.com/travel/fujiq/?utm_source=fq&utm_medium=ban&utm_campaign=fq
・レンタカーのセットはこちら
http://car.orix.co.jp/campaign/fuji_q.html

⑤SDカードを提示する

SDカードを提示すれば、フリーパスが400円割引きになります。
※「SDカード」とは、運転免許を持っていて、1年以上無事故・無違反の方が貰えるカードです。自動車安全運転センターで発行しています。

⑥前売り券を買う

前売り券はお得なだけじゃなく、当日、入場料金を支払う列に並ばなくて済むのでおすすめです。
当日は入場ゲート横にある「発券機」にQRコードをかざしてチケットを発券します。

【フリーパス(前売り券利用)】
・大人(18才以上):5,700円 → 5,300円(400円引)
・中高生(12〜17才):5,200円 → 4,900円(300円引)
・小人(3才〜小学生):4,300円 → 4,100円(200円引)

■パソコンで購入の場合
プリントアウトしたチケットのQRコードを「発券機」にかざしてチケットを発券してください。パソコンで複数枚購入の場合は全員分のプリントアウトが必要です。

■携帯電話でご購入の場合
QRコードの画面を保存し、携帯電話のQRコード画面を「発券機」にかざしてチケットを発券してください。

■コンビニエンスストアで購入の場合
代金と引換に手渡されるチケットのQRコードを「発券機」にかざしてチケットを発券してください
WEBチケットの特徴
• ご自宅や職場で時間を気にせずチケットを購入できます。
• パソコン(ご自分で印刷)・携帯電話又はスマートフォン・コンビニエンスストア発券の3つのタイプからご自分に合った方法で選択可能です。
• 携帯電話・スマートフォンからも予約・決済・チケット入手が可能です。
• チケット窓口に並ぶ必要はありません。
• 入場ゲート横にある「発券機」にWEBチケットのQRコードをかざすとチケットが発券されます。

TagPhotoLog via Visualhunt.com /  CC BY (60011)
via TagPhotoLog via Visualhunt.com / CC BY

⑦公式サイトの割引クーポンを利用

公式サイトに掲載されている割引クーポンをプリントアウトして提示すると、割引価格でフリーパスを購入することができます。

クーポン1枚で5名まで適用されます。
【フリーパス(割引クーポン利用)】
・大人(18才以上):5,700円 → 5,300円(400円引)
・中高生(12〜17才):5,200円 → 4,900円(300円引)
・小人(3才〜小学生):4,300円 → 4,100円(200円引)

いかがでしたか?
入場チケットやフリーパスの購入方法、割引の方法がとってもたくさんあって、迷ってしまいますね。

CLUBフジQやエポスカードの割引額が大きいですが、公式クーポンや前売り券でも、ファミリーで行くとかなり大きな割引になります。
ぜひ、活用してみてください。

富士急ハイランドへはどうやって行くの?どんなアトラクションがある?
そんな疑問には、こちらの記事で詳しくおこたえしています!

『富士急ハイランド』は日本一の富士山のふもとにある絶叫絶景遊園地 - アソビバ

『富士急ハイランド』は日本一の富士山のふもとにある絶叫絶景遊園地 - アソビバ

「富士急ハイランド」には世界記録を誇る絶叫マシーンだけでなく、小さなお子さんも楽しめるアトラクションがいっぱいあります。富士山を眺められる遊園地で一日中遊んでみませんか?

キッズもお得に遊べる!『富士急ハイランド』の料金・割引情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「山梨」のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集