絶品ソフトクリーム♪『こどもの国』は広い敷地の中に自然がいっぱい!

277view
絶品ソフトクリーム♪『こどもの国』は広い敷地の中に自然がいっぱい!

週末にママと長男(5歳)次男(0歳)の3人で神奈川県横浜市にあります『こどもの国』におでかけしてきました。ここはママも長男も何度も来ているお気に入りの場所。今日も休日をエンジョイしたいと思います。ここのソフトクリームは大のお気に入り。動物とのふれあいや、たくさんの遊具で遊ぶのも到着前から楽しみで、テンションはMAXです!

  • 使ったお金:1,900円(入園料:大人600円/子ども100円、ポニー乗馬400円、こどもどうぶつえん:大人250円、子ども200円、ソフトクリーム350円)
  • 遊んだ時間:10:00~15:00(計5時間)
  • 子供の年齢:5歳、0歳(おとこのこ)

2017年1月更新

田園都市線長津田駅から、こどもの国線に乗り換えて『こどもの国』に到着

田園都市線長津田駅から、こどもの国線に乗り換えて『こど...

田園都市線長津田駅から、こどもの国線に乗り換えて『こどもの国』に到着

わが家は電車で出かけましたが、園の正面駐車場は900台、牧場口駐車場も750台収容という大きな駐車場があるので、車で来るファミリーにも便利です。

園内はとっても広いので帰りは子どももクタクタになります。

実際に、帰り道に寝てしまった子どもを抱っこした親御さんが多く見られました。

ベビーカーのレンタルもありますが、こちらはかなりレトロなタイプなので、使い慣れているベビーカーを持参した方が良さそうです。

園内全体にスロープが設置されているので、ベビーカーや車いすでも移動しやすいようになっていました。

園内には楽しい遊具がいっぱい!

園内には楽しい遊具がいっぱい

園内には楽しい遊具がいっぱい

園内には本当にたくさんの遊具があります。

全長110メートルのローラー滑り台にも挑戦しましたが、長男が軽すぎるためか、うまく滑れませんでした。

子どもの後ろにパパやママが座っていると、重みで上手く滑れているように見えました。

そこで次は少し短いサイズの滑り台に挑戦。

これはかなり楽しかったようで、何度も滑りに行っていました。

他にも立体型の迷路や、乗ってピョンピョンと跳ぶことができるドーム型の遊具など、次から次へと出現する楽しいものに終始ニコニコ。

思いっきり遊ぶことができますので、とても汚れます。

洋服や靴は汚れても良いものを着用してきた方がよいです。

可愛い動物さんたち、こんにちは!動物とのふれあいはドキドキワクワク!

可愛い動物さんたち、こんにちは!動物とのふれあいはドキ...

可愛い動物さんたち、こんにちは!動物とのふれあいはドキドキワクワク!

こちらも『こどもの国』では人気の場所。
「こどもどうぶつえん」です。

入口でチケットを購入して入ると、いろいろな動物たちが!

アライグマはエサをお水でジャブジャブ洗って可愛い!

ミニブタはゴロンと横になっていました。

ふれあいひろばでは、モルモットやうさぎを抱っこすることもできます。

長男もモルモットをお膝の上に。

とてもおとなしくて、そっとなでると、小さなモルモットのドキドキが伝わってきそうでした。

やぎのコーナーにも入ってきました。

こちらは少々大きいので触れませんでしたが、勇気を出して隣に座ると、得意げな表情。

動物を触ったあとは、しっかり手を洗いましょう。

こちらの「こどもどうぶつえん」は通常入場料が子どもは200円なのですが、 ポニーの乗馬400円とセットの「こどもセット券」を購入すると合計600円のところが、500円になるのでお得です!

これは絶対欠かせない!絶品ソフトクリーム!

これは絶対欠かせない!絶品ソフトクリーム

これは絶対欠かせない!絶品ソフトクリーム

『こどもの国』に来たら絶対いつも食べているのが、雪印こどもの国牧場内で売られているソフトクリーム!

今日はとても寒いけれども、食べずに帰ることはできないと長男と手を取り合い売店へ。

すると同じようにソフトクリームを求めて、すでに売店には10人ほどの列ができていました。

このソフトクリームは本当に人気なので、列ができてしまうのも珍しくありません。

小さい子どもは列で待つのが苦手だと思いますから、空いているときにササッと購入するのがおすすめです。

やっと順番が来て購入することができました。

このソフトクリームはとても濃厚で、生クリームに近いかななんて個人的には思います。

「寒かったけど、美味しかった!」 次は夏に食べたいな!

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ!

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ

『こどもの国』はとても広くて遊ぶものもたくさんあるので、子どもたちはお腹がペコペコになりますが、レストランは入場口を入ってすぐにある「レストランさんかくぼうし」の1軒しかありません。

広い敷地内を歩いて戻ってくるのは結構大変です。

園内に売店もあるにはあるのですが、売っているものの種類は少なめかなという印象です。

そこでランチは持参することをおすすめします!

持ち込みは自由なのでお好きなものを持っておでかけしましょう。

気に入った場所でお弁当を広げるのも楽しいです。

ベンチもたくさんありますが、レジャーシートがあっても良いかも知れません。

もしお弁当の用意や持ち物を忘れてしまったという場合には、 こどもの国駅を降りてすぐのところにコンビニもありますので、こちらでの購入も可能です。

ゴミ箱も設置していますので、ゴミはゴミ箱に捨てるか持ち帰りを。

赤ちゃんのための授乳室は園内3か所にあります。

文/yukie

下記の記事では、こどもの国の魅力をたっぷりと紹介しています。合わせてごらんください♪

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

横浜市青葉区にあるこどもの国は都心から近く、家族で気軽にリーズナブルに遊べる人気のスポット。牧場をはじめ、たくさんの遊具や乗物、バーベキュー、夏場はプール、冬場はアイススケートと小さな子どもから小学生まで遊べるスポットです。今回はこどもの国を子供と一緒に遊び倒した攻略情報をご紹介します!

絶品ソフトクリーム♪『こどもの国』は広い敷地の中に自然がいっぱい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集