見るだけじゃない!『メガウェブ』ではキッズも車の運転が体験できる!

211view
見るだけじゃない!『メガウェブ』ではキッズも車の運転が体験できる!

トヨタが提供するテーマーパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」にはクルマの魅力がぎっしり!古今東西の名車のラインナップがいちどに見られるばかりでなく、実際に座席に座ってみたり、車の運転体験ができるコーナーもあります。小さなお子さんも、専用コースで初めてのドライバー体験をしてみませんか?大人にとっても驚きの連続が待っているメガウェブ、その見どころとキッズのためのおすすめスポットをご紹介します!

3つのパビリオンで車の世界を堪能!

「メガウェブ」は「トヨタシティショウケース」「ライドスタジオ」「ヒストリーガレージ」の、3つのパビリオンに分かれています。

最新の車が見られる「トヨタシティショウケース」、お子さんも運転を体験できる「ライドスタジオ」、車の歴史にどっぷり浸る「ヒストリーガレージ」と、様々な角度から車を楽しむことができるんです!

 (60380)

ちなみに3つのパビリオンをつなぐ「ライドワン」は、気になったクルマをすぐに試せる1.3kmの試乗コースです。

試乗車のラインナップの中からお好きなものを選び、1台300円で試乗ができます。

こちらは実際にクルマの購入を検討しているファミリーにおすすめです。

かっこいいクルマが目白押しの「トヨタ シティショウケース」

まずはトヨタ車の最新モデルを楽しむことができるパビリオン「トヨタシティショウケース」からご紹介していきます!

ここでは、見るだけでなく実際に触れたり乗り込んでみたりして、車そのものや新技術を味わうことができます。

 (58182)

最新のトヨタのクルマがずらっと!「ラインナップゾーン」

「トヨタシティショウケース」1Fに広がるのは「ラインナップゾーン」。
巨大な空間にトヨタのニューモデルが約80台展示されています!

ハイブリッドカーや、車いすのまま乗り降りできるタイプもある福祉車両「ウェルキャブ」など、さまざまなクルマを見学することができます。

実際にドアを開けて乗車することもOKです。
お子様の成長に合わせた新しいクルマの乗り心地を体験できます。

かっこよくて、きれいなクルマがたくさんありますね。

 (58184)

普段乗ることができない運転席に乗れた子供たちは、もうすでにドライバー気分です。

 (58186)

子どもに人気だったのは、この超小型EVの「COMS」です。

 (58188)

急速充電ができる法人向けのこの小型自動車はフォルムも可愛らしく、運転席もよく見えるので、子供のクルマ見学にはちょうど良いようです。

レーシングカーが大好きなお子様におすすめ!「GRゾーン」

「トヨタシティショウケース」1Fには2017年9月、新しく「GRゾーン」がオープンしました!
スポーツカーシリーズ「TOYOTA GAZOO RACING 」、通称「GR」に特化したゾーンです。

ここでは数々のレースやラリーに挑む、トヨタのスポーツカーを見ることができます。

レーシングカーにも実際に乗車することができるんですよ。
いつも乗っているクルマとは全く異なる乗り心地に、ゾクゾクしちゃいますね!

レーシングカーのパーツも展示されています。
お父さんや男の子たちが興味津々にじっくり見入っています。

家に帰ったらさっそくミニ四駆なんかをいじり出すんだろうな~と、目に見えるようです。

 (60383)

こちらはドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースで、実際に使用されたレーシングカー「LEXUS LFA」です。
レースの過酷さが、車体の傷に現れています。

 (60385)

実際に使用されたクルマが放つ雰囲気は、本当にかっこいいですね。
今までそれほどレーシングカーに興味があったわけではないのですが、夢中になる親子の気持ちがわかる気がしました。

このほか、GRゾーンにはプレイステーション4のゲームソフト「グランツーリスモSPORT」を体験できるシミュレーターがあります。
ゲームを通して、実際のレーシングコースを体感することができますよ!

未来のデザインはこちら!「グローバルディスカバリーゾーン」

2Fの「グローバルディスカバリーゾーン」では、トヨタのクルマづくりへの取り組みや最新技術に触れることができます。

あまり見たことのない、近未来的なデザインのクルマが並びます。
ひとり乗り用のこちらのクルマは、まるでバイクのようですね。

ムダのないデザインとは、まさにこのこと。
美しいです!

 (60639)

こちらのクルマは、まるで宇宙船のようです。
すっきりとしたデザインが特徴的なトヨタの最新デザインは、クルマ好きの親子を魅了します。

 (60641)

こちらはコンセプトカー「FT-1」です。
映画「バットマン」を彷彿とさせる、かっこいいデザインですね。

海外のモーターショーにも出展され、注目を集めています。

 (60643)

「FT-1」の車体をモチーフにしたシミュレーターがあり、ゲーム「グランツーリスモ6」で運転を体感できます。

135センチ以上という身長制限がありますが、これに満たないお子さんも、保護者の方が一緒なら乗車することができます。
ぜひ、サーキットをドライブする感覚を味わってみてください。

 (60645)

「トヨタシティショウケース」2Fにはこのほか、2017年2月にオープンした「TOYOTA×スポーツ」ゾーンがあります。
ここにはパラスポーツ、つまり障害のある方のスポーツに関する展示があります。

よく知られたパラスポーツとしては、車椅子バスケットボールなどが有名ですね。
クルマを通して広がる世界にぜひ、触れてみてください。

子どもも免許がとれちゃう!?「ライドスタジオ」へGO!

たくさんのクルマを見てきたわんぱくキッズ、思わず自分でも運転してみたくなっちゃいますよね。

大人になるまで待てない!
そんなキッズの願いを叶えてくれるのがメガウェブ2つめのパビリオンが、「ライドスタジオ」です。
ここでは交通ルールを学びながら、本格的な運転にチャレンジすることができます。

 (60649)

スタジオ内は、「インドア ライドワン」用のコースと「プチライドワン」用のコースに分かれています。

「インドア ライドワン」には様々な車種があり、親子で一緒に運転することができます。
「プチライドワン」は就学前の小さなお子様専用のコースです。

 (60651)

未就学児専用!プチライドワン

まずは「プチライドワン」からご紹介していきますね。

「プチライドワン」はキッズ専用のミニコースです。
無料で10分間の運転体験が楽しめます。

【利用条件】
年齢:未就学児(3歳~5歳)
身長:120cm未満
体重:25kg未満

1台につき、保護者1名が運転補助につく必要があります。
お子さんの運転する車のあとを、ゆっくり見守りながらついていってあげてください。
大人がゆったり歩いても引き離されないくらいのスピードです。

さて。運転できる車はこちら、レクサスです!

 (60732)

かっこいいクルマを、自分で運転できるなんて!子供たちもウキウキです。

お母さんの心配をよそに、子供たちはグングン運転を進めていきます。
クッションの壁に突き当たったりして行き詰まった時には、運転補助のパパ・ママが修正してあげてください。

担当のお姉さんも付き添ってくれるので、安心です。

 (60734)

コースの脇にはプレイスペースもあります。
まだ乗車できない1~2歳児のお子さんは、おもちゃで遊びながらお姉ちゃん、お兄ちゃんを待っていられます。

 (60736)

本格的な運転体験!インドア ライドワン

一方の「インドア ライドワン」では、「カマッテ」「ピウス」「キッズ ハイブリッドカー」の3種のクルマに乗ることができます。

「カマッテ」「ピウス」に乗るには初心者講習を受講して仮免許を取得しなければなりません。
本格的ですね!

「Camatte(カマッテ)」

運転席に1名、後部座席に2名が乗車OK!
お子さんの運転する車に乗って、親子で一緒にドライブできます。

【利用条件】
年齢:小学生以上
身長:135cm以上
料金:初心者講習(15分)300円/走行体験(2周)200円

 (60752)

「カマッテ」は大きめのクルマなので、本当にクルマを運転しているような気分になります。
アクセルを強く踏むと、ふわーっと加速しますが、スピードがですぎないようになっているので安心です。

「PIUS(ピウス)」

お子さんだけで運転できる、1人乗りのクルマです。
カラフルな車でドライブすれば、ぐんと大人になった気分ですね。

【利用条件】
年齢:小学生以上
身長:115cm以上
料金:初心者講習(15分)300円/走行体験(2周)200円

 (60754)

スポーツカーみたいでかっこいいですね。
「ピウス」はカラーバリエーションも豊富です。

「キッズ ハイブリッドカー」

組み立てから体験できる、お子様向けのハイブリッドカーです。

【利用条件】
年齢:小学生以上
身長:120cm以上の方
組立講習+走行体験(15分)300円

 (60756)

「ライドワン」の初心者講習を受けよう!

まずは仮免許をとるため、初心者講習を受けましょう!
ちなみに、すでに自動車免許をお持ちの18歳以上の方は、初心者講習なしで走行体験をすることができます。

 (60746)

まずは受付に行って、乗りたいクルマの受付をしましょう。
するとチケットの購入と乗り方について案内してくれます。

 (60748)

チケットは券売機で購入します。
初心者講習とキッズハイブリッドカーのチケットは300円、すでに講習で仮免許を取得したお子様がコースを2周できる走行体験のチケットは200円です。

もし、サンダルなどで来場した場合には、安全のためにスニーカーを貸してくれます。
夏場でくつしたがない場合も、この券売機で100円でくつしたを購入できます。

 (60750)

初心者講習といっても座学ではなく、走行しながら行います。
コースをめぐりながら、担当のお兄さんやお姉さんが丁寧に運転の仕方を教えてくれます。

コースには信号機や横断歩道も設置されているので、運転の体験をしながら交通ルールを学ぶことができます。

いつもは歩行者側でお勉強している子供たちも、ドライバー側の気持ちになってみると、交通ルールの重要性がより理解できるかもしれません。

 (60758)

上手に運転するためのポイントを聞きながら、練習をしていると、だんだん慣れてきます。
とても楽しいので、ライドスタジオから離れたくなくなっちゃうかもしれません。

 (60760)

初心者講習をクリアすると仮免許証がもらえますので、走行体験へ進んでください。
走行体験も終了すると、免許証がもらえます!

 (60763)

免許証は以下のようにランクアップしていきます。
・仮免許証   初心者講習で上手に運転できるともらえます。
・初心者免許  走行体験を終了するともらえます。
・ブルー免許  裏面のシールを5個集めるともらえます。
・ゴールド免許 ブルー免許取得後、さらに裏面のシールを5個集めるともらえます。

免許証を取得し、更新した人だけの新たな体験メニューもあるんですよ。
車庫入れ講習もそのひとつです。

「車庫いれ講習」

バック走行で車庫入れにチャレンジ!
ペーパードライバーのパパ・ママよりも運転がうまくなってしまうかもしれませんね。

こちらは、カマッテまたはピウスのブルー免許以上をお持ちのお子様がチャレンジできます。

 (60764)

「FC-PIUS」

FC-PIUSは水素エネルギーで走る車です。
水素自動車の仕組みを勉強しながら、試乗体験ができます。

こちらはゴールド免許以上のお子様が対象になります。

 (60769)

乗れば乗るほど運転技術もあがりますし、新しいクルマに乗ることもできます。
リピートするほど楽しさが増すのが、このライドスタジオです。

クルマの歴史をめぐろう!「ヒストリーガレージ」

メガウェブ3つめのパビリオン、「ヒストリーガレージ」では歴史ある世界の名車が展示されています。

まず1Fに並ぶのはモータースポーツの歴史。
1950~90年代にラリーに参戦したクルマの実物やモデルカーを見ることができます。

熟練の技にドキドキ!レストアピット

1Fの「レストアピット」では、熟練のメカニックによる匠のわざを目にすることができます。
見学できる時間・人数が限定されているので、お気をつけください。

「レストア」とはRestoration、つまりもとの状態に戻すという意味です。
ここでは名車から各パーツを取り外し、傷みや変形をなおして車をよみがえらせているんです。

整備士さんたちのみがき上げられた手つきには、ほれぼれしてしまいます。
お子さんには、モノをなおして大切に使おうという気持ちも育まれそうですね。

【「レストアピット」利用条件】
・時間:11:00~12:00、13:00~18:00
・定員:2組10名まで

レーサー気分で一休み!カフェ&バー グリース

たくさんのクルマを見て回って、一息つきたくなったらこちらのカフェ&バーへどうぞ。

レーサーたちの休憩どころ、「ドライバーズラウンジ」をイメージしているとあって、大人っぽい雰囲気にあふれたスペースです。
エスプレッソやカプチーノは大人向けですが、キッズもパニーニやティラミスで一息ついてはいかがでしょうか。

 (61106)

公式サイトにメニュー10%引きのクーポンがあるので、ぜひ利用してみてください。
http://www.megaweb.gr.jp/area/historic/cafebar_grease_coupon/index.html

このほか、1Fのミニカーショップ「グリースGPS」にもカフェスペースがあり、お気に入りの品を眺めながらコーヒーブレイクできます。

歴史的名車にふれる!ヒストリックカーコレクション

2Fの「ヒストリックカーコレクション」ではトヨタのクルマをはじめ、イギリスのジャガー、イタリアのフィアット、アメリカのキャデラックなど、1950~70年代の名車20台あまりが並びます。
ロマンがあって、パパ・ママの方が夢中になってしまいそうですね。

 (60773)

ほかに2Fには、ミニチュアサイズのモデルカーがずらりと並ぶ「コリドー」があります。

このスペースは、とある主人公のコレクションルームであるという設定です。
その世界観に引き込まれて、ついついコレクションに見入ってしまいます。

 (61112)

クルマを運転したり、その技術を見ることは、キッズにとって「仕事」について考えるきっかけにもなります。
自由研究の題材にもよさそうですね!

ぜひ「メガウェブ」で、たくさんの驚きに出会ってください。

こちらの記事ではアクセス方法など、「メガウェブ」についてより詳しくご紹介しています。
合わせて参考にしてみてください。

お台場『MEGA WEB(メガウェブ)』は無料で遊べる車のテーマパーク♪ - アソビバ

お台場『MEGA WEB(メガウェブ)』は無料で遊べる車のテーマパーク♪ - アソビバ

クルマ好きのお子様からお父さん、おじいちゃんまで、家族みんなで楽しめるトヨタのテーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」に行ってきました!

見るだけじゃない!『メガウェブ』ではキッズも車の運転が体験できる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集