関東のイルミネーションスポット25選!家族で楽しめる

314view
関東のイルミネーションスポット25選!家族で楽しめる

家族やお子さんと一緒に行くのにぴったりの、おすすめのイルミネーションスポットをご紹介しています。関東にはさまざまなスポットがあって迷っている、という方もいるでしょう。それぞれのスポットのおすすめポイントやアクセス方法、料金などとともにまとめましたので参考にしてください。せっかくですので、いくつかのスポットを巡ってみるのもおすすめです。暖かい格好をしてお出かけしましょう!

東京ドイツ村

千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村では、アトラクションや動物との触れ合い、収穫体験などを楽しむことができます。
そして一年を通してさまざまな花を楽しめる、関東でも人気のスポットです。
イルミネーションは11月1日より開催されます。

 (58086)

日本夜景遺産に認定され、関東三大イルミネーションの一つである東京ドイツ村のウィンターイルミネーション。
今年のテーマは「メ☆ル☆ヘ☆ン ~ときめきスマイル~」と題して開催されます。
約300万球の電球の明かりがスケールの大きいメルヘンの世界へと誘います。
とても広い園内は車に乗ったまま入ることができますので、小さいお子さんがいる家族も気軽に遊びに行くことができます。
また、各所に駐車場があり、トイレはもちろん、授乳室なども備えられています。

そしてわんちゃんランドというエリアでは愛犬とともに遊ぶこともできます。
犬を飼っていない方も遊べるよう、エリア内にいる犬と遊んだり散歩したりすることができますので、きっとお子さんも喜ぶでしょう。

そのほかにも園内ではさまざまなイベントが開催されています。
キャンドル作りやパン作り、作物の収穫、カヤックなどインドアもアウトドアも楽しむことができます。

名称:東京ドイツ村

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

アクセス:JR中央・総武線「千葉駅」より、高速バス「カピーナ号(千葉~鴨川線)」、東京ドイツ村下車

営業時間:9:30~20:00(最終入園19:30)

料金:無料(別途、入園料がかかります)

開催時期:2017年11月1日(水)~2018年4月8日(日)

公式サイトURL:http://t-doitsumura.co.jp/

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市にある、あしかがフラワーパークは首都圏からアクセスしやすく、最寄りのインターチェンジより20分ほどで行くことができます。
関東そして日本三大イルミネーションと言われている、約400万球の光と花々のコラボレーションをぜひ見に行きましょう。

 (58087)

もともとは早川農園という名前で運営していましたが、都市化のために今の土地に移動しました。
園のシンボルでもある大藤は春に見頃を迎えますが、一年を通してさまざまな見た目を楽しむことができます。

イルミネーションのシンボルツリーである「奇蹟の大藤」は、まるで本物の大藤のような電飾となっています。
風が吹くたびに揺れる演出で、より本物に近い見ごたえとなっています。
また、山側や池の水面などに光が映り込むような演出もありますので、飽きることなく園内を歩くことができます。
日本でも有数のイルミネーションに、きっとお子さんも興奮することでしょう。

そしてイルミネーションには3種類のテーマがありますので、何度か訪れてみるのもおすすめです。

名称:あしかがフラワーパーク

住所:栃木県足利市迫間町607

アクセス:JR両毛線「富田駅」より徒歩13分

営業時間:16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

料金:・大人900円
・子供500円

開催時期:2017年10月21日(土) ~ 2018年2月4日(日)

公式サイトURL:http://www.ashikaga.co.jp/

カレッタ汐留

東京都港区にある「カレッタ汐留」は食事や買い物だけでなく、ミュージアムも楽しむことができる複合商業施設です。
新橋駅や汐留駅からアクセスしやすい場所にあります。
地下駐車場も備えられていますので、車で行くこともできます。

 (58088)

15周年を迎えるカレッタ汐留の今年のイルミネーションのテーマは「真実の愛」となっています。そしてディズニーの映画「美女と野獣」の人気シーンをイメージしたショーも見どころです。
美女と野獣ならママさんだけでなくお子さんも楽しむことができますので、家族で行ってみるのもよいでしょう。
衣装の展示や記念写真の撮影、体験型のパネル展示などもあります。
SNSへの投稿キャンペーンもありますので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

また、建物の46階と47階は展望スペースになっており、東京のさまざまな景色を眺めることができます。

関東でイルミネーションだけでなく買い物や劇なども楽しみたいという方にはおすすめです。家族全員で楽しみましょう。

名称:カレッタ汐留

住所:東京都港区東新橋1-8-2

アクセス:JR山手線 「新橋駅」 汐留改札(地下)より徒歩4分(地下通路が便利です)

営業時間:17:00~23:00
※1、2月は18:00~

料金:無料

開催時期:2017年11月16日(木)~2018年2月14日(水) 予定
※2018年1月1日(月)・2日(火)を除く

公式サイトURL:http://www.caretta.jp/Illumination/about.html

恵比寿ガーデンプレイス

東京都渋谷区にある恵比寿ガーデンプレイスは、恵比寿駅東口より歩いて5分でアクセスできます。
恵比寿スカイウォークを利用することで雨の日も濡れることなく遊びに行けます。
映画や絵画、買い物などを楽しみましょう。

 (58089)

関東、そして東京の中でも特に大人の雰囲気が溢れる恵比寿に、今年は「時代を超えた永遠の価値」と題してイルミネーションが開催されます。
圧巻はクリスタルパーツ数が8,472もあり、ライト総数250灯の高さ5mのバカラシャンデリアです。250年以上も受け継がれるそのクリスタル技術は、見る人を異空間へと誘います。
また、時計広場には高さ約10mの豪華に装飾されたクリスマスツリーもお目見えします。
敷地のあらゆるところに総数約10万球の光がライトアップされ、まるでおとぎ話の世界を散歩しているようです。
その壮大な雰囲気にお子さんは少し緊張してしまうかもしれませんが、光の美しさに魅了され、大人になっても覚えていることでしょう。
日常では味わえない素敵な空間で、家族の思い出を作るのはいかがでしょうか。

名称:恵比寿ガーデンプレイス

住所:東京都渋谷区恵比寿4-20

アクセス:JR山手線「恵比寿駅」東口より 徒歩5分

営業時間:店舗により異なる

料金:無料

開催時期:2017年11月3日(金)~ 2018年1月8日(月)

公式サイトURL:https://gardenplace.jp/

東京ミッドタウン

東京都港区にある東京ミッドタウンは六本木駅より直通で、乃木坂駅や六本木一丁目駅などからもアクセスすることができます。
商業店舗だけでなく、ホテルや美術館、住居、病院などもある複合施設ですので、さまざまな年代の方が利用しやすくなっています。

 (58090)

今年は11月15日からクリスマスイベントが開催され、イルミネーションやクリスマスライブなども行われます。
開業してから10周年ということで、宇宙旅行をテーマにした演出を曜日ごとに楽しむことができます。
これにはお子さんもきっとワクワクすることでしょう。

小さいお子さんを連れている方のために、ベビーカーレンタルやベビールーム、授乳室などを備えています。
そのため普段は抱っこしているけれどゆっくりと見て回りたいという方や、しっかりと設備が整っているところでないと出かけづらいという方も不安に思うことなく過ごすことができます。

また、車で関東方面に来たという方も、駐車場が備えられていますので、近隣の駐車場を探すことなく遊びに行くことができます。

名称:東京ミッドタウン

住所:東京都港区赤坂9-7-1

アクセス:都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結

営業時間:17:00~23:00
※「ウェルカムイルミネーション」のみ 24:00 まで

料金:無料

開催時期:2017年11月15日(水)~12月25日(月)

公式サイトURL:http://www.tokyo-midtown.com/jp/news/3770/

宮ヶ瀬湖畔園地・水の郷地域

神奈川県愛甲郡にある宮ヶ瀬湖畔園地・水の郷地域は、都心から近いオアシスとも呼ばれています。
そのため近隣の関東地域からも遊びに行きやすいスポットです。
駐車場もいくつかありますので、お子さんがいる方もスムーズに移動できます。

 (58092)

施設内にある虹の妖精と呼ばれる大噴水は、寒くなってくるとイルミネーションとしても楽しませてくれます。
クリスマスシーズン以外はライトアップが行われていませんので、見逃さないようにチェックしておきましょう。

また、高さが約30mあるもみの木もジャンボクリスマスツリーとして電飾が施されますので、その迫力にお子さんも喜ぶでしょう。
都心ではあまり見ることのできない自生のもみの木ですので、写真を撮ってみるのもおすすめです。

エリア内には大吊り橋もあり、宮ヶ瀬湖を見渡すことができます。
寒い季節なら、普段よりもきれいな景色を眺めることができるでしょう。
毎日の慌ただしさから離れて自然を楽しみたいというママさんにもおすすめです。

名称:宮ヶ瀬湖畔園地・水の郷地域

住所:神奈川県愛甲郡清川村宮ケ瀬940-5

アクセス:小田急電鉄小田原線「本厚木駅」北口から5番のりば神奈川中央交通「宮ケ瀬行き」約50分 終点「宮ケ瀬」下車0分

営業時間:17:00~22:00

料金:無料

開催時期:2017年11月25日(土)~12月25日(月)

公式サイトURL:http://www.miyagase.com/xmas/

マザー牧場

千葉県富津市にあるマザー牧場は、車やバイク、電車、路線バス、フェリーなどさまざまな交通機関で行くことができます。
関東はもちろん、そのほかのエリアからもアクセスしやすいため、少し遠出をしたいという家族にもおすすめです。

 (58093)

今年のイルミネーションはこれまでよりも規模の大きい、55万球の電飾となっています。
10月21日から1月8日までは休園日以外、1月13日から2月25日までは土日祝のみの点灯です。
音楽に合わせて彩られるイルミネーションショーやナイト遊園地、光のトンネルなどがありますので、寒くてもお子さんもめいっぱい楽しめるでしょう。

そのほかにも11月には天体望遠鏡や双眼鏡で星を見たり、この時期にしか味わうことができない名水もち豚を食べたりすることができます。
人気メニューのジンギスカンはもちろん、かわいらしいパフェやウインナーコーヒーもありますので、お子さんと一緒に写真を撮ってSNSに載せて楽しみましょう。

名称:マザー牧場

住所:千葉県富津市田倉940-3

アクセス:JR「佐貫町駅」より路線バス 約25分

営業時間:16:00~20:00

料金:・大人(中学生以上)600円
・小人(4歳~小学生)300円

開催時期:2017年10月21日(土)~2018年2月25日(日)

公式サイトURL:http://www.motherfarm.co.jp/

東武動物公園

埼玉県南埼玉郡にある東武動物公園は、東武動物公園駅より徒歩やバスでアクセスすることができます。
都内からはもちろん、そのほかの地域からもアクセスしやすいです。
園内には3,000台ほど収容できる駐車場もありますので、遠方からでも行くことができます。

 (58094)

イルミネーションは10月28日より開催で、関東でも規模の大きいLEDビジョンが設置されます。
約200万球のLEDと音楽、光などの融合が楽しめますので、飽きることなく過ごすことができるでしょう。
今年は演出にスモークを取り入れていますので、より迫力のある空間を楽しめます。

動物園ということで、かわいらしい動物の形をしたイルミネーションだけでなく、本物の動物も眺めることができます。
明るい時間帯は動物と触れ合い、暗くなってきたらイルミネーションを楽しめますので、一日を使って遊ぶことができるでしょう。
園内にはレストランや売店はもちろんですが、授乳室もありますので小さいお子さんがいる方も気兼ねなく遊ぶことができます。

名称:ハイブリッド・レジャーランド 東武動物公園

住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

アクセス:「東武動物公園駅」西口より徒歩10分

営業時間:17:00〜20:00
※12月23日(土・祝)・24日(日)・25日(月)は21:00まで

料金:・大人(中学生以上)1,000円
・子供(3歳以上~小学生)500円

開催時期:2017年10月28日(土)~2018年2月12日(月・振休)

公式サイトURL:http://www.tobuzoo.com/

けやきひろば

埼玉県さいたま市にあるけやきひろばは、JRさいたま新都心駅よりすぐの場所にあります。
また、首都高速埼玉新都心線新都心出口からも近いため、ほかの関東地方からもアクセスしやすいでしょう。
無料でイルミネーションを楽しめるのもポイントです。

 (58095)

今年は10月21日より点灯し、「BLUE FLOWER DREAMING」をテーマに、青いバラのような光がいたるところに施されています。
青いバラには神の祝福や夢叶うといった意味がありますので、きっと幸せな気分になれることでしょう。

11月25日より1ヶ月間はクリスマスマーケットも行っており、クリスマスや寒い時期にぴったりの雑貨や食べ物を楽しめます。
ワークショップとしてクリスマスリースやスノードーム、キャンドルなどを作ることができますので、お子さんを連れて一緒に体験してみるのもおすすめです。
かわいらしいテディベアの展示やイルミネーショントレインもありますので、お子さんのはしゃぐ姿を撮影するのもよいでしょう。

名称:けやきひろば

住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10

アクセス:JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線「さいたま新都心駅」より徒歩2分

営業時間:17:00〜24:00
※10月21日(土)はセレモニー実施のため18:00より点灯予定

料金:無料

開催時期:2017年10月21日(土)~ 2018年2月14日(水)

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/detail/11105ba2212073872

おおたイルミネーション

群馬県太田市で開催されるおおたイルミネーションは、毎年11月中旬より楽しむことができます。
駐車場がありますので、小さい子どもを連れている方もアクセスしやすいスポットです。
毎年違ったテーマでイルミネーションが実施されていますので、今年はどんなイルミネーションかな?と楽しみにしている方も少なくないでしょう。

 (58096)

園内の中央芝生広場より広がるイルミネーションは、地上から楽しむのもよいですが、高台からの眺めがポイントとなっています。
高台から眺め、お子さんも「あそこに行きたい!」と楽しむことができるでしょう。

一日一組限定ですが、記念日点灯式参加者も募集しています。
記念日でなくとも、思い出として参加してみるのもよいでしょう。
参加したい日にちの一週間前までに応募することができ、参加費用は2,000円となっています。
なかなかできる体験ではないので、お子さんと一緒にイルミネーション点灯を行ってみませんか?
点灯している様子をスタッフが撮影してくれ、フォトフレームに入れて渡してくれるのもうれしいポイントです。
関東地方への旅行の思い出として参加してみるのもよいかもしれません。

名称:おおたイルミネーション

住所:群馬県太田市上強戸町2079-3

アクセス:東武桐生線「治良門橋駅」より車約7分

営業時間:17:30~22:00

料金:無料

開催時期:2017年11月23日(木)~2018年1月8日(月)

公式サイトURL:http://www.webgunma.com/1651/

ぐんまフラワーパーク

群馬県前橋市にあるぐんまフラワーパークは、北関東自動車道や関越自動車道などよりアクセスすることができます。
園内にはさまざまな植物や花などが植えられており、アスレチックで遊んだりレストランで食事を楽しんだりすることができます。

 (58097)

今年のイルミネーションは11月11日より開催され、プロジェクションマッピングは新作のストーリーが追加されています。
イルミネーションと光、音楽、花々、そして妖精からの贈り物であるシャボン玉も楽しめます。
さまざまな演出で、きっとお子さんも寒さを忘れて遊びまわることでしょう。

11月25日には花火も打ち上げられます。
済んだ空気の中で見る花火やイルミネーションについつい写真を撮ってしまうかもしれません。

料金は中学生以下は無料となっていますので、お子さん連れの方が気軽に遊びに行けるのもポイントです。
園内は広々としていますので、散歩を楽しみつつ今年最後の思い出づくりとして楽しむのもおすすめです。

名称:ぐんまフラワーパーク

住所:群馬県前橋市柏倉町2471-7

アクセス:JR両毛線「前橋駅」より上毛電鉄「中央前橋駅」に乗り変え、大胡駅にて下車。その後、タクシー又はデマンドバスにて約15分

営業時間:日没後~21:00(最終入園は20:30)

料金:600円(中学生以下無料)

開催時期:2017年11月11日(土)~2018年1月8日(月・祝)

公式サイトURL:http://www.flower-park.jp/illumination

県立榛名公園ビジターセンター

群馬県高崎市にある県立榛名公園ビジターセンター周辺では、幻想的なイルミネーションを楽しむことができます。
駐車場は1台500円で停めることができますので、関東周辺から家族で足を運んでみるのもよいでしょう。

 (58099)

イルミネーションは毎年12月上旬からクリスマスまで行われています。
クリスマスをイメージしたイルミネーションはもちろん、湖面に写り込んだ光も楽しむことができます。
また、イルミネーションが行われている時期には花火が上がることもありますので、ぜひ日にちをチェックしてから遊びに行ってみましょう。

しかし、寒い時期の榛名は路面が凍結することがありますので、スノータイヤを着用してから出かけましょう。
また、寒さに慣れていないお子さんが風邪を引かないよう、しっかりと防寒対策もして行くのがよいでしょう。

榛名山ロープウェイやハイキングコースなどもありますので、日中には雄大な自然を楽しんでみるのもおすすめです。

名称:県立榛名公園ビジターセンター

住所:群馬県高崎市榛名湖町

アクセス:JR吾妻線「郷原駅」より車約21分

営業時間:17:00~22:00頃

料金:無料

開催時期:例年12月上旬~クリスマス

公式サイトURL:http://www.webgunma.com/787/

イルミネーションin東武ワールドスクウェア

栃木県日光市にある東武ワールドスクウェアでは、有名な建築物や世界遺産などを1/25にしたジオラマを楽しむことができます。
関東方面からは宇都宮IC、土沢IC、今市ICを利用してアクセスすることが可能です。

 (58101)

今年は11月3日から3イルミネーションの点灯が始まります。
園内にあるジオラマだけでなく、台湾ランタンも点灯しますので、異国情緒を味わうことができます。
イルミネーション入園料は中学生以上は1,500円、4歳以上は1,000円となっています。
日中のチケットを持っている方は、追加料金を払うことなくイルミネーションを楽しめますので、明るい時間から遊ぶのもおすすめです。

園内には授乳室やお子さん用のトレイがあるキッズハウスや、気軽に遊べるキッズルームなどが備えられています。
またベビーカーを借りることもでき、コインロッカーもありますので、小さいお子さんを連れているママさんや荷物が多い方にはうれしいポイントです。

名称:イルミネーションin東武ワールドスクウェア

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1

アクセス:東武鉄道鬼怒川線「東武ワールドスクウェア駅」より徒歩1分

営業時間:◆2017年11月3日(金・祝)~2018年1月8日(月・祝)
  平日16:30~19:30
  土日祝日・年末年始16:30~20:30
◆ 2018年1月9日(火)~2018年2月12日(月・祝) 17:00~19:30
◆ 2018年2月13日(水)~2018年3月4日 (日) 17:30~19:30
◆2018年3月10(土)・11(日)・17(土)・18(日)・21(水・祝)・24(土)・25(日)・31日(土)、4月1日(日) 18:00~20:00

料金:・大人(中学生以上)1,500円
・小人(4歳以上)1,000円

開催時期:2017年11月3日(金)~2018年4月1日(日)

公式サイトURL:http://www.tobuws.co.jp/new/event/#Event103

水郷桜イルミネーション(霞ヶ浦総合公園)

茨城県土浦市にある霞ヶ浦総合公園では、ネイチャーセンターやすべり台、滝、オランダ型風車などを楽しむことができます。
周辺にはいくつか駐車場がありますので、関東方面からアクセスを考えている方にも便利です。

 (58104)

イルミネーションは11月18日から2月18日まで行われます。
今年のテーマは「光がつくる“Art”水郷桜イルミネーション」となっています。
電飾は約22万5,000球で、冬に咲くアイスチューリップの展示もありますので、光だけでなく花も楽しむことができます。
大きなオランダ型風車やトンネル型のイルミネーションにお子さんも楽しく過ごすことができるでしょう。

また、クレープやコーヒー、キッチンカーなどの出店もありますので、温かいものを味わいながらイルミネーションを楽しむのもおすすめです。

入場無料で、土浦駅西口よりキララちゃんバスが出ていますので、混雑を避けるために電車で会場近くまで行くのもよいでしょう。

名称:水郷桜イルミネーション

住所:茨城県土浦市大岩田1051(霞ヶ浦総合公園)

アクセス:JR常磐線「土浦駅」西口より「キララちゃんバス」乗車、オランダ型風車前下車

営業時間:17:00~21:00

料金:無料

開催時期:2017年11月18日(土)~2018年2月18日(日)

公式サイトURL:http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page006220.html

クリスマスマーケットin 横浜赤レンガ倉庫

神奈川県横浜市にある横浜赤レンガ倉庫は、桜木町駅や関内駅、みなとみらい駅などからアクセスすることができます。
大正初期に模範倉庫として建てられ、関東だけでなく日本の中でも有名なスポットとなっています。

 (58105)

横浜赤レンガ倉庫で毎年開かれているクリスマスマーケット。
今年は、本場ドイツのなかでも、光の美しさが特徴のケルンのクリスマスをイメージした雰囲気で開催されます。
高さ約12mの本物のモミの木のクリスマスツリーをはじめ、きらきらと輝く美しいイルミネーションが、おとぎ話の中にいるような空間を演出します。
会場内ではクリスマスにちなんだ食べ物や飲み物を堪能することができ、かわいいツリーの飾り物を見つけるショッピングも楽しめます。
今年はどんなクリスマスの装飾にしようか悩んでいる方も、お子さんと一緒に相談しながら、お気に入りの雑貨を見つけることができるかもしれません。
入場無料ですので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称:クリスマスマーケットin 横浜赤レンガ倉庫

住所:神奈川県横浜市中区新港1-1

アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分

営業時間:◆2017年11月25日(土)~12月15日(金) 11:00~22:00
  ライトアップ 16:00~22:00
  ※ツリーのみ24:00まで
◆2017年12月16日(土)~12月25日(月) 11:00~23:00
  ライトアップ 16:00~23:00

料金:無料(飲食代は別途)

開催時期:2017年11月25日(土)~12月25日(月)

公式サイトURL:https://www.yokohama-akarenga.jp/

西武園ゆうえんち

埼玉県所沢市にある西武園ゆうえんちは関越自動車道所沢市ICより、約30分でアクセスすることができます。
関東方面からもアクセスしやすい距離にあるのもポイントです。

お子さん向けの施設マップや赤ちゃん休憩所などもありますので、家族で楽しむにもぴったりのスポットです。

 (58108)

今年のイルミネーションは超特急とのコラボレーションとなっています。
超特急のライブ映像に合わせたイルミネーションを楽しむことができますので、実際にライブに足を運んでいるような気分になることができるでしょう。

また、ワールド・エキスポ・ナイトというエリアもあり、フランスやイタリア、トルコなど全部で7カ国の雰囲気を楽しむこともできます。
例えば日本はハローキティのいるメルヘンタウンと和のコラボレーションを楽しめます。
そしてイルミ女子部が考えた、女子のためのイルミスポットもありますので、ママ友で遊びに行くのもよいでしょう。
キッズ休憩スペースには絵本やおもちゃなどもありますので、歩き疲れてしまったというお子さんもリフレッシュすることができるでしょう。

名称:西武園ゆうえんち

住所:埼玉県所沢市山口2964

アクセス:西武新宿線・西武多摩湖線「西武遊園地駅」下車

営業時間:◆2017年10月28日(土)~2018年1月8日(月・祝) 毎日営業 16:00~21:00
◆2018年 1月12日(金)~3月11日(日) 金・土・休日のみ営業  
2月25日(日)まで16:00~20:00 3月2日(金)以降16:00~21:00
◆2018年 3月16 日(金)~4月8日(日) 毎日営業  16:00~21:00

料金:・大人(中学生以上) 平日1,000円
※土・休日・特定日(12月16日~1月8日(月)、3月16日(金)~4月8日(日)の平日) 1,200円
・子供(3才~小学生) 600円

開催時期:2017年10月28日(土)~2018年4月8日(日)

公式サイトURL:http://www.seibuen-yuuenchi.jp/illumi-ju/index.html

さがみ湖イルミリオン

神奈川県相模原市にあるさがみ湖リゾート プレジャーフォレストでは、関東でも特に規模の大きい600万球のイルミネーションを実施しています。
JR中央線の相模湖駅が最寄り駅で、最寄りのバス停はプレジャーフォレスト前となっています。

 (58109)

「さがみ湖イルミリオン」は11月3日から4月8日まで開催されています。
今年は体験型がテーマとなっており、21箇所のスポットで遊ぶことができます。
乗り物から景色を眺めたり、光のトンネル、光の巨大迷路などで遊んだりできますので、家族で楽しめるでしょう。
順路の最後に待っている「光の大宮殿」は、噴水イルミネーションや大きな宮殿、100万球の光のコラボレーションを見ることができます。
また、園内にはロンドンバスや光の花束など、さまざまな写真スポットがありますので、楽しい様子を撮影してSNSに載せてみるのもよいでしょう。
12月からは大きなイルミネーションツリーやスノーマンバルーンも登場しますので、クリスマス気分を味わうのにもぴったりです。

名称:さがみ湖イルミリオン

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634

アクセス:JR中央本線「相模湖駅」下車、三ヶ木行き約8分、「プレジャーフォレスト前」下車

営業時間:◆2017年11月3日(金・祝)~11月30日(木)の平日、2018年1月9日(火)~4月8日(日)の全日 16:00~21:00
◆2017年11月3日(金・祝)~11月30日(木)の土日祝、2017年12月1日(金)~2018年1月8日(月・祝)の全日 16:00~21:30

料金:■平日
大人:中学生以上(シニア含む) 800円
小人:(3歳〜小学6年生) 500円
ペット(犬): 500円
■土日祝と1月1日~1月3日
大人:中学生以上(シニア含む) 1,000円
小人:(3歳〜小学6年生) 700円
ペット(犬): 700円

開催時期:2017年11月3日(金)~2018年4月8日(日)

公式サイトURL:http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/

花やしき

東京都大東区にある花やしきは、浅草駅より歩いて3分ほどの場所にあります。
「勝手に県民の日」というキャンペーンを行っていますので、関東地方の方はぜひチェックしてから遊びに行きましょう。
ただしイルミネーション営業には適用外ですので、注意が必要です。

 (58112)

Photo by hisway306

「ルミヤシキ」は10月8日から4月1日まで実施しています。
光と音楽、噴水のコラボレーションを楽しめるショーや写真スポット、ステージイベンドなどもありますので、小さいお子さんがいる方にもおすすめです。
ショーは一日に6回、20分間行われますので、タイミングを合わせて眺めましょう。
園内は光に包まれていますので、いつもとは違った雰囲気のローラーコースターやメリーゴーランドなどを楽しむことができます。

この時期限定のチョコクランチやオリジナルポストカードなどが販売されていますので、お土産にもおすすめです。
ママ友やお子さんのお友達などに渡してみるのもよいでしょう。
また、花やしきBBQガーデンで、イルミネーションを眺めながら食事をするのもおすすめです。

名称:花やしき

住所:東京都台東区浅草2-28-1

アクセス:つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩3分

営業時間:18:30~21:00(最終入園20:30))

料金:・大人 2,000円
・小人(小学生)・シニア(65歳以上) 1,500円
・未就学児(2歳以上)・障がいをお持ちの方 1,000円

開催時期:2017年10月8日(日)~2018年4月1日(日)

公式サイトURL:https://www.hanayashiki-event.com/lumiyashiki/

龍宮城スパホテル三日月

千葉県木更津市にある龍宮城スパホテル三日月は、東京湾アクアラインを利用して都心から約35分で行くことができます。
近くのバスターミナルや木更津駅から送迎バスもありますので、小さいお子さんを連れている方もスムーズに移動できるでしょう。

 (58115)

オーシャンスパやガーデンプールでは、光と水、音楽のショーを楽しむことができます。
ほかのイルミネーションスポットでは、見て回るだけですが、こちらでは泳ぎながらでもイルミネーションを楽しめるので、お子さんも思い切り遊べるでしょう。
レーザーSHOWは館内着のままでも眺めることができますので、泳ぐのが苦手な方も楽しめます。
そして館内だけでなく建物周辺にもイルミネーションが施されていますので、散歩してみるのもよいでしょう。

日帰りもよいですが、家族で関東旅行として宿泊するのもおすすめです。
東京湾を一望できる本館、同じく東京湾を楽しめ客室に半露天風呂がついている新館と、好みに合わせて選びましょう。

名称:龍宮城スパホテル三日月

住所:千葉県木更津市北浜1

アクセス:JR内房線「木更津駅」より無料送迎バス約15分

営業時間:18:00~22:00

料金:宿泊 大人1名様 11,000円~(税別)
    日帰り 大人1名様 1,500円~(税別)
    ※吉祥門のイルミは無料で鑑賞できます

開催時期:〜 2017年12月31日(日)

公式サイトURL:http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/event/illumination/

那須ガーデンアウトレット

栃木県那須塩原市にある那須ガーデンアウトレットは、東北自動車道黒磯板室ICより2分ほどの場所にあります。
高速出口より近い場所にありますので、関東方面からの方もアクセスしやすいです。
那須塩原駅からはシャトルバスも出ていますので、公共交通機関で行くのもよいでしょう。

 (58117)

今年のイルミネーションは「Nasu Garden Concert of Stars」をテーマにしています。
約20万球のLEDで幻想的な光に包まれながら、買い物を楽しみましょう。
天の川のようなイルミネーションもポイントとなっています。
点灯式初日にはスペシャルゲストのライブも開催されていますので、家族みんなで冬の始まりを楽しむのもよいでしょう。

アウトレットモールですが、お子さんが退屈しないようにキッズドームやフルーツトレインなどもあります。
また、ペットを連れて施設内に入ることもでき、ペット入店OKや抱きかかえていれば入店OKのところもあります。
ドッグカフェやドッグランなどもありますので、愛犬と一緒に過ごすのもおすすめです。

名称:那須ガーデンアウトレット

住所:栃木県那須塩原市塩野崎184-7

アクセス:JR「那須塩原駅」より無料シャトルバス約8分

開催時期:2017年11月4日(土)~

公式サイトURL:http://www.nasu-gardenoutlet.com/s/special/2016illumination1105/

江の島サムエル・コッキング苑

神奈川県藤沢市にある江の島サムエル・コッキング装は、江ノ電や江ノ電バスなどでアクセスすることができます。
羽田空港からもアクセスしやすいですので、関東旅行にもぴったりです。
江の島一帯でイルミネーションを実施していますので、周辺を歩いてみるのもよいでしょう。

 (58118)

関東三大イルミネーションとも呼ばれている江の島のイルミネーションでは、島内のさまざまな場所で異なる光や雰囲気を楽しむことができます。
江の島サムエル・コッキング苑では、日本でも特に大きな規模の光の空間が広がっており、きらびやかな風景に驚くことでしょう。

12月中旬からはウィンターチューリップが開花しますので、イルミネーション以外にも楽しみがあるのもポイントです。
そのほかにもミラーボールと光のアートを楽しめる空間やステージイベンドなどもありますので、家族そろって出かけてみましょう。

近くの港では艦船ライトアップ、そして江ノ電駅イルミネーションなどもありますので、写真を撮るのも楽しいでしょう。

名称:江の島サムエル・コッキング苑

住所:神奈川県藤沢市江の島2-3

アクセス:小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」より徒歩20分

公式サイトURL:https://enoshima-seacandle.com/event/2016/shonannohouseki/

よみうりランド

東京都稲城市にあるよみうりランドは、新宿駅より約25分でアクセスすることができます。
京王よみうりランド駅からはゴンドラもありますので、お子さん連れの方におすすめです。
アトラクション気分でイルミネーションを眺めることもできます。

 (58119)

関東でも規模の大きい、約550万の球のイルミネーションを見ることができます。
そして世界で初めての宝石をテーマにしたLEDを使用しており、本物の宝石のような輝きのある光を楽しめるのがポイントです。
それにちなんで、ストロベリーやマンゴー、マスカットなどをイメージした「スイーツジュエリー」も登場し、ママさんやお子さんも一緒になって楽しむことができるでしょう。
写真を撮ってSNSに載せるのもよいかもしれません。

11月15日までは大人が同伴している小学生はナイト入園料がかかりませんので、お得となっています。

観覧車からはイルミネーションだけでなく、スカイツリーや東京タワーなども見ることができますので、夜景を楽しみたい方にもおすすめです。

名称:よみうりランド

住所:東京都稲城市矢野口4015-1

アクセス:「京王よみうりランド駅」よりゴンドラ「スカイシャトル」で5~10分

営業時間:16:00〜20:30
※2017年12月16日(土)〜12月25日(月)は21:00まで

料金:ナイト入園料
・18歳〜64歳 1,400円
・中高生 600円
・小学生 300円
・65歳以上 600円
※小学生未満入園無料

開催時期:2017年10月12日(木)〜2018年2月18日(日)

公式サイトURL:http://www.yomiuriland.com/jewellumination/

丸の内仲通り

東京都の丸の内仲通りでは、約1.2kmのイルミネーションを楽しむことができます。
開催期間は11月9日から2月18日までとなっており、大人な雰囲気の街並みを歩いてみるのもよいでしょう。
関東でもビジネス街として有名な丸の内では、環境に優しいイルミネーションを行っています。

 (58121)

さまざまなブランドショップが建ち並んでいますので、ママ友とのショッピングや旦那さんとのデートとして行くのもおすすめです。
また、丸の内エリアではクリスマスツリーの点灯式やイベントなどもありますので、大人の冬を楽しんでみましょう。
シャンパンゴールドの電球で上品なイルミネーションとなっています。

今年はこれまでのイルミネーションだけでなく、アール・ヌーボー調のデザインを施した光のゲートも登場しますので、思わず写真を撮ってしまう方も多くいるかもしれません。

点灯時間は17時30分から23時までとなっていますが、12月は17時から24時までとなっています。
お子さんを迎えに行った帰りや、仕事帰りなどに立ち寄ってイルミネーションを楽しむのもおすすめです。

名称:丸の内仲通り

住所:東京都千代田区

アクセス:JR東京駅下車

営業時間:17:30~23:00
※12月は17:00~24:00まで点灯

料金:無料

開催時期:2017年11月9日(木)~2018年2月18日(日)

公式サイトURL:http://www.marunouchi.com/event/detail/2919

星の王子さまミュージアム

神奈川県足柄下郡にある星の王子さまミュージアムは、作者の生誕100年を記念に造られたミュージアムです。
小田原駅よりバスで約40分、新宿駅からは小田急箱根高速バスで約2時間となっています。
ほかの関東周辺から日帰り旅行として行ってみるのもよいでしょう。

 (58122)

Photo by othree

11月3日から1月8日まで、「ロマンティック・スターリー・ナイト」を行っています。
館内にある庭園に全長7mほどのクリスマスツリーが現れ、プロジェクションマッピングとともに星の王子さまの世界観を楽しめます。
イルミネーションは15時30分から18時まで、プロジェクションマッピングは17時から18時までとなっていますので、時間を合わせて行くのもよいでしょう。

館内にある映像ホールや展示ホールでは星の王子さまについての紹介を見ることができます。
お子さんと一緒に星の王子さまを読んでから訪れるとより楽しめますので、事前に予習しておくのもおすすめです。

ベビーカーの利用もできますので、小さいお子さんを連れている方は利用してみるのもよいでしょう。

名称:星の王子さまミュージアム

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

アクセス:箱根登山鉄道「強羅駅」より施設めぐりバス約18分

営業時間:15:30〜18:00(イルミネーション)
17:00〜18:00(プロジェクションマッピング)

料金:無料(別途、入園料がかかります)

開催時期:2017年11月3日(金・祝)〜2018年1月8日(月・祝)

公式サイトURL:http://www.tbs.co.jp/l-prince/event/

お台場イルミネーション YAKEI

東京都港区にあるお台場は、電車やバス、水上バス、車などさまざまな方法でアクセスしやすいスポットです。
都内からはもちろん、羽田空港や成田空港からもアクセスしやすいですので、関東に来た際に立ち寄るのもよいでしょう。

 (58124)

お台場では「YAKEI」という約22万個の光を使用したイルミネーションを行っています。
約20mの高さがあるツリーや屋外にある360度プロジェクションマッピングになっているイルミネーションなどを楽しめます。
人の動きに合わせて映像を映したり色が変わったりしますので、お子さんもアトラクション感覚で楽しむことができるでしょう。

レインボーブリッジ、お台場に来た記念、都心の夜景を一つの写真に収めることができる撮影スポットもありますので、家族で写真を撮ってみましょう。

イルミネーションを行っている近辺には、夜景を眺めながら食事ができるレストランもありますので、お出かけをした最後に訪れるのもよいでしょう。

名称:お台場イルミネーション YAKEI

住所:東京都港区台場1-6-1

アクセス:ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」より徒歩2分

営業時間:日没~24:00

料金:無料

開催時期:通年

公式サイトURL:https://www.odaiba-decks.com/news/event/yakei.html

関東には家族で行きたくなるようなイルミネーションスポットがたくさんあります。
近いスポットはもちろんですが、休みの日に家族そろって遠出をしてイルミネーションを楽しむのもよいでしょう。
また、イルミネーションだけでなく、食事や買い物、体験などができる施設やイベントなどもありますので、小さい子どもも楽しく過ごすことができるはずです。
いつもとは違った雰囲気のスポットに行ったり、この季節にしか楽しめないことをしたりして、特別な思い出を作りましょう。

関東のイルミネーションスポット25選!家族で楽しめる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ちコラム

お役立ちコラムカテゴリ

RANKINGお役立ちコラムランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集