カピバラやキリンにおやつをあげよう!『サユリワールド』が楽しい

1,389view
カピバラやキリンにおやつをあげよう!『サユリワールド』が楽しい

1月の日曜日に千葉県市原市にある『サユリワールド』におでかけしました。 おでかけは私と5歳の息子の2人。 『サユリワールド』では自然体の動物にふれあえるということだったので、動物大好きな息子が 喜んでくれるだろうと思い、おでかけすることにしました。 えさやり体験もできるということですが、果たして5歳の息子はチャレンジできるのでしょうか?

  • 使ったお金: 2,400円
    (入園料: 大人1,200円,子ども700円、動物のおやつ代: 500円)
  • 遊んだ時間:11:30~13:30 計2時間
  • 子供の年齢:5歳(おとこのこ)

2016年1月更新

小湊鉄道から送迎バスを利用して『サユリワールド』に到着!

『サユリワールド』に到着!

『サユリワールド』に到着!

『サユリワールド』へは、帰りの渋滞を考慮して車ではなく電車でおでかけしました。

東京方面からは内房線五井駅から小湊鉄道に乗り換えて、約40分くらいの高滝駅で下車します。

小湊鉄道はSuicaが使用できないので券売機か社内で切符を購入します。

往復切符を買うと割引されますよ! また、高滝駅まで行く電車は1日に15本ほどの運行しかありませんので、注意しましょう!

電車でおでかけの方は時間調整を事前にしておいてくださいね!

横浜や東京駅からは高速バスが走っており、車で来た場合は駐車場代が1日1,000円かかります。

市原は遠い感覚ではありますが、アクセスは準備しておけば便利ですよ!

また、高滝駅、高速バスの市原鶴舞バスターミナルから送迎バスが使えます。

電話1本で迎えにきてもらえるので活用してみてください。

初めての人は飼育員さんから丁寧な説明を受けられます♪

初めての人は飼育員さんから丁寧な説明を受けられます♪

初めての人は飼育員さんから丁寧な説明を受けられます♪

『サユリワールド』では小動物のウサギたちが放し飼いされています。

一部、小屋のような建物のなかで過ごしている動物たちもいます。

おでかけした当日は小雨で足もとがあまり万全ではなかったので、汚れがひどかったです。

着替えやウェットティッシュなどは準備しておくと役に立つかもしれません。

案の定、息子は早速入り口で滑って膝をついたので、ズボンに泥がついてしまいました。

我が家はポンチョを着させましたが、えさやりを考えると、手を出しやすいレインコートの方が良さそうですね!

我々は初めての『サユリワールド』だったので、飼育員のお姉さんに簡単な説明と道案内をしてもらいました。

まずは、ワオキツネザル! 小屋の中にいますが、えさをあげると肩に乗ってきてくれます。

息子はちょっと怖がって、えさをあげるだけで次の場所へと向かっていきました(笑)。

お目当て♪キリンさんにおやつをどうぞ!

お目当て♪キリンさんにおやつをどうぞ!

お目当て♪キリンさんにおやつをどうぞ!

『サユリワールド』のメインの動物であるキリン。

1月の時点では3頭いました。その中でも1頭は生まれて7ヶ月くらいの子どもでした。

子どものキリンにはえさをあげてはいけないと言うことで、お母さんキリンにおやつをあげました。

身長110センチくらいの息子がキリンにえさをあげていると、まるで恐竜にえさをあげているようなサイズ感覚!

息子が一生懸命手を伸ばすと、キリンもおやつ目当てに一生懸命首を伸ばしていました。

ここで注意することは、動物たちが放し飼いだと言うことです。

キリンにおやつをあげている様子を見た山羊やカピバラたちが、一斉に集まってきました。どうやら、おやつの入ったバケツがわかるようです。

小さな子どもはびっくりしてしまうと思うので注意が必要なことと、私が履いていたズボンのすねあたりをカピバラがもぐもぐし始めたり、山羊がジャンプしてきたりと、一気に人気者に! 大人も注意です!

カピバラさんがおやつちょうだい! と後ろを行進♪

カピバラさんがおやつちょうだい! と後ろを行進♪

カピバラさんがおやつちょうだい! と後ろを行進♪

施設内を散策していると後ろからカピバラが「もっとおやつちょうだい」と言っているかのように後ろを行進してきてくれました。

動物園だとカピバラはいつもじっとしていて動かない動物というイメージだったのでびっくりしました。

そしてそれを見た仲間のカピバラもさらに行進してきます!

息子もついてきてくれることがうれしかったらしく、おやつをまたまた振る舞いました。

ちなみに、おやつは受付のみでの販売ですが、途中いつでも受付に戻ることができます。

ただ、1つのバケツに人参スティックが5から6本、バナナが2つと数が少なめですので、私は人参は半分に折って数を倍にしました。

えさをあげる回数が増えるので、お得感があります。

アソビバママが見た『サユリワールド』のポイントはココ!

『サユリワールド』のポイントはココ!

『サユリワールド』のポイントはココ!

『サユリワールド』では、何度もお伝えしているとおり、動物が放し飼いになっています。

いつもは動物園の檻の中にいるようなカンガルーやラマもびっくりするくらい普通に歩いています。

そしてそのカンガルーたちが、ゆっくりと私たちのところに寄ってきて手からえさをもらうことに驚きでした。

動物たちにとってはいつもの日常なのでしょうか我々にとってはここは非日常の世界。
息子もこれまでの動物園とは違った感覚を覚えたのではないかと思っています。

また『サユリワールド』は市原ぞうの国から車で1分程度の場所にあるので、遠くからおでかけの際は一緒に回るといいと思います。

『サユリワールド』から市原ぞうの国の間は送迎もしてくれるので、駐車場代も余分にかかりませんから、安心ですよ!

文/佐藤 彩

カピバラやキリンにおやつをあげよう!『サユリワールド』が楽しい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集