『としまえん』のプールで水のアトラクションを満喫しよう!

25view
『としまえん』のプールで水のアトラクションを満喫しよう!

「としまえん」のプールには大人も子供も夢中になれる楽しいアトラクションが満載!水遊び用のおむつを使えば赤ちゃんもプール遊びが楽しめる、家族みんなに嬉しいプールです。今回は「としまえん」のプールについて、チケット・営業時間などの基本情報、気をつけておきたいことをまとめてご紹介します!

赤ちゃんもOK!家族みんなで楽しめる

夏といえばプール!
広々とした敷地にいくつもの種類のプールがあり、「水の絶叫マシン」ハイドロポリスのそびえるプールはとしまえんの代名詞です。
なんと1929年のオープンです。

プールはとしまえんの園内にあり、敷地の南側一帯にあたります。
電車でアクセスする場合には正門から左手に進みますが、車でアクセスする場合には駐車場に近い西ゲート入園口が最寄りとなります。
西ゲートは臨時のゲートですが、プール期間中は開門しています。

嬉しいのは、水遊び用のおむつをつければ0歳の赤ちゃんもプールに入れる点です。
ただし水遊び用おむつの上から、忘れず水着を着用してください。

おむつのとれたちびっ子たちが遊べるアスレチック式のプールも充実しています!

 (53727)

営業時間・料金は?

プールの開業期間はいつ?

プールは例年7月初め~8月末まで開かれます。
年によって前後するので、詳しい日程は夏が近づいたら公式サイトでチェックしてみてください。
http://www.toshimaen.co.jp/pool/

ちなみに2017年は7月1日 (土) ~9月3日 (日) まででした。
場合によっては、エリア限定で延長されることもあるようです。
合わせてご確認ください。

プールの営業時間は?

プールの営業時間は例年9:00~17:00までです。
日によっては10:00にオープンすることもあります。

2017年には30年ぶりに「ナイトプール」が開かれ、「波のプール」エリアのみ21:00まで夜間営業が実施されました。
この時には18:00以降の入場でお得な「ナイトプールチケット」も販売されています。

夕涼みに出かけてプールで水遊び、なんて素敵ですね。
2018年以降の営業があるかどうかは、改めて公式サイトでチェックしてみてください。

 (53678)

遊園地1日券とのセットがお得!プール料金

「としまえん」ではプールのみの料金はなく、遊園地の入園料とのセット料金のみです。
そのためプールだけに行くことを考えると入場料は少し高めです。

ただ、プール+入園料に乗り物1日券を追加してもさほど値段はかわりません。
フリーパスでアトラクションを楽しんで、プールでも遊べる!と考えると、かなりお得になります。

「としまえん」では水着で遊園地エリアとの行き来ができ、またプールに再入場することができます。
ぜひ、両方をめいっぱい楽しんでください。

【プール+入園料金】

大人(中学生以上) 4,000円
子供A(身長110cm以上) 3,000円
子供B(身長110cm未満) 2,000円

【プール+入園+乗り物1日券】

大人(中学生以上) 4,500円
子供A(身長110cm以上) 3,500円
子供B(身長110cm未満) 2,700円

【ナイトプールチケット(入園+プール入場)】

大人(中学生以上) 1,500円
子供(3才~小学生) 1,000円

※ナイトプール開催期間中18:00以降の販売

この他、有料席や各種レンタルを利用する場合には別途料金がかかります。
また「ふわふわウォーターランド」のように別料金が必要なエリアもありますので、お気をつけください。

入場料のみで遊べるプール・アトラクション

「としまえん」のプールには、広い敷地に大人向けから子供向けまでさまざまなプールがあります。

その多くはプール入場料のみで遊ぶことができるのですが、有料のアトラクションエリアもあります。
まずは入場料のみで遊べるエリアから、ご紹介していきます。

波のプール

貝殻をパカッと開いたような形のプールです。
左右両翼にゆったりと波が打ち寄せ、まるで海に来たようです。

波打ち際ならほとんど水深がないので、小さいお子さんも安心して遊べますね。

※長さ160m・幅60m・深さ0~1.6m

流れるプール

「ふわふわウォーターランド」の周りをぐるりと一周します。
ぷかぷか浮かんでいるだけで、一周350mの水の旅ができます。

流れはゆったりしていますが、1.2mと意外と深いプールです。
ちびっ子は浮き輪につかまるなどして、パパ・ママと一緒に楽しみましょう。

※長さ350m・幅8m・深さ1.2m・流速1m/秒

 (53717)

ナイアガラプール

プール奥に滝が設えられています。
と言っても必ずしもワイルドな雰囲気ではなく、ファミリーで水遊びするのに人気のプールです。

※長さ50m・幅40m・深さ0.8~1.1m

からくり水工場

ナイアガラプールの中にある、子供たちのための遊び場所です。

小さなすべり台やスライダー、水が吹き出す仕掛けなどさまざまな「からくり」があり、好奇心をかきたてられます。

 (53697)

こどものプール

細長く、さらさらと流れるプールです。
子供のひざ程度の水深なので、安心して水遊びできますね。

小さい子供が多く、赤ちゃんの水遊びにもおすすめです。

※長さ120m・幅5m・深さ25~50cm

有料のアトラクションエリア

別途料金が必要になるスライダーやアトラクションエリアにはハードなものが多く、大きなお子さんやパパ・ママ向けです。

ふわふわウォーターランド

大小の浮島や子供向けウォータースライダーのあるアトラクションエリアです。
プール入場料とは別に1,000円の利用料金がかかり、受付でリストバンドを買い求めることになります。
他のプールエリアとの出入りは自由です。

広さや水深はアトラクションごとに異なりますが、場所によっては水深1.9mと大人でも足がつかないので、「ふわふわウォーターランド」内では必ずライフジャケットを着用しなければなりません。
また身長110cm以下のキッズは付き添い(有料)が必要です。

エリア内にはターザンロープやスライダーのついた浮島、水上を走るパドルボートなどの遊び場所が満載です。
かわいい名前とは裏腹に、大人にも遊びごたえのあるがっつりしたアスレチックプールです。

各アトラクションについて、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.toshimaen.co.jp/pool/fuwafuwa.html

 (53691)

ハイドロポリス

さまざまなスライダーが複雑に絡み合い、さながら要塞のような「ハイドロポリス」。
「水の絶叫マシン」とも言われ、110cm以上という身長制限があります。

遠景で見ても、その威容がわかりますね…!

 (53712)

ハイドロポリスは大きく3つのタワーに分かれています。
「BODYRIDE MOUNTAIN Aタワー」はボディで滑り降りるタイプのスライダーです。
パイプ型・半筒形・トンネル付きの4種類のスライダーを楽しめます。

「INNERTUBE HILL Bタワー」は専用のインナーチューブを使って滑ります。
チューブ利用には別途1人1日600円の料金がかかります。
受付でリストチケットを購入してください。

ダブルタイプのチューブを使って、2人一緒に滑ることもできます。
乗り物に乗って滑るスリルは格別です。

「THRILL SLIDE TOWER Cタワー」はもっともデッキが高く、上級者向けです。
高さ22mから一気に滑り下りたり、パイプがきりもみ状になっていたりと、ひと味違うスライダーが待っています。

水着が摩擦することもあるという、全身で味わうスペクタクル。
安全には万全の注意を払って攻略してください。

各スライダーについての詳細はこちらをご参照ください。
http://www.toshimaen.co.jp/pool/hydropolis.html

 (53694)

ノーティックジェット

専用のプールで楽しむウォーターシュートです。
身長は120cm以上、体重は90kg未満までという利用制限があります。

別途料金がかかり、1回300円で利用できる水のアトラクションです。

1人乗りのライドが後ろ向きに引き上げられていき、高さ8mから一気にレールを降下!
勢いよくビュン!ととびあがって着水します。
レールはかなりの急角度なので、とてもスリリングです。

有料席

1人用からファミリー向けのセットまで、快適な日除けとデッキチェアのある「有料席」チケットが販売されています。
プールサイドに座るのはなかなか熱く、混み合うので、一休みする場所を確保しておけると便利ですね。

場所は「波のプール」と「ハイドロポリス」付近です。
1名分のシングルシート(平日1,500円・土日祝日2,000円)や6名分のファミリーシート(平日4,500円・土日祝日6,000円)まで、タイプはさまざまです。
リゾート気分でゆっくりくつろいでみませんか?

「波のプール」有料席は事前予約することもできます。
「ハイドロポリス」有料席は当日受け付けのみとなります。

料金など詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.toshimaen.co.jp/pool/reservation.html

 (53719)

浮き輪はレンタルできる?

「としまえん」のプールには浮き輪を持ち込むことができ、売店でも販売しています。
また、数量限定ではありますがレンタルすることもできます。

浮き輪は取っ手付きのもので、シングルタイプとダブルタイプがあります。
レンタル料はそれぞれ1日につき、シングル800円・ダブル1,000円です。

買いに行くヒマがない!というときや、うっかり忘れてしまった!という時にも安心ですね。
ただ、レンタルできる浮き輪は大人用のもののみなので、子供用の小さい浮き輪は持ち込むか購入しなければなりません。

 (53722)

他に折りたたみ式のデッキチェアや、クーラーボックスもレンタルできます。
料金はそれぞれ1日1,000円です。

ちなみにお弁当やお菓子はプールサイドの売店で買うことができますが、持ち込みもOKです。
プールサイドで食べることができます。
お弁当を持参してクーラーボックスに入れておくのもひとつの手ですね。

お会計はキャッシュレスタグで

プールに入場した後も、売店でお買い物をしたり、有料ゾーンで遊んだり…と、何かとお会計が必要になる場面が出てきます。

「としまえん」のプールでは、「キャッシュレスタグ」のシステムをとっています。
腕につけたまま泳げるリストウォッチ形のタグでお会計できるので、お財布を持ち歩かずに済みます。

タグはプリペイド式で、事前に1,500円・3,000円・5,000円・10,000円分から選んで購入します。
金額には預かり金500円が含まれますが、これは精算時に返却されます。
使いきらなかった分も同様に返却されるので、余裕のある金額で購入しても安心です。

 (53720)

タグはプールだけでなく、遊園地エリアでの飲食店やおみやげ店でも使えます。
また、精算期限は当日ではなく購入年の12月31日までとなっています。
年内にもう一度「としまえん」に来るという人は、引き続き使うこともできるんです。

続けてタグを使いたいという方は忘れないように、きちんと保管しておきましょう。
キャッシュレスタグについて、詳しくはこちらを参照してください。
http://www.toshimaen.co.jp/pool/cash.html

シャワーやロッカーの設備は?

コインロッカーは大きさによって400円~600円のものがあります。

料金を入れると1日開け閉め自由なので、好きなときに荷物の出し入れをすることができます。
帰る時には利用終了のボタンを押してください。
この時、料金に含まれていた100円の預り金が返却されます。

また、「としまえん」は遊園地のプールの中でもシャワーが快適との評判があります。
温水シャワーがあるほか、持ち込んだ石鹸・シャンプーを使うことができます。

混雑を避けて遊ぶには?

東京を代表するプールのひとつと言われるのは伊達でなく、「としまえん」のプールには約2ヶ月間で例年20~30万人が来場します。

特に夏休みに入り、夏真っ盛りでもある7月末~お盆期間の週末・祝日はものすごい混雑になります。
プールサイドの場所とりはもちろん、プール内もぎゅっと埋もれそうなほどの人出です。

比較的空きやすいのは7月前半および8月末の平日です。

また、時間帯としては大きく2回のピークが見込まれます。
1度目はお昼前の11時頃から13~15時までで、もっとも日が高く、水浴びがしたくなる時間帯です。
ランチタイムであることから売店も混み合います。
この時間帯をすぎると、遊園地エリアに移動して遊ぶ人も多くなるようです。

2度目は更衣室が混雑するプールタイムの終了前です。
「としまえん」の更衣室は広いのですが、行列ができることもあるので1時間前の16時頃には撤収の段取りをしておくと無難だといえるでしょう。

がっつり泳いだり、ウォータースライダーで遊ぶのでなければ、午前中早めの時間帯か15時~16時頃にスマートに水遊びを楽しむのもいいかもしれません。
合間に遊園地で遊ぶのもいいですね。

 (53724)

また2017年にはナイトプール営業があった他、「ふわふわウォーターランド」エリア限定で9月半ばまでの延長営業もされていました。

泳ぐのでなく水遊びや夕涼みがメインになるナイトプールや、オフシーズンとなる9月には混雑もやわらぎます。
お盆を過ぎたあとにもこれらのチャンスにのんびり遊べることがあるので、引き続きチェックしてみてください!

いかがでしたか?
「としまえん」のプールはバラエティ豊かで、1日では足りないほどです。
遊園地エリアとも合わせて、休日をめいっぱい遊びきってください!

「としまえん」遊園地について、詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

『としまえん』は遊園地デビューにもぴったり!夏はプールも大人気! - アソビバ

『としまえん』は遊園地デビューにもぴったり!夏はプールも大人気! - アソビバ

「としまえん」はアトラクションだけでなく動物や昆虫とのふれあいも楽しめ、夏にはプールでも遊べる盛りだくさんの遊園地。大ボリュームの「としまえん」を、親子でたっぷり遊んできました!

『としまえん』のプールで水のアトラクションを満喫しよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集