食事もリラクゼーションも大満足!『極楽湯千葉稲毛店』へ♪

257view
食事もリラクゼーションも大満足!『極楽湯千葉稲毛店』へ♪

週末の休日に、千葉県稲毛区(穴川IC近く)にある『極楽湯千葉稲毛店』におでかけしました。 おでかけメンバーは、私、4歳(長男)の2人。 なぜ極楽湯千葉稲毛店に来たかというと、温泉が大好きな息子と、残暑の疲れを癒すためです! 果たして、4歳の子どもと安心して遊べる施設となっているのでしょうか。

  • 使ったお金:3,000円
  • 遊んだ時間:14:30~19:00 約4時間30分
  • 子供の年齢:4歳(おとこのこ)

2016年9月更新

16号線の渋滞もなく『極楽湯千葉稲毛店』に無事到着

極楽湯千葉稲毛店 子ども

極楽湯千葉稲毛店 子ども

マイカーでおでかけしたのですが、頻繁に渋滞が見込まれる16号線の渋滞もなく、スムーズに施設まで到着。

施設があるのは「稲毛オーツーパーク」という郊外型の大型商業施設の中です。商業施設には、ゲームセンター、回転寿司、カラオケ店、電気屋、飲食店などがならんでいます。

買い物やエンターテイメントをたっぷりと楽しめるようになっているので、まさに一日遊ぶことができるでしょう。

駐車場はたいへん広く、スペースが多く確保されています。そのため、少し離れた場所でも、必ず車を停められるところが見つけられるので安心です。

『極楽湯千葉稲毛店』に到着!早くお風呂に入りたい!

地元にあるお年寄りの憩いの場

地元にあるお年寄りの憩いの場

極楽湯稲毛店に入るなり、「早くお風呂に行きたい」という長男をなだめて、チケットの購入をします。

レジ前には、野菜、パン、フルーツなどの生もの、化粧品なども発売されていたのでお買い物も楽しめます。
休日の昼過ぎということもあり、多くのお客さんで賑わい、お買い物をしていて、レジ前は混み合っていました。

会員と一般のお客さんとで値段が違う施設となっていて、平日の大人は一般800円、会員700円です。
極楽湯会員カードのを持っていると、入場チケットが安くなるだけでなく、中での飲食も割安になります。何度も利用をしたいのであれば、早いうちに会員になるとお得なのでおすすめです。

また、チーパスやオンラインクーポンが発券できることがあるので、一般も会員も事前にチェックしておくといいですよ。

広々とした外庭で竹馬遊び、食事もできる温泉施設

 (7288)

"広々としているお風呂上がりの休憩スペースは、湯上がりの体をいやすのにぴったりの場所です。

そんな休憩スペースの中でも、私と長男が気に入ったのが外庭です。外庭へ通じる入り口は、多くの人が利用をしていた食堂の横に入り口があります。

外庭には昔懐かしい竹馬が用意されています。子ども用、大人用で、大小いくつかの外履き用のクロックスがおいてあるので、土の上も汚れることなく、気軽に外にでることができます。

竹馬は、長男は初めて、母親の私も久々の体験でしたが、親子で気軽に挑戦することができ、とても楽しかったです。

庭でも食事ができるテーブルとご座、椅子が用意されているので、子どもが遊んでいる様子を見ながら外でゆっくりと休むことができます。"

湯上がりはおいしいお食事をほおばる!アイスのサービス付き

 (7291)

『極楽湯千葉稲毛店』では、お風呂上りに食べたくなるお食事が充実しています。
息子が選んだのは「お子様ランチ」と「ジェラート」です。

お子様ランチには、子どもが大好きなから揚げ、ポテト、ゼリー、ジュースがついてきました。ガチャガチャのコインが一つもらえるのも、子ども心をくすぐりますね。


おでかけの日は土曜日の日替わりサービスで「ジェラート購入でミニジェラートが無料」特典をもらえました。さっぱりとしたイチゴ、濃厚なおまけの抹茶は、両方ともとてもおいしかったです。

ゆったりと温泉に入り、たくさん食べて大満足できたおでかけです。たくさん遊んで、食べて、親子ともども想像以上に楽しむことができました。

アソビバママが見た『極楽湯千葉稲毛店』のポイントはココ!

 (7294)

『極楽湯千葉稲毛店』は温泉だけが楽しみではありません。湯上がりには、さまざまなリラックス方法で、ゆったりと心と体を休ませられるのが人気の秘密です。

女性に人気なのが各種マッサージ、男性や子どもは小さなゲームセンターで遊んでいる姿が見られました。

また、季節に合わせたイベントや、期間限定の催し物も多く行われているようです。

おでかけの日は、敬老の日が近かったということで、「おじいちゃん・おばあちゃん」の絵を描くイベントがありました。絵が苦手な長男ですが、この日は温泉で仲良くなった子と一緒に、お絵かきに挑戦をしました。

足を延ばしながら食べられる、御座の席は子ども連れに大好評。おいしいお食事を楽しむのはもちろん、ゆっくりと会話を楽しむのもおすすめです。

うたた寝スペースもあったので、ちょっと休憩をしたい場合や子どもが寝てしまった場合にも、一緒にくつろいでから帰ることができます。

文/ちーやんまま

食事もリラクゼーションも大満足!『極楽湯千葉稲毛店』へ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集