池袋サンシャインの『ナンジャタウン』を200%徹底的に遊び倒そう!

17,714view
池袋サンシャインの『ナンジャタウン』を200%徹底的に遊び倒そう!

池袋サンシャインタウン内にある「ナンジャタウン」は、アニメ好き、アーケードゲーム好きに人気の屋内型テーマパークです。

中高生にも人気がありますし、デートスポットでもあります。夜はナンジャタウン内のナンジャ餃子スタジアムでビール片手に餃子を楽しむおじさんたちもいます。

入場料だけ払ってナンジャタウン内の雰囲気を楽しんだり、フードパークで食べたりするのは小さな子どもにもできますが、アトラクションは身長制限が多く、また遊び方が複雑なので思いっきり楽しむのであれば、小学三年生ぐらいからの年齢をおすすめします。

今回は友人とその4歳の娘さんとナンジャタウンを楽しんできましたのでその魅力・楽しみ方を徹底レポートいたします!

ナンジャタウンとは?

 (68225)

ナンジャタウンは、アーケードゲームなどで知られるナムコが運営する屋内型テーマパークです。

すべて屋内のため、雨など天候を気にする必要がありません。

池袋のサンシャインシティのワールドインポートマートビルの2階にあります。

アーケードゲームをさらに凝った仕掛けにしたようなアトラクションと、フードテーマパーク、3つある街それぞれの雰囲気が魅力です。

アニメとタイアップした期間限定アトラクションもよく行われています。

1996年にオープンした当時の正式名称は「ナムコ・ナンジャタウン」でした。

2階だけでなく、内部で3階や1階につながっていて、施設面積3は約12,000平方メートルという、「日本最大級のビルイン型テーマパーク」でした。当時は6つの街がありました。

2013年に大幅にリニューアルして、2階だけになり、施設面積は約5870平方メートルと大幅に縮小しました。

正式名称も「ナンジャタウン」に変わっています。

リニューアル後も人気は衰えず、利用者数は210万人を超える人気テーマパークです。
現在のナンジャタウンには、3つの街があります。

①フードパークもある昭和30年代の街並み「福袋七丁目商店街」

 (68226)

入り口から入ると、右手側に昭和30年代の懐かしい街並みの「福袋七丁目商店街」が拡がっています。

昭和チックなアトラクションのほか、「ナンジャ餃子スタジアム」や「福袋デザート横丁」などのフードパークがあります。

②西洋風の街並み「ドッキンガム広場」

 (68227)

入り口左手には、明るい西洋風の街並みの「ドッキンガム広場」。ナンジャタウン全体の中央にあり、比較的小さな一角です。

明るい雰囲気のアトラクションが用意されています。ドッキンガム広場内に仕掛けられたポイントを巡るアトラクションもいくつかあります。

歩いていて「このボックスは何?」などと思うことがたびたびありますが、アトラクションをやってみると、そのボックスなどがそのアトラクション用の仕掛けだったことがわかります。

③おどろおどろしい一角「もののけ番外地」

 (68228)

ドッキンガム広場を超えて進むと、おどろおどろしい雰囲気の「もののけ番外地」があります。

小さな子どもはこの一角に足を踏み入れただけで、「なんか怖い」とビビるかもしれません。

雰囲気を活かしたお化け系のアトラクションがあり、もののけ番外地の随所に置かれたポイントを巡るアトラクションがあります。

ナンジャタウンのアクセス方法

 (68229)

ナンジャタウンは池袋・サンシャインシティのワールドインポートマートビル2階にあります。

電車で行く場合、最寄り駅は有楽町線・東池袋駅(駅から徒歩3分)か、池袋駅(徒歩8分)の2つになりますが、東池袋駅のほうが駅から直結しているため雨の日でも安心して向かうことができます。

またサンシャインシティの地下B2、B3には1800台も駐車できる駐車場があるので車での利用もおすすめです。

★ナンジャタウンへの電車・車を利用した行き方をもっと詳しく…

池袋の『ナンジャタウン』への絶対迷わない行き方・アクセス情報 - アソビバ

池袋の『ナンジャタウン』への絶対迷わない行き方・アクセス情報 - アソビバ

株式会社ナムコが運営する完全屋内型のテーマパーク『ナンジャタウン』。最寄り駅からの徒歩ルート、駐車場情報などをご紹介いたします!

入園チケット、各種パスポートについて

 (68230)

12歳以上が大人扱いで、4歳未満は無料、4歳以上11歳以下が子ども料金です。
入園だけの「ナンジャエントリー」と、ナンジャタウン入園券に加えてパスポート対象アトラクション遊び放題付きのパスポートがあります。

通常の1日有効な「ナンジャパスポート」の他に、午後5時以降入園可能な「ナイトパスポート」、1年間有効な「年間パスポート」があります。

年間パスポートには、優先入園などの特典はついていません。

パスポートは園内でアトラクションを利用するときに必要なので、なくさないように注意しましょう。

大きめのパス入れなどを持っていき、パス入れに入れて首から下げておくのがおすすめです。
アトラクションの8割がたはパスポート対象アトラクションです。

パスポート対象外のアトラクションの料金は現金で支払います。

 (68231)

ナンジャタウンは入園当日、何度でも再入園可能です。

ナンジャタウンから一度出たくなった場合は、出口近くにある「再入園受付」のところで、特殊な光を当てたときだけ見えるインクのスタンプを手に押しましょう。

再入園の際は入り口で申し出て、スタンプを押した手を見せれば、入園できます。

ナンジャエントリー(入場料)

パスポート対象アトラクションを利用する場合は、園内のナンジャコイン発行機で購入できる「ナンジャコイン」が必要です。

・大人(12歳以上) 500円
・子ども(4歳~11歳) 300円

ナンジャパスポート

ナンジャタウン入園券+対象アトラクションが遊び放題になるチケットです。

・大人(12歳以上) 3,500円
・子ども(4歳~11歳) 2,800円

対象アトラクションの料金は基本的に600円または800円です。
ですからエントリー料金と合わせると、4~5回以上遊ぶならナンジャエントリーよりお得になります。

※期間限定アトラクションの中には、違う価格のものやパスポートのみのものもあります。
例えば2018年3月21日~5月6日までの限定アトラクション「パックマンバッテリーカー」は200円、2018年1月15日~5月6日までの「パック イン タウン」はパスポートでのみ遊べるアトラクションです。

ナイトパスポート

午後5時以降入場の場合のナンジャタウン入園券+対象アトラクション遊び放題のチケットです。

パスポート対象アトラクションを3回以上遊べば、ナンジャエントリーよりお得です。

・大人(12歳以上) 1,800円
・子ども(4歳~11歳) 1,500円

2017年のリニューアルでこれまでのアフター3パスポートは廃止されたようです。

年間パスポート

一年中ナンジャタウンのアトラクションが遊び放題になる年間パスポートです。

チケット購入のために並ぶ必要はありませんが、特に優先入園などの特典はありません。

・大人(12歳以上) 23,000円
・子ども(4歳~11歳) 15,000円

ナンジャエントリーでアトラクション利用するときはナンジャコイン

 (68232)

入場券である「ナンジャエントリー」だけで入場した場合は、園内の「ナンジャコイン発行機」でナンジャコインを購入して、アトラクションの利用料をコインで支払います。

ナンジャコイン1枚200円で、20ナンジャの価値があります。パスポートで利用できるアトラクションの利用は60ナンジャ(600円)から100ナンジャ(1,000円)です。

一番多いのは80ナンジャのアトラクションです。

ナンジャエントリーとパスポートどっちを買うべき?

通常のパスポートは高いアトラクションなら4回、安いアトラクションでも5回、5時以降入場の際のナイトパスポートは3回アトラクションを利用すると元が取れます。

ただし、アトラクションは事前説明も長く、1つのアトラクションに10分から40分くらいかかります。
ナンジャタウンで過ごす時間から、中で食事もする場合はその時間を差し引いて、いくつのアトラクションを遊べるか計算して、パスポートを買うか、「ナンジャエントリー」だけにするか考えましょう。

お目当てのアトラクションがある場合は、そのアトラクションの価格を確認しておきましょう。

高価なアトラクションの場合には、少しの回数しか遊ばなくても、パスポートの方が得になりますから。

 (68233)

またアトラクションによっては、身長100cm以上、または110cm以上、また120cm以上、身長130cm以上という身長制限があります。小さな子どもの場合、利用できません。

小学生未満、あるいは4歳未満は16歳以上の付添を必要とするアトラクションもあります。付添は無料のアトラクションと、付添も有料のアトラクションがあります。

子ども連れの場合は、アトラクションがどれだけ利用できるか、身長や年齢によって考える必要もあります。
身長や年齢によるアトラクションの料金と利用制限に関してはナンジャタウン公式サイトで確認してください。

何回も遊びに行くなら利用記録を残すナンジャリンクカード

 (68234)

ナンジャタウンのアトラクションの中には、プレイ結果を記録として残したり、次回、その続きから遊んだりできるアトラクションがあります。

その記録を残すために必要なのが、無料で登録できるクラブ・ナンジャへの登録と、有料のICカード、ナンジャリンクカードです。

ナンジャリンクカード対象のアトラクションは「爆裂!蚊取り大作戦」と「ナジャヴの爆釣りスピリッツ」と「もののけハンターズ」と「幸せの青い鳥」の4つです。

この4つのアトラクションを何度もリピートするなら「ナンジャリンクカード」は欠かせません。
ナンジャリンクカードは園内の機械で販売されています。500円です。

 (68235)

「クラブ・ナンジャ」はナンジャリンクナンバーとバンダイナムコIDを使って登録できる無料のWebサービスです。

以前はこの「クラブ・ナンジャ」に登録し、マイページを表示するとパスポートが割引価格で購入できたのですが、2018年3月現在、この割引はなくなってしまいました。

もっともナンジャタウンからのメッセージが届いたり、獲得スコアに応じた園内特典が受けられるといったサービスは続いています。
プレイの記録もパソコンやスマートフォンから見ることができます。

何度も遊びに来たいキッズは、「クラブ・ナンジャ」に登録すると、もっとナンジャタウンが楽しめそうです。

お得なクーポン&割引情報!

ナンジャタウンには残念ながら、jafなどの会員サービスによる割引はありません。
しかしオフィシャルカードでの決済や前売り券を利用することで、パスポートをお得に購入することができます。

オフィシャルカード「ナジャヴ倶楽部カード」で決済した場合の割引料金

「ナジャヴ倶楽部カード」はナンジャタウンのオフィシャルカードです。
オリコカードと連携しており、入会・年会費は無料です。

この「ナジャヴ倶楽部カード」で決済した場合、パスポートが割引価格で購入できます。

ナンジャパスポート

大人(12歳以上) 3,300円
子ども(4歳~11歳) 2,600円

ナイトパスポート

大人(12歳以上) 1,700円
子ども(4歳~11歳) 1,400円

なお、以前は下記のような割引がありましたが、2018年3月現在ではなくなっています。

・ナムコの公式モバイルサイト「ナムコアミューズメントナビ」登録割引
・Webサービス「クラブ・ナンジャ」メンバー割引(マイページを表示すると割引)
・JTB、ホットペッパーのお得なクーポン

パスポートを前売り券で購入した場合の割引料金

ナンジャタウンではナンジャパスポートのみ、お得な前売り価格で購入することができます。

大人(12歳以上) 3,300円
子ども(4歳~11歳) 2,600円

前売り券はスマートフォンからのみ購入することができます。
購入後に日時を変更する場合は、1枚あたり200円の手数料がかかります。

営業時間・混雑状況

営業時間

ナンジャタウンの営業時間は朝の10時から夜の10時までです。最終入場時間は夜9時までです。
年中無休です。

混雑状況

夏休みやゴールデンウイーク、土日、祝日は混みます。とは言っても、ナンジャタウンへの入園が規制されるほど混むことはまずありません。

問題はアトラクションです。

期間限定の人気アニメとコラボしたアトラクションなど、アトラクションの人気度合によって、混み具合は異なります。

特に人気のアトラクションは、年間パスポートを持っている人が先に入園して、人気アトラクションに行列を作るため、開園一番でチケット販売窓口に並んで入園しても、数時間待ちになることがあります。

目当てのアトラクションが特になく、えり好みしなければ、混む休日でも、アトラクションを楽しめます。

お目当ての人気アトラクションや、お目当ての賞品などがある場合には、すいている平日午前中がおすすめです。

 (68236)

ただアトラクションや販売スイーツによっては土日・祝日のみのものもあります。

平日の午前中はすいていますが、アトラクションを楽しもうとするなら、空きすぎているのも問題です。

アトラクションの中には、アトラクション参加者同士でデータを交換するといった遊び方が含まれるものもあります。自分以外の参加者がいないと、それを楽しめません。

また、プレイヤー同士で競うアトラクションも、一人では競いようがありません。

プレイヤー全員で協力して敵を倒すアトラクションも、一人や二人では敵が倒せず、「ミッション失敗」になってしまいます。

一般的なアトラクションを楽しむなら、平日の午後3時ころから遊ぶのがおすすめです。
あえてナイトパスポートで午後5時以降に入場するのもいいかもしれません。

163 件
池袋サンシャインの『ナンジャタウン』を200%徹底的に遊び倒そう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集