別世界にトリップ♪クラゲやチンアナゴが美しい『すみだ水族館』へ

117view
別世界にトリップ♪クラゲやチンアナゴが美しい『すみだ水族館』へ

11月の週末、東京の墨田区東京スカイツリーのふもとにある『すみだ水族館』におでかけ。あの東京スカイツリーのふもとにある水族館で、大人には都会のオアシスといえる癒やし、子どもにはさまざまな角度から海の生き物を楽しめるスポット。スカイツリーは長蛇の列、下の商店街もかなりに賑わっていますが、そんな都会の喧騒の中、別世界に行ったような感覚になれる『すみだ水族館』。雨の日でもすべて屋内なので、楽しめるところがまたママにとってはうれしいポイント。

  • 使ったお金:3,650円
    入場料 大人2,050円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
  • 遊んだ時間:計3時間
  • 子供の年齢:7歳(おとこのこ)、4歳(おとこのこ)

2016年12月更新

一歩足を踏み入れるとそこは別世界。都会の中のオアシス『すみだ水族館』

都会の中のオアシス『すみだ水族館』

都会の中のオアシス『すみだ水族館』

『東京スカイツリー』は日本人にも外国人にも人気のスポット。

そこに付随する施設として有名な『すみだ水族館』。
できたばかりの新しさと洗練された創りで、まさに都会のオアシス。

残念ながら入場券の割引はオリックスの株主優待券くらいしかないそうですが、なんと、年間パスポートが2回分の料金という破格の安さで、近くに住んでいる人や、水族館が好きな方にはとてもお得です。

我が家はとりあえず1回分の普通の料金で入場。

新しい施設らしく、QRコードを読み取っての入場となりました。

結局、子どもも大変気に入ったので、年間パスポートを買ってもよかったかなと後悔。

お得なので年間パスポート購入をおすすめします。

幻想的なクラゲがお出迎え。蜷川実花さんとコラボ中。

幻想的なクラゲがお出迎え

幻想的なクラゲがお出迎え

2016年11月8日から、写真家の蜷川実花さんとクラゲがコラボしているというので、とても楽しみにしていきました。

クラゲの水槽のバックに蜷川さんが作られた映像が流れているというものでした。

ただでさえ、不思議な動きで幻想的なクラゲたち。

さまざまな種類のクラゲが展示され、子どもたちはもちろん、私も「これは小さくてかわいいね」とか、「これは色がついているね」と童心にかえって一緒に楽しめました。

本当に多くの種類のクラゲを見ることができて、こんなにもたくさんの種類のクラゲがいるのかと驚きました。

そして、一番のおすすめは、ラボ。

クラゲの生まれたて1~2日目からだんだんと成長する様子が実際のクラゲをみて学ぶことができます。

ラボらしく白衣を着たお姉さんがいて、ちょっとした疑問にはすぐに答えてくれました。

夏休みの自由研究にはもってこい! おすすめです。

開放的な空間でペンギンとオットセイに遭遇

開放的な空間でペンギンとオットセイに遭遇

開放的な空間でペンギンとオットセイに遭遇

ペンギンとオットセイに開放的な空間で出会えるというのが魅力。

あんなに泳いでいるペンギンたちを初めてみました。

陸上では結構固まっているイメージですが、水の中ではすごい速さで泳いでいたり、カモのように頭を出してゆっくり泳いでいたり。

中にはジャンプしながら泳いでいるペンギンもいて、子どもたちも大興奮。

そして、運よくオットセイの餌付けの時間に遭遇。

なんと、オットセイが外に出て一緒にお散歩できる時間があるのです。

普通に私たちが歩くところをオットセイも歩いて一周します。

オットセイは尾ひれを上手に使ってペタペタ歩いていました。

「痛くないのかなぁ」なんて心配している子どももいました。

オットセイが泳いでいる姿が下から見えるところもあり、写真を連写していました。

『すみだ水族館』に来たら絶対に見たいチンアナゴ

チンアナゴ

チンアナゴ

『すみだ水族館』といえば、チンアナゴ。

実は、知人がチンアナゴが好きすぎて『すみだ水族館』で結婚式をあげました。

特別に交渉して叶ったそうなのですが、もちろん挙式は11月11日のチンアナゴの日。

7階のサンゴ礁のカテゴリーのところで見ることができます。

そんな個人的な想いもあり、絶対に見たかったチンアナゴ。

何種類かいたのですが、砂の中から伸びている姿は、何とも言えない不思議な光景。

子どもたちも初めて見る姿にはしゃいでいました。

私も実物は初めて見たので、食い入るように見てしまいました。
不思議な姿がかわいくて、癒やされました。

シンプルな水槽でよく見ることができるので、おすすめです。

帰りのお土産ショップでもチンアナゴグッズがいっぱい売っていたので、やっぱり有名なのでしょうか。

絶対におさえておきたいポイントです。

アソビバママが見た『すみだ水族館』のポイントはココ!

すみだ水族館

すみだ水族館

6階と7階という限られたスペース、しかも、屋内のみという状況にもかかわらず、展示もおしゃれで新しい発見がいっぱいできる『すみだ水族館』。

ほかにも2階分にわたる「東京大水槽」があったり、生まれたばかりのウミガメを小笠原から保護して育てているところがあったり、江戸リウムでは金魚の展示があったりと盛りだくさんでかなり楽しめます。

子どもだけではなく大人も楽しめる、まさに都会のオアシス。休憩スペースもたくさんあり、トイレも授乳室完備と、小さい子連れでも安心して楽しめる環境です。

本当に生き物を大切に思っていて、その良さを伝えようとしているのが伝わってくるすてきな水族館です。

もちろん、スカイツリーや東京スカイツリータウンも楽しめて、「押上駅」から直結なので、天気が悪くても安心。

一日いても全然飽きないスポットです。

文/ひとみん

別世界にトリップ♪クラゲやチンアナゴが美しい『すみだ水族館』へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集