可愛い仔牛や羊などに触れ合える牧場を満喫!『こどもの国』

146view
可愛い仔牛や羊などに触れ合える牧場を満喫!『こどもの国』

土曜日の午後に、神奈川県の横浜市にある『こどもの国』におでかけしました。おでかけメンバーは、私、5歳の長女、3歳の長男の3人です。『こどもの国』は自宅から車で10分以内と近いのですが、とても広いのでいつも同じ正面入り口付近の遊具広場で終わってしまいます。今まで牧場でゆっくりと遊んだことがなかったので、たまにはゆっくりと遊んでみようと思います。

  • 使ったお金:2,950円
    (入園料:大人600円、子ども100円/1人×2=200円、
    羊エサ代:100円、昼食代:1,150円、駐車料金:900円)
  • 遊んだ時間:12:00~16:00 計4時間
  • 子供の年齢:5歳(おんなのこ)、3歳(おとこのこ)

2016年12月更新

牧場口駐車場に停めて『こどもの国』へは自転車&三輪車で向かいました

『こどもの国』へは自転車&三輪車で向かいました

『こどもの国』へは自転車&三輪車で向かいました

午後12時頃、牧場口駐車場へ到着。

「今回は絶対牧場に行きたい!」と思っていたので、最初から牧場口駐車場を目指して行きました。

後から知ったことですが、正面駐車場が満車にならないとここは開けないそうです。

空いていれば、牧場のすぐ近くなので大変便利です。
牧場駐車場は大変余裕がありました。

駐車料金は1日900円で、前払い制です。

『こどもの国』の中は大変広く移動が大変なので、今回は娘の自転車の練習も兼ねて、娘は補助輪付きの自転車、息子は3輪車に乗って入場しました。

入場口にはたくさんの落ち葉やドングリが落ちていて、子どもたちは嬉しそうに拾いながら中へ入ります。

とても広い牧場では、伸び伸びと自由気ままに好きな遊びを楽しむ子どもたち♪

とても広い牧場!

とても広い牧場!

ちょうどランチの時間だったので、牧場すぐそばにある売店でサンドイッチや焼きそばなどを購入しました。

敷物をひき、お外でランチをしました。

娘は、敷物をひいてお外で食べるご飯は遠足気分でとても楽しいそうです。

いつもより二人共よく食べていました。

ちなみに牧場そばには、うどんやそばなどの軽食が食べられる「ポニー喫茶も」あるので、外はちょっとという方も安心です。

食べ終わると、持ってきたシャボン玉で大はしゃぎの二人。

周りを見渡すと、バトミントンをやったり、風船を膨らませて飛ばしたりと皆さんいろいろな外遊びを楽しんでいました。

次に牧場内にある「モーモードーム」でポンポンジャンプをして遊びました。

ここは小学生用と幼児用と2種類に分かれているので、3歳以上の子どもであれば参加できます。

産まれたての仔牛をみて、「かわいい!」と感動する子どもたち

産まれたての仔牛

産まれたての仔牛

「モーモードーム」でたくさん身体を使って少し疲れてきたので、そろそろ牧場の動物たちを見学しようということになり、まずは大きな牛さんがいる小屋へ向かいました。

「モ~!」と大きな声で泣く牛さんにびっくりの子どもたち。

そして小屋から出てくると、娘が産まれたての仔牛を見つけて、「かわいい!」と大絶賛。

しばらく二人でその可愛さに見入っていました。そして、今度は羊がたくさんいる場所へ。

仔牛にはエサはあげられませんが、羊にはあげることができます。

早速、専用のエサを購入して、子どもたちは嬉しそうにエサをあげていました。

今回は参加していませんが、牛の乳搾り体験やバター作り体験や、ポニー牧場ではポニーに乗ることもできます。

「キュービックランド」では不思議な迷路の遊具でたくさん身体を使って遊びました

キュービックランド

キュービックランド

動物たちにたくさん触れ合ったあと、美味しい搾りたての牛乳で作ったソフトクリームを食べて大満足の子どもたち。

そして腹ごしらえした後はまた元気になるので、「もっと遊びたーい!」となり、牧場から少し歩いた先にある「キュービックランド」に行きました。

「キュービックランド」はピンクや白、緑や青などカラフルで、縦にも横にも上にも下にも迷路になっていて、その先には滑り台があり、公園ではあまり見かけないようなとても面白い遊具です。

子どもたちは、大はしゃぎで遊んでいました。

少し飽きてくるとその近くにもまた別のアスレチックのような遊具もあるので、疲れきるまで遊びました。

帰りはちょっと辛そうでしたが、頑張って三輪車と自転車を漕いで駐車場まで帰ってきました。

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ!

『こどもの国』のポイント

『こどもの国』のポイント

今回牧場を中心に遊びましたが、半日だけでは足りないくらい子どもたちは楽しかったようです。

園内は大変広いので、あらかじめどのような目的でどんな遊びをするのか決めていき、エリアを絞って遊ぶ方が満足度が高いと感じました。

同じエリア内だけでも結構歩きますので、2~3歳くらいのよく歩く子どもでも、最終的には疲れてしまって歩けなかったりするので、ベビーカーなどを持っていくと良いかもしれません。

レンタルベビーカーもあるようです。

今回の我が家のように、自転車や三輪車などでも良いですが、自転車については補助輪がない物やペダルがない物などは入れないなど、いくつか制約がありますのでご注意下さい。

また、園内を広くまわりたい方は1時間に1~2本と本数少な目ですが、「赤ぽっぽ号」という機関車が循環していますので、そちらを利用するのもおすすめです。

文/もんちゃん6

下記の記事では、こどもの国の魅力をたっぷりと紹介しています。合わせてごらんください♪

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

横浜市青葉区にあるこどもの国は都心から近く、家族で気軽にリーズナブルに遊べる人気のスポット。牧場をはじめ、たくさんの遊具や乗物、バーベキュー、夏場はプール、冬場はアイススケートと小さな子どもから小学生まで遊べるスポットです。今回はこどもの国を子供と一緒に遊び倒した攻略情報をご紹介します!

可愛い仔牛や羊などに触れ合える牧場を満喫!『こどもの国』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集