『J-WORLD TOKYO』でジャンプの世界にどっぷりと浸かる!

470view
『J-WORLD TOKYO』でジャンプの世界にどっぷりと浸かる!

11月中旬の平日、3歳の娘と一緒に池袋の「サンシャインシティ」にある『J-WORLD TOKYO』におでかけしました。『J-WORLD TOKYO』は「少年ジャンプ」の世界観を表現した屋内型のテーマパークです。パパと長男の影響か、娘は意外と「ドラゴンボール」や「ナルト」などのアニメが好きです。今日は娘と一緒に「ジャンプ」の世界にどっぷり浸かりたいと思います!

【最大750円OFF】『サンシャイン水族館』&『サンシャイン60展望台』の割引チケット

【最大750円OFF】『サンシャイン水族館』&『サンシャイン60展望台』の割引チケット

サンシャイン水族館に行くなら少しでもお得に。『サンシャイン水族館』の割引チケットはこちら

  • 使ったお金:2,000円
  • 遊んだ時間:12:00~14:00 計2時間
  • 子供の年齢:3歳(おんなのこ)

2016年11月更新

池袋駅から歩くこと10分!『J-WORLD TOKYO』に到着です!

池袋駅から歩くこと10分!『J-WORLD TOKYO...

池袋駅から歩くこと10分!『J-WORLD TOKYO』に到着です!

都内の運転に自信のない私は、電車で向かいました。

「池袋駅」に到着後、35番出口から「サンシャインシティ」に向かいます。

駅から徒歩10分ほどの距離ですが、池袋の人混みで小さい子どもを連れての移動は疲れるので、時間も気持ちも余裕を持っておでかけするのが良いです。

平日ということもあり、『J-WORLD TOKYO』は比較的空いていました。

「サンシャインシティ」には1800台収容可能な巨大な駐車場があります。

首都高速道路5号線「東池袋出入口」に直結しており、池袋の近隣施設を利用する際にも利用できます。

駐車料金は、入庫から4時間までは30分毎に300円です。

また、『J-WORLD TOKYO』利用による駐車場料金の割引はありませんので、ご注意下さい。

つかもうぜ!ドラゴンボール!まずはドラゴンボールエリアに向かいます!

まずはドラゴンボールエリアに向かいます!

まずはドラゴンボールエリアに向かいます!

入場後、まずはドラゴンボールエリアに向かいます。

娘が興味を持ったのは、「ベジータ」が地球侵攻の時に乗っていた小型宇宙船です!

アトラクションだと思っていたのですが、これは写真スポットでした。

他にも「サイヤ人」のコスプレ写真が撮れるスポットもあり、「ドラゴンボール」好きは楽しめるエリアでした。

ドラゴンボールエリアには「はなとうぜ!かめはめ波!」、「つかもうぜ!ドラゴンボール!」の2つの有料のアトラクションがあります。

どちらも料金が800円ですが、「はなとうぜ!かめはめ波!」は対象年齢が4歳以上で、参加するには整理券が必要です。

かめはめ波を打ちたがっていた娘には、4歳の誕生日が過ぎてから来場することを約束しました。

原稿展示コーナーで「ジャンプ」の歴史に浸ります!イベントも要チェック!

原稿展示コーナーで「ジャンプ」の歴史に浸ります!

原稿展示コーナーで「ジャンプ」の歴史に浸ります!

続いて向かったのは、「J-BASE」という展示コーナーです。

ジャンプで連載された漫画の原稿やイラストが展示されています。

アニメを見るのも楽しいのですが、漫画家さんが書いた原稿を見るのも感慨深くなります。

娘も自分の知っている漫画原稿に反応したりと、興味を持っているようでした。

『J-WORLD TOKYO』ではイベントも頻繁に行っています。

今回一番目立っていたのは、「ナルト」のアトラクション「激闘!忍界大戦絵巻!」を「第七班」のメンバー達と協力して体験する「忍戦ツアー」でした。

「ナルト」が好きな娘でしたが、「第七班」のキャラクターに扮したスタッフを見ると、一目散に逃げ出してしまいました。

もう少し大きくなるとイベントも楽しめそうなのですが、残念です。

次回は挑戦したいと思います。

「J-WORLD KITCHEN」はキャラクターモチーフのメニューが盛りだくさん

キャラクターモチーフのメニューが盛りだくさん

キャラクターモチーフのメニューが盛りだくさん

たくさん歩いて疲れた様子の娘。

休憩タイムはフードコート「J-WORLD KITCHEN」へ行きました。

こちらはジャンプのキャラクターをモチーフにした楽しいフードを販売しています。

娘は「青の祓魔師」のキャラカップアイス、360円を選びました。

ストロベリー味のアイスカップは、「メフィスト」という犬がモチーフになっています。

可愛らしいデザインに、娘のテンションも上がります!

飲食店は「J-WORLD KITCHEN」以外にも、「ONE PIECE」の「サンジ」がプロデュースした「カフェ マドモアゼル」があります。

こちらも「ONE PIECE」のキャラクターをモチーフにしたメニューが盛りだくさんです。

内装も凝っていて「ONE PIECE」の世界観がよく出ているので、こちらもお勧めです。

アソビバママが見た『J-WORLD TOKYO』のポイントはココ!

『J-WORLD TOKYO』のポイントはココ!

『J-WORLD TOKYO』のポイントはココ!

『J-WORLD TOKYO』の入園料は大人800円、4歳以上中学生以下の子どもは600円です。

入園料とアトラクション乗り放題のパスポートは、大人2,600円、子ども2,400円です。

3歳までの入園料は無料ですが、アトラクションを利用するには別途料金が必要になります。

インターネットで事前購入できる前売り券だと、入園券もパスポートも100円安くなります。

アトラクションにたくさん乗る方はパスポートを購入した方がお得だと思いますが、私は入園券だけを購入しました。

娘が乗る気分でなかったり、年齢制限のあるアトラクションもあったので、入園券で様子を見ながらというのが合っていました。

アトラクションの料金は400円から800円です。

『J-WORLD TOKYO』は屋内施設なので天候にも左右されず、入園するだけでも充分楽しめる施設でした。

文/ ドリー

『J-WORLD TOKYO』でジャンプの世界にどっぷりと浸かる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集