新しい『東伏見公園』は全長49mのローラー滑り台が人気♪

1,969view
新しい『東伏見公園』は全長49mのローラー滑り台が人気♪

10月頭の天気の良い週末に、東京都西東京市にある『東伏見公園』へパパ、私、6歳長男、3歳長女の4人でおでかけしてきました。 西武新宿線に乗っていると、東伏見駅と西武柳沢駅の間に突如丘の上に長ーい滑り台が見えてきて、最初に発見した長男が「ここ行きたい!」と騒ぎはじめたことをきっかけに調べると、『東伏見公園』のものだと分かりました。 「ここだ!」となってからしばらく間が空いてしまい、待ちに待ったこの滑り台の滑り心地はどんなものでしょうか?

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

  • 使ったお金:2,000円
  • 遊んだ時間:14:00~16:00 計2時間
  • 子供の年齢:6歳(おとこのこ)・3歳(おんなのこ)

2016年10月更新

駅前でおやつを調達してから、『東伏見公園』へ向かいます。

東伏見公園

東伏見公園

西武新宿線の西武柳沢駅と東伏見駅からそれぞれ歩いて10分ほどで、『東伏見公園』が見えてきます。

我が家は、東伏見駅から線路沿いをまっすぐ歩いて行きました。駅前と途中の道で2箇所鳥居をくぐりますので、駅から少し歩きますがこれが目印になります。

車の場合は、駐車場が無いので近隣のパーキングに停めることになります。

自転車での来園が多いのか、広めの駐輪スペースがあるようでした。

これからも整備が進むという作りかけの公園ですが、ずっと工事中ということはなく、中央の広場に遊具が3つほどあり芝生の広場がひたすら広がっていて、見晴らしのいい比較的きれいな公園です。

まずは一番のお目当て、ローラー滑り台からスタート。

ローラー滑り台

ローラー滑り台

公園の中心になだらかな丘があり、そのテッペンから全長49mという長いローラー滑り台が設置されています。

公園に到着して早々に、坂道を2人でダンボールを片手に猛ダッシュ。

週末の午後は少しだけ混んでいて、滑り台の階段で3〜5分ほど順番待ちが必要でした。

滑り台の下でカメラを持って待ち構えていると、しばらくして、ニッコニコ顏の2人が「キャー!」と叫びながら滑り降りてきます。

なかなかのスピードで、写真を撮るのも一苦労でしたが、ちょっと刺激的で楽しそうです。

少しお尻が痛くなったり摩擦で熱くなったりするようなので、ダンボールや簡易的な柔らかいプラスチックのソリを持ってきて滑っている子が大半でした。

体重の重い大人の方が痛そうなので、親子で一緒に滑る場合は、用意をしていった方が安心です。

縄登りのできる木製遊具、網のアスレチックもあります。

アスレチック

アスレチック

ひとしきり滑ったあとは、次の遊具へ。

縄を使って登る木の板(?)のような遊具があり、少し大きめの子どもたちが群がっていました。

角度もなかなか急で登るのに力が必要なので、長男は靴を脱いで頑張っていました。

テッペンに登ると、反対の降りる側には雲梯のような鉄棒が縦に何本か並んでいるだけ。なかなかのスリルです。

珍しく「こわいこわい」と言いながら、なんとか降り立つことができました。

小さな子もチャレンジしていましたが、上から降りられずに泣いて、お父さんに抱っこされて降ろされている子もいましたので、気をつけたほうが良さそうです。

そして、その隣にあるのが網のアスレチック。

こちらは小さい子でも安心して遊べる作りなので、長女も一緒になって渡って遊んでいました。

だいぶ汗をかいたので、あずま屋でおやつタイムです。

あずまや

あずまや

10月にしてはとても日差しの強い日でしたので、汗だくになった2人はあずま屋でしばし休憩を取ります。

新しい公園なだけに植えられている木は若木が多く、あまり木陰がありません。

そのため園内に2箇所あるあずま屋は貴重な休憩ポイントです。
そこでゆっくりジュースとおやつを食べました。

線路沿いに作られたあずま屋は少し高さがありますが、長いスロープ付きでベビーカーのまま上がることができます。

そして、こちらからはすぐ近くで西武鉄道の線路が見下ろせますので、電車好きの子にはたまらないポイントだと思います。

その後、再び何度かローラー滑り台を堪能したあと、帰路につきました。大汗をかいていっぱい走り回ることができました。

アソビバママが見た『東伏見公園』のポイントはココ!

トイレ

トイレ

広い園内には、今のところトイレは1つしかありません。

だいぶ端のほうまで歩かないと行けませんので、トイレのタイミングには少し注意が必要です。

でも新しいだけあって、トイレ自体はとても綺麗で立派でした。おむつ替えスペースもあります。
ランチやおやつをとる場合は、園内に売店等はないので、持ち込みになります。

芝生にレジャーシートを敷くか、いくつか置いてあるベンチに座ると良さそうです。日差しが気になる場合は、あずま屋か、園内の比較的大きな木を探して、その木陰を利用するといいようです。

園内ではバトミントンや柔らかいフリスビーを楽しむ人はいましたが、基本的にボール遊びや、テントを張ることは禁止されているようなので、注意が必要です。

文/あかりんご

新しい『東伏見公園』は全長49mのローラー滑り台が人気♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集