『市原ぞうの国』でぞうの背中に乗れる!ショー・イベントをご紹介

234view
『市原ぞうの国』でぞうの背中に乗れる!ショー・イベントをご紹介

『市原ぞうの国』では、一度にたくさんのぞうさん達の生き生きした姿を見ることができます。今回は、人気のショーやイベントをご紹介します。ぞうさんが踊ったり、お絵描きをしたり、背中に乗せてくれたりと内容は盛りだくさん。ぞうさんたちの魅力に目が離せません!

大人気のぞうさんショー

市原ぞうの国には本場タイから来たぞう使いさん達が多数在籍し、日々ぞうとのコミュニケーションをはかり、訓練を積んでいます。

次から次へと繰り出されるぞうさんの技に、観客席も大盛り上がり!
必見のショーです。

ぞうさんショーは、入場口を入って左手すぐの広場で行われます。

 (52570)

こちらが観客席です。

 (52572)

ぞうさんショーの開始時間になると、丘の上にある「ぞうさんの家」から「ぞうさんショー広場」をつなぐ「ぞうさんの通り道」を通り、ショーに出演するぞうさん達がやってきます。

初めて間近で見るぞうさんは想像よりはるかに大きくて驚きました。
大迫力のぞうさんたちと精悍なぞう使いの皆さんの様子に、会場の期待も高まります。

カメラを構えていると、鼻を上げるパフォーマンスをしてくれましたよ!

 (52582)

この日は全部で7頭のぞうさんが出演してショーが始まりました。

まずはぞうさん達が「Welcome」という看板を持って、私たちを歓迎してくれます。

その後、ぞうさんの長い鼻で持ち上げてもらう「ぞうさんリフト」や、ぞうさんが鼻で帽子を被せてくれるコーナーがあり、観客席から参加者を募ってくれます。

ご希望の方は、是非「はーい!」と大きく手をあげてくださいね。

 (52584)

続いてぞうさんが長い鼻で、フラフープを回してみせてくれます。
一つ回しはお手のもの!

 (52586)

最後は10歳のぞうさんが、なんと10本を軽々回してしまいます。
ぞうさんの表情も、まるで笑っているようでとても可愛らしいですね。

 (52588)

ぞうさんが音楽に合わせて踊るダンスタイムもあります!

 (52597)

楽しそうに体と鼻をくねらせるぞうさんと、いつも冷静な表情でぞうさんと客席に気を配るぞう使いさんのコントラストも必見です。

 (52590)

ぞう使いさんはしばしば、写真のような先が鋭利な道具でぞうさんを叩くように見えます。

「ぞうさん痛くないのかな」と心配に思ったのですが、ショー中のアナウンスによると、これはぞうさんのツボを刺激してコミュニケーションをとるための道具なのだそうです。

 (52592)

と、突然お尻を向けたぞうさん達。
何をしているのかというと…

 (52594)

なんと鼻を使い、桜と菜の花の絵を描いていたのでした!
この絵はショーの終了後、購入することもできますよ。

 (52598)

バスケットボールも披露してくれました。

一見簡単そうに見えますが、ぞうさんは力が強いので、勢いをつけすぎて跳ね返ってくることが多く、とても難しいようでした。

 (52600)

こちらはサッカーボールをしているところです。

ショーの間、長い鼻を器用に使っていたぞうさんですが、サッカーの時だけは足を使っていました。

大きなぞうさん、やはり足の力も強く、しばしば大きく蹴りすぎてぞう使いさんが慌ててボールを追い掛けるような一面もありました。

 (52602)

大いに盛り上がったぞうさんショー。
最後には、こどものぞうさんたちが「また来てね」という看板を持って歩いてくれます。

 (52605)

このショーを見れば、大きくて勇敢で、そして利口で可愛いぞうさんたちのファンになること間違いなしです。

ショーの後のお楽しみイベント

ぞうさんショーが終わった後にも、同じ広場でいくつかのイベントが行われます。
ぞうさんにおやつをあげたり、背中に乗ったり、一緒に写真を撮ることができますよ!

ショーよりもっと身近に触れ合えることで、よりぞうさんの生態が理解できそうです。
ぜひイベントに参加してみてください。

ぞうさんのおやつタイム

まずはぞうさんにおやつをあげるおやつタイム。
1バケツ500円で購入できるバナナとにんじんのおやつセットを持っている方なら、どなたでも参加できます。

バナナやにんじんを差し出すと、長い鼻を器用に使って吸い込んでくれます。
体験した方は「力が強くて驚いた」とおっしゃっていました。

 (52608)

こんなに間近でぞうさんを見られる機会はあまりないので、じっくり観察。

本当に優しい目をしていますね。

 (52610)

ぞうさんのお買い物タイム

「くださいな」ぞうさんにおつかいを頼んで、グッズを購入できるイベントです。
お代を渡すと、ぞうさんが鼻で受け取り、品物の入った袋を持ってきてくれます。

そのかわいさについ…お願いしたくなってしまいますね。

1回2,000円

ぞうさんライド

ぞうさんの背中にのせた鞍に乗って、広場をめぐることができます!
定員は最大3名までですが、ぞうさんに負担をかけないよう、年齢や体重による制限があります。

例えば未就学児のお子さんはパパ・ママと一緒に3人で乗ることができます。
5~9歳のお子さんはパパ・ママどちらかとの2人乗りになります。
詳しくはこちらでご確認ください。
http://www.zounokuni.com/attraction/zoo-ride/

ライドのチケットは、ぞうさんショー広場の奥にある「パオパオ」にて販売しています。
予約なしの当日販売のみで、混雑している時には売り切れることもあります。

ぜひ乗りたい!という方は、当日早めの購入をおすすめします。

広場1周1回:2,500円

 (66116)

ぞうさんリフト

力強いぞうさんのお鼻にぶら下がってみよう!というコーナーです。

グループのうち1人がぶら下がって、みんなで一緒に記念撮影。
6名まで一緒に写ることができます。
写真はポストカード状にして渡してもらえます。

お子さんに限らず、パパ・ママがぶら下がっても大丈夫です!
チケットは「パオパオ」でお買い求めください。

1回:2,000円

 (66120)

子ゾウのりり香・結希と記念撮影

たくさんのぞうさん達の中でも、りり香と結希はまだ子ゾウです。
とっても仲良しの2頭はどちらも市原ぞうの国で生まれて、2015年にようやく乳離れしました。

そんな2頭と一緒に、記念撮影ができるイベントです。

5歳~小学生までのお子さん限定で、りり香や結希の背中に乗っての撮影や、2頭と一緒に並んでの撮影ができます!
愛らしい2頭にはさまれて、思わず笑顔になっちゃいますね。

記念撮影は「ぞうさんリフト」が終わった後に開催されます。
あっという間に大きくなっていくお子さんのアルバムの1枚にぜひ、いかがでしょうか?

なお、記念写真付きのイベントでは、有料で写真データを購入することができます。
個人的に撮影することはできないので、お気をつけください。

「りり香に乗って記念撮影」「結希に乗って記念撮影」
ともに1回:2,500円

「りり香&結希フォト」(並んでの撮影)
1回:3,000円

ゆめ花をママに!プロジェクト進行中

市原ぞうの国で初めて生まれたアジアゾウ、ゆめ花。
そんなゆめ花をママに!というプロジェクトが進められています。

実は日本で生まれたゾウが妊娠・出産に成功した例はまだないそうです。
初めての日本生まれのママになるべく、ゆめ花は2018年2月現在、雄ゾウのいる沖縄の動物園に出張しています。

その様子がfacebookで配信されているので、楽しみに見守っていてください。

また、ゆめ花はお絵かきが上手なことでも有名なゾウです。
人間が描いたんじゃないの?と思わせられる出来栄えで、とってもあったかい気持ちにしてくれる作品を描きます。

 (66122)

ゆめ花の描いた作品はLINEスタンプになり、その売り上げはゆめ花をママに!プロジェクトの支援金にもなっています。

ゆめ花スタンプはこちらのサイトでご覧ください。
https://store.line.me/stickershop/product/1349156
https://store.line.me/stickershop/product/1356992

いかがでしたか?
動物園でおなじみの人気者、ぞうさんですが、直接さわったり乗ったりできる体験はなかなかありません。きっと、忘れられない思い出ができることでしょう。

ぞうの国について、もっと詳しく知りたい!と思われた方はこちらからご覧ください。

『市原ぞうの国』はショーやライドが大人気!徹底攻略レポート! - アソビバ

『市原ぞうの国』はショーやライドが大人気!徹底攻略レポート! - アソビバ

間近で見ると、その迫力とやさしさにびっくり!ぞうさんたちと触れ合える『市原ぞうの国』を親子で楽しんできました!

『市原ぞうの国』でぞうの背中に乗れる!ショー・イベントをご紹介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集