『MOFFアニマルワールド』はアルパカがいる屋内型動物園

1,351view
『MOFFアニマルワールド』はアルパカがいる屋内型動物園

雨が続いた三連休、家にこもりがちだったので、千葉県印西市にあるビッグホップという商業施設のなかの『MOFFアニマルワールド』におでかけしました。 メンバーは私、祖母、長男(6歳)、次男(4歳)、三男(1歳)の5人です。三男にとっては、これが初めての動物園。 室内型のふれあい動物園には、どんな動物たちがいるのでしょうか?

  • 使ったお金:3,200円 (大人:800円×2、子ども:800円×2、※3歳以下無料)
  • 遊んだ時間:13:00~14:00 計1時間
  • 子供の年齢:6歳 (おとこのこ)・4歳 (おとこのこ)・1歳 (おとこのこ)

2016年10月更新

少し渋滞しつつも『MOFFアニマルワールド』に無事到着!

MOFFアニマルワールド

マイカーでおでかけしたのですが、三連休ということもあって少し渋滞していました。

「まだ~?」との子どもたちの言葉を何度も聞きながら、やっとビッグホップに到着。

約2800台停められる駐車場は広々していて休日でしたが混雑もなく、施設の入り口に一番近いゲート5にとめることができました。

さっそくMOFFアニマルワールドへ! 店舗内にはペットグッズの販売やクレーンゲーム機などのゲームコーナーもあって、スーパーボールすくいに目がない次男はさっそく祖母にお願いしてやらせてもらっていました。

トイレは施設内にないので、トイレを済ませてから受付するとスムーズです♪

まずはかわいいひよこを見に小動物のコーナーへ!

小動物のコーナーへ!

はじめて見るたくさんのひよこさんたち。

ピーピーと鳴きながら、あっちこっちとせわしなく移動するようすを、とっても興味深く観察している三男。

実際にさわったり手のうえにのせたりすることもできるのですが、警戒心のつよい三男にはちょっとハードルが高かったようです。

でも、よくうごくひよこを目で追いながら、指をさし「ぼくのかわりにママが触って!」と言っているかのように、私の手をぐいぐいひっぱっていました♪

動物に小さい子が触る時は必ず保護者の付き添いが必要です。

なかには噛んだり、洋服を引っ張ったりする動物もいるので、それぞれの注意事項をしっかり子どもたちに伝えるようにしました。

きちんとルールを守ることが、動物にとっても子どもたちにとっても安全で楽しくすごせるポイントです♪

小さい子が遊べるプレイルームには、マッサージチェアも完備!

プレイルーム

MOFFアニマルワールド内には小さい子が遊べるプレイルームもありました。

すべり台つきのジャングルジムやお絵かきができるコーナー、トンネルくぐりや知育玩具などがあり、トーマスのかたちをした絵本棚もありました。

さっそくおもちゃで遊びはじめる子どもたち! また、プレイルームには電動マッサージチェアが2台設置されていて、私と祖母も子どもたちが遊んでいる間ちょっと休憩しリラックスすることができました♪

ちょうど施設の中央にあるので、マッサージチェアに座りながら子どもたちがどこにいるのか一目でわかるようになっているのも嬉しかったです。

プレイルームのすぐわきには自動販売機とテーブルもあって、軽食をとることもできるようになっていました。

かわいいアルパカとふれあえる「アルパカ広場」へ!

アルパカ広場

かわいいアルパカが近くで見て触れる「アルパカ広場」は施設内でも人気のコーナーです。

白と黒の毛の二頭のアルパカとヤギ、ひつじ、ミニブタ、リクガメなども同じ広場にいました。

柵の中にはいって三男を下におろそうとしましたが、しがみついて離れません。自分の背の2倍以上あるアルパカが怖かったようです。

でも興味はあるのか、広場から出ようとするとアルパカたちを指さして「出たくない」とアピールしていました。

お兄ちゃん二人も柵のなかに入るのは怖かったようで、柵の外からながめていました。

「せっかくふれあえるのに!」と思いながらも、近くでみるアルパカは意外と大きくて大人でも触るのをためらってしまいました。でも、もこもこしていてとってもかわいかったです♪

アソビバママが見た『MOFFアニマルワールド』のポイントはココ!

水道で手を洗う

動物園では見るだけの動物たちとふれあえるのが『MOFFアニマルワールド』の魅力です。

紹介した動物たちのほかにもまだまだたくさんいて、イベントチケット (1枚200円)を購入すると、色々な動物におやつをあげられたりフクロウを腕にのせたり、は虫類に触ったり写真撮影する体験もできるそうです。

また、動物たちにさわったあとはきちんと手を洗って消毒できるよう、手洗い場も設置されています。

さらに「ほごけんカフェ」という、ペットショップや行政から保護されたわんちゃんと里親との橋渡しを目的にしたカフェも併設されていて (入場料無料)、里親になることもできます。

屋外の動物園とはまた違った魅力がたくさんあって子どもたちもとても楽しくすごせました。

動物園がはじめての三男でしたが、とってもいい体験をすることができました♪

文/yuilotus

公式サイト:http://moff-moff.jp/

『MOFFアニマルワールド』はアルパカがいる屋内型動物園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 東京ドイツ村特別入場券バナー
  • アソビバレポーターライター募集