動物たちとゆっくり触れ合えれる『羽村市動物公園』

138view
動物たちとゆっくり触れ合えれる『羽村市動物公園』

羽村市羽村動物園は小さな動物園で、ゆっくり見て回っても1時間半ほどで回れる気軽さです。入園料もリーズナブルで大人300円、子ども50円、シニア100円、75歳以上は無料で、家族みんな子どもからお年寄りまで楽しむことができます。 『どきどきハンズオン』では、モルモットやヒヨコたちと触れ合えたり、なかよし動物園では『ふれあいコーナー』でミニブタやヤギに餌をあげることができます。11歳の我が娘も小さなヒヨコに最初はビクビクいていましたが、5分もすると慣れた手つきで抱き上げられるようになりました。1歳くらいの小さなお子さんもあっという間にモルモットやヒヨコと仲良くなっていました。夏の暑い時期の平日の来園でしたが、園内の所々日陰に休憩できるスペースがあり、時折休みながらのんびり回りました。

  • 使ったお金:大人300円 子ども50円
  • 遊んだ時間:1.5時間
  • 子供の年齢:11歳(おんなのこ)

2016年8月更新

最寄りのJR羽村駅からバス移動で羽村市動物公園に到着。

羽村市動物公園

羽村市動物公園

羽村市動物公園の最寄り駅JR羽村駅からは、立川バスの羽村団地停留所で下車し、徒歩1分で正門前に到着。

羽村駅から歩くと羽村市動物公園までは20分ほどかかるので、熱中症が心配なこの時期は20分間隔で発車しているバスに乗って行ったほうがよいかと思います。

正門奥には大型の駐車場も完備されていました。駐車場はなんと無料でした。大家族での来園なら乗用車を利用するのも良いと思います。

駐車場から正門に向かって歩く道には『何の動物の目でしょうか』というクイズのパネルを見ながら進んでいくことができ、羽村市動物公園への期待が高まります。

びっくりしたのは道路から園の奥を覗き込んでみると、シマウマやキリンが見えたことです。入園して中に入らなくても動物がチラッと見えてしまう羽村市動物公園のアットホームな感じが伝わってきます。

『どきどきハンズオン』でヒヨコやモルモットと触れ合いタイム。

子ども ひよこ

子ども ひよこ

まず入り口で手を消毒します。ヒヨコやモルモットに人間のばい菌が移って病気になることを防ぐためです。

そのことを子どもが理解できる年齢であれば、親は子どもに伝えた方が良いと思います。11歳の娘は指と指の間までしっかり消毒していました

部屋の中にはスタッフがいて、モルモットの部屋を掃除しており、時々様子を見に来て、事故が無いよう見守ってくれていたので、子どもも気兼ねなく触ることができて、良かったです。

壁面にヒヨコやモルモットの触り方、持ち方の注意書きが貼ってあるのとモニターに『どきどきハンズオン』の映像が流れているので、それを見て親が子どもに教える感じです。

1歳くらいのお子さまもいましたが、子どもたちは皆あっという間に動物に慣れ、膝の上に置いたりタオルで優しくくるんであげたりして楽しんでいました。

『サバンナ園』で大型の動物の見学や餌やり体験! 

サバンナ園

サバンナ園

メインは『サバンナ園』です。

ここにはアミメキリン、グラントシマウマ、シロオリックス、ダチョウ、モモイロペリカンなどがいました。グラントシマウマをすぐそばで見ることができ、感激しました。

残念ながらアミメキリンは遠くの方でしたが、また来た時に見られることを期待したいと思いました。

『サバンナ園』の向かいの『なかよし動物園』で楽しみにしていた餌やり体験ですが、すでに餌が売り切れ。早めに来園しておけば良かったと後悔したので、早めに行くことをおすすめします。

その後奥まで進み、ニホンザルに餌やりをしました。ニホンザルの隣のゲージはなんとヒトの檻でした。

自由に中に入ることができ、動物園の動物になった気持ちになれます。11歳の娘も実際にオリに入ってみて、とても恥ずかしそうな表情でした。

自動遊具コーナーで遊んで最後に売店のアイスで締め。

子ども アイス

子ども アイス

順路に沿って進んでいくと最後に芝生広場に出ます。ここには自動遊具コーナーがあり、一人でお座りできるお子さまなら100円で楽しめる遊具が揃っています。

11歳の娘も「これに乗りたい」と、自分で運転する車に乗りました。幼稚園くらいのお子さまが楽しむ遊具だと思っていましたが、娘はかなり喜んでいました。

自動遊具コーナー近くの売店でアイスを買って日陰で休みました。暑い時には喉が渇くので、売店はチェックしておくといいですね。

最後に記念メダルを購入して退園しました。記念メダルの柄ですが、娘は「これがかっこいい」と言ってオオカミを選択。オオカミはいなかったけど、まあいいかな。

アソビバママが見た『羽村市動物公園』のポイントはココ! 

子ども 動物

子ども 動物

平日の昼間の来園でしたが混雑はなく、行列で動物が見れないということもありませんでした。自分たちのペースで、慌てることなく、ゆっくり見て回ることができたことは大変嬉しかったです。

お客様は家族連れがほとんどでした。園内は大きな起伏はありませんでしたが、道は舗装されていない箇所があり、ベビーカーや車椅子ではがたがたするところもあると思います。

また、軽食を摂ろうと予定していましたが、食事メニューはかけうどんとかけそばしかありませんでした。長い時間ゆっくり過ごすつもりなら、お弁当を持参するのが良いと思います。

室内に休憩所はないので、園内の所々にある日陰のベンチに座って休みました。気温は30度近かったですが、水筒にたっぷりお茶を入れていったので良かったです。

暑い日には水分は多めに持って行くと良いと思います。

文/木原敦子

動物たちとゆっくり触れ合えれる『羽村市動物公園』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集