『成田ゆめ牧場』は自然の中でのびのびと過ごせる!徹底攻略レポート

1,514view
『成田ゆめ牧場』は自然の中でのびのびと過ごせる!徹底攻略レポート

動物とふれあえる牧場があると聞き、家族そろってやって来たのが千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場』。わが子のお目当ては、ヤギの赤ちゃんとモルモットと遊ぶこと。

この牧場は、都心や近郊都市からもアクセスしやすい場所にあり、車や電車で1時間半ほどで自然豊かな牧場で遊ふことができます。

東京ドーム7個分の広さの敷地には、ファミリーオートキャンプ場があるほか、場内では牛の乳搾り体験や、アスレチック遊具や芝すべり、パターゴルフや釣りを楽しめます。

また、乗り物が大好きな子供達には、自転車やレトロなトロッコ列車に乗ってお花畑を一周することもでき、一日中、大人も子供も家族みんなで思う存分楽しめる牧場です。

こころゆくまで思いっきり遊んでください。
では、さっそく、『成田ゆめ牧場』をご案内します。

成田ゆめ牧場とは?

明治20年から搾乳専業牧場として牛乳一筋で営業されてきました。

やがて、自分たちの手でおいしい乳製品をお届けしたいという情熱を抱いて、1987年に観光牧場を開きました。

「自分たちの納得のいく乳製品を作りたい」という想いをこめたこだわりの乳製品は、どれも本当に絶品です。

お土産としても人気で、濃厚でフレッシュなアイスクリームやヨーグルト、チーズケーキなどが揃っています。

さまざまな体験ができる牧場作りを目指しているため、いちご摘みやお花摘みの他、バター作りなどの体験イベントも開催し、みんなが自然と触れ合い、動物や食べ物を通して様々なことを学べるように工夫されています。

園内にはいつも色とりどりの花々が咲き、来場者に安らぎと癒しを与えています。

また、ジャガイモや、きゅうり、ピーマン、ナスなど、野菜の収穫体験や、園芸イベントとしては「ひまわり」や「ごま」の搾油体験なども、企画されています。

季節を問わず、大人も子どもも一緒になって楽しめる人気の牧場です。

成田ゆめ牧場のアクセス方法

【電車を利用する】

最寄り駅:JR滑河(なめかわ)駅です。
駅からは、無料の送迎バスが出ていますので、下記【バスを利用する】をご確認ください。

東京駅⇔滑河駅 約100分
東京駅 JR総武線快速 快速エアポート成田・成田空港行

成田駅 JR成田線・銚子行

滑河駅

品川駅⇔滑河駅 約110分
品川駅 JRエアポート成田・成田空港行

成田駅 JR成田線・銚子行

滑河駅
羽田空港駅⇔滑河駅 約140分
羽田空港駅 羽田空港国内線ターミナル(京急) 京急空港線快特・京成高砂行

京成高砂 京成本線特急・成田空港行

京成成田駅

徒歩

成田駅 JR成田線・銚子行

滑河駅
成田空港駅⇔滑河駅 約50分
成田空港駅 京成本線特急・京成上野行

京成成田駅

徒歩

成田 JR成田線・銚子行

滑河駅

【車を利用する】

1000台収容できる駐車場が完備されています。
駐車料金は普通車600円、大型車は1100円、二輪車は300円です。
〒289-0111 千葉県成田市名木730
*カーナビゲーションで来場する場合は「電話番号0476-96-1001」、もしくは住所「千葉県成田市名木730」で検索してください。旧住所で検索する場合は、香取郡下総町名木730

東京方面から

東関東自動車道「大栄JCT」から圏央道つくば方面に進み、1つ目の出口「下総IC」で降ります。

出口すぐ正面上方に大きな牧場の看板が見えてきます。

その信号を右折し、道なりに進むと、右手に「成田ゆめ牧場入口」の看板がありますので、右折すると駐車場入口があります。

柏方面から

国道356号線を香取方面へ向かいます。

利根川沿いの「常総大橋」を右折し、1個目の信号を左折します。

3.5km程走り、踏切手前の小松交差点を右折し、2kmほど走ると左側に「成田ゆめ牧場入口」の看板があります。左折すると駐車場入口があります。

土浦方面から

国道6号から国道408号へ入ります。千葉県方面に向かい、利根川にかかる長豊橋を渡る。

千葉県側に入ったらすぐに左折。国道356を香取方面へ進みます。

利根川沿いの「常総大橋」を右折し、1個目の信号(歩道橋が目印)を左折します。

3.5km程走り踏切手前の小松交差点を右折し、2kmほど走ると左手に「成田ゆめ牧場入口」の看板があります。左折すると駐車場入口があります。

 (58485)

©成田ゆめ牧場

【バスを利用する】

成田ゆめ牧場⇔JR滑河駅(なめがわえき)の間で、無料送迎バスが出ています。予約の必要はありません。駅からは約10分程度で到着です。

無料送迎バス時刻表
滑河駅からは下り電車の到着時刻に合わせて、牧場から滑河駅へは上り電車の出発時刻に合わせて運行しています(一部を除く)。
もしバスが来ない場合は、TEL:0476-96-1001(9時~17時)まで、電話して確認してみてください。また、バスの時刻表は、こちらからも確認できます。
春休みやゴールデンウィーク期間は、混雑のため乗車までの待ち時間が長くなる場合があります。

 (58486)

送迎バス

帰りは、牧場エントランス付近にある送迎バス停から、JR滑河駅までの送迎バスが出ています。牧場内に入る前に発車時刻を確認しておくとよいでしょう。

 (58487)

牧場エントランス付近にあるバス停

 (58488)

送迎バス時刻表も入場前にチェックしましょう。(2017年3月12日現在)

入場料金

 (58489)

入場料金(一般・団体)

一般入場料金
大人(中学生以上) 1400円
小人(3歳以上) 700円
3歳未満 無料
65歳以上 1200円

犬 
大型犬 1500円
中・小型犬 1000円

・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳を提示すると、駐車料金は無料、入場料金は、上記料金の50%が割引されます。
・障害者1名様につき付き添いの方1名様は無料。
・65歳以上の方は年齢を証明できるものを持参してください。

団体入場料金

対象 20名~ 50名~ 100名~
大人(中学生以上) 1200円 1100円 1000円
小人(3歳以上) 600円 550円 500円

団体入場料金(障害者の方)
対象 20名~
大人(中学生以上) 600円
小人(3歳以上) 300円
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳を提示
・障害者1名につき付き添いの方1名は無料

ゆめぼく年間パスポート

よく利用される方には、来場すればするほどお得になる、ゆめぼく年間パスポートがあります。

入会受付:牧場窓口
お問い合わせ・お申込み:電話0476-96-1001
午前9時~午後17時
(12月~2月の期間は、午前10時~午後16時となります)

 (58491)

ゆめぼく年間パスポートの申し込み記入所は牧場窓口前に設置されています。

年間パスポートの入会特典や割引情報など、下記の記事ではさらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください!

成田ゆめ牧場の入場料金と割引情報をチェック! - アソビバ

成田ゆめ牧場の入場料金と割引情報をチェック! - アソビバ

「日本一オイシイ乳製品をつくる観光牧場」を看板に掲げる「成田ゆめ牧場」。乳製品を味わったり動物と触れ合ったり、アスレチックやキャンプを楽しんだりと、とっても多彩な楽しみ方ができる牧場です。ぜひ家族で訪れたい成田ゆめ牧場、訪れる前に入場料金や割引情報をチェックしておきたいところ! この記事では、基本となる入場料金をはじめ、年間パスポートやお得な割引情報を紹介していきます。

営業時間・混雑状況

9:00~17:00

・入場最終受付:16時
・2月の平日は10:00~19:00、土日祝は9:30~20:00(入場最終受付は閉園の30分前)
・3/1~3/12の平日は9:00~19:00、休日は9:00~20:00(入場最終受付は閉園の30分前)
・3/13以降は通常営業9:00~17:00
年中無休・年末年始は休まず営業
※冬季時間:昨年度実施時のものです。本年度は変更の可能性があります。

チケットを購入したら、さっそく牧場入口から、入ってみましょう。
受付のスタッフの方にチケットを渡して半券を切ってもらいます。

 (58492)

成田ゆめ牧場の入り口

 (58493)

入口ゲートを入ってすぐのところに、再入場スタンプ場も設置されています。

混雑状況

平日と休日の混雑具合について、牧場の方に聞いてみました。

「平日は100名前後の方が遊びにいらっしゃいます。休日で、混雑している日は2000名前後の方が来場されます。休日は混雑しますので、ゆったり過ごされたい場合は平日をオススメします。」とのことでした。

遊びに行った日曜日は、午前中は比較的ゆっくり牧場内を見てまわれましたが、午後になるにつれ、人出もかなり多くなったという印象でした。

まず、まっ先に向かったのが、動物達がいるエリアです。

場内に咲いているお花を見ながら歩いていきます。
それだけでも、癒されます。

 (58495)

成田ゆめ牧場の楽しみ方を徹底紹介!

ふれんZOO広場

ふれんZOO広場では、ヤギやヒツジが放牧されています。

中に入って一緒に遊ぶこともできます。

こちらでは、アヒルのレースも開催されますが、現在はお休み中です。

再開する際は、ウェブサイトで告知がありますので、チェックしてみてください。

ヒツジとヤギのエサやり体験

 (41905)

ヒツジやヤギのエサは、ふれんZOO広場入口前にてカップ1杯100円で販売されています。
動物達にあげていいエサは、こちらで販売されている専用のエサだけです。

動物達の健康は、牧場のスタッフさんたちが日々見守っていますので、自宅から紙やエサなどは持ち込まないようにしてくださいね。

モルモットふれあい

 (41926)

子供のテンションが一番上がったのでは?と思われるのが、このモルモットとのふれあい広場でした。
小さなモルモットは怖がりなので、一緒に遊ぶ時は次の3つのお約束を守って遊びましょう。

1.モルモットの口に手を出さないでね。
2.カゴから持ち上げないでね。
3.怖がってしまうので高く持ち上げないでね。

乗馬・ポニー

 (41943)

3歳から小学校2年生までのお子さんは、ポニーの乗馬がお勧めです。小学校3年生以上のお子さんは、大きな馬に乗ることができます。

料金
乗馬 600円
ポニー400円
チケットは、釣り堀場の横にある自動販売機で購入します。

ふれあいうさぎ村

 (58314)

【時間】
・土日祝
10時~10時30分
13時~13時30分
15時~15時30分

・平日
11時~11時30分
13時~13時30分

「ふわっふわのうさぎさんと遊びたい!」と言うので、レストランのガラスハウスやストロベリーファーム近くにある、ふれあいうさぎ村へ向かいます。

中に入って直接うさぎさんをなでたり触ったりできるので、人気です。
私たちが到着すると、もうすでにたくさんの子供が列を作って並んでいました。

一度に子供全員を入れるとうさぎがびっくりしてしまうとのことで、入場制限をしていました。出てきた子と順番に入れ替わります。開催時間ちょうどくらいに並んだので、待ち時間は、10分くらいでした。

トロッコ列車

 (58315)

ガラスハウスのすぐ近くに、お花畑を周遊するトロッコ列車があります。昔、炭鉱で仕事をしていたという本物のトロッコ列車は、ガタゴトと音を立てながら、ゆっくり走ります。のどかな気分を味わう事ができました。
年に数回、本物のSLが走ることもあるそうです。

乗車時間は、約5分です。春の風を受けながら気持ちよく乗ることができました。
乗車料金は、一人500円です。定員は大人で20名。

ファンシー自転車

 (45709)

変わった形の自転車に乗ってサイクリングしてみましょう。上手に漕ぐことができるかな?
大人と一緒に乗れる大きな自転車もあります。1回の利用時間は15分。料金は、1人500円です。対象年齢は3歳以上。また、保護者1人の料金で、3歳未満の幼児1名まで乗ることができます。

芝すべり

 (42049)

芝の上をソリで滑り降ります。ソリの裏側につけるオイルも用意されていて、つけるとさらにスピードアップします。意外とスピードが出るしブレーキがあるわけではありませんので、遊ぶときは十分周囲に注意してくださいね。無料で遊べます。

年齢は3歳以上から。ソリの持ち込みはできません。二人乗りや立ち乗りをしないなど、約束を守って遊んでくださいね。3歳未満のお子さんは、保護者との二人乗りができます。

ワークショップ、体験教室などの紹介

入場口手前のインフォメーションボードにも、当日開催される体験教室のスケジュールが記載されていますので、事前にチェックしてみてください。

 (42173)

入口付近にあるインフォメーションには、様々なイベントが告知されていますので、事前に要チェックです。

バター作り、カウボーイパン作り、ジャム作り、生キャラメル作り、ポップコーン作りと、さまざまな教室が開催されていて、迷ってしまいます。

火も使わず、プラスチックの軽い容器を使って作れるという「バター作り」なら、小さい子も楽しめそうだと思い、こちらに参加してきました。

 (42254)

クラッカーやお芋につけて、いただきました。
自分で作ったバターはとてもとても美味しかったです。
容器に残ったバターまで完食していました。
ごちそうさまでした~。



ここで紹介したほかにも、成田ゆめ牧場には様々な遊びがあります。
さらに詳しいレポートも掲載していますので、ぜひ下記の記事もご覧ください!

成田ゆめ牧場で動物とのふれあいやキャンプを楽しもう! - アソビバ

成田ゆめ牧場で動物とのふれあいやキャンプを楽しもう! - アソビバ

千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」は、都心からもアクセスしやすい場所にありながら、たくさんの自然に囲まれて遊ぶことができる牧場です。ウシやヤギ、ヒツジなど様々な動物と触れ合うことができて、乳搾りや乗馬なども体験することができます。さらに広い敷地内にはキャンプ場もあり、手ぶらでキャンプができるプランも用意されています! ここでは、そんな成田ゆめ牧場での楽しみ方を、レポートを交えてご紹介していきます。

BBQが人気!レストラン、カフェテリア情報

成田ゆめ牧場のレストラン、カフェテリア情報をご紹介します。

1.バーベキューハウス

特注のコンロと鉄板を使った本格バーベキューを家族で楽しむことができるお店です。

お肉は国産を使用し、バーベキューに最も適した部位を冷蔵で仕入れています。
衛生上、食材の持ち込みはできません。

予約については、20名以上の団体の場合から可能です。

営業時間:平日11:00~15:30、休日10:30~16:00(ラストオーダーは30分前)

 (58496)

目印の看板

 (58498)
 (58499)

まきばコース 2300円
牧場バーベキューのスタンダードなコースには、国産牛肩ロース牛肉150g、野菜セット、ライス、スープが含まれています。

また、セット料金として、一般団体入場料金と合わせた団体(20名以上)食事料金もありますので、チェックしてみてください。http://www.yumebokujo.com/about-group-general.html

申し込み方法:成田ゆめ牧場ウェブサイトにあるPDFをプリントアウトして、必要事項を記入の上、FAXにて申し込んでください。

PDF申込書:http://www.yumebokujo.com/pdf/yume_ippanbook2016_5.pdf
FAX番号:0476-96-1001
受付時間:9時~17時 12月~2月は10時~16時

<キャンセルについて>
団体予約にて、食事のキャンセルが発生した場合は下記のキャンセル料がかかります。
(雨天中止の団体も含みます)

・2日前キャンセル:お食事料金の30%
・前日キャンセル:お食事料金の50%
・当日キャンセル:お食事料金の100%

対象はお食事代金のみ。入場料金についてはキャンセル料の対象になりません。

2.ファームカフェ

アーチェリーの向かい側にある、カフェ。

人気の牧場バーガーをはじめ、各種ドリンクも揃っています。お子様バーガーセットもあり、ピクルスやマスタードを入れず、お肉の量も60グラムにしてあり、食べやすい工夫がされています。

ドリンクとポテトがついて、800円です。(単品は、450円)

営業時間:平日10:30~15:30、休日10:00~16:00(ラストオーダーは30分前)
・12月~2月の冬季期間の平日はお休みとなります。

 (58500)

3.ピザタイム

自家製チーズを使った本格派のピザレストランです。
営業時間:平日10時~16時 休日10時~17時
冬季営業時間:平日10時~16時 休日10時30分から17時
ラストオーダーはいずれも30分前まで

青空がきれいで、日差しもたっぷりあったので、外のテラスでランチにすることにしました。せっかくですから、牧場自家製のチーズをふんだんに使ったピザが食べたくて、何種類か注文して分け合って食べました。

 (58501)

ウッドテラスにはパラソルもあり、開放的で素敵な雰囲気です。

 (58502)

テラスに上がるまでスロープも用意されており、ベビーカーでも安心です。

 (58503)

©成田ゆめ牧場

単品のピザに、ドリンク付きポテトセットを400円でつけることができます。

 (58504)

バジルソースとトマト、自家製チーズの相性が抜群。
トマトバジルピザ 900円

 (58505)

ベーコンと半熟たまごが濃厚な味わい。
カルボナーラピザ 1200円

 (58506)

シンプルなプレーンピザはチーズの味わいを堪能できます。
プレーンピザ 800円

4.チーズフォレスト

牧場のチーズ工房で作られたフレッシュな「モッツァレラチーズ」を使ったチーズ料理専門のレストランです。
本格的な国産牛ビーフシチューやミートドリアやチーズのペンネグラタンなど、洋食がメインです。お子様には、お子様カレー&ハンバーグメニューも用意されています。

サンルーフテラス席も店内にも席があり、天気を気にすることなく料理を堪能できます。
営業時間:11時~牧場閉園まで
平日限定、休日限定、ディナーのみのメニューがあります。ラストオーダーは30分前までです。

 (58507)

外の空気が気持ち良いサンルーフテラス席とチーズフォレスト入口

 (58508)

デザートや飲み物も豊富に揃っているので、家族みんなで楽しめます。

5.ミルキーハウス

体験教室に参加したり、動物達とたくさん遊んだりした後は、甘いものを食べてひと休みしましょう。ミルキーハウスは、牧場自家製ジェラートとソフトクリーム、そしてヨーグルトがおいしいお店です。

営業時間:9時~17時

 (58509)

パステルカラーの可愛らしい建物

 (58510)

©成田ゆめ牧場
原乳仕込みのソフトクリーム 380円

口当たりなめらかで濃厚な味わいの、定番メニューです。

 (42340)

クリームチーズ味ジェラート
シングルカップ380円

他、いちごやチョコレート味など各種フレーバーが揃っています。

 (58511)

©成田ゆめ牧場 
超原乳ヨーグルト(450ml)700円

FOODEX JAPAN2014ご当地ヨーグルトグランプリで最高金賞を受賞したという、もっちりとして美味なヨーグルトです。ドリンクタイプもあります。

6.ガラスハウス

 (58512)

トロッコ列車の線路からガラス張りの建物が見えます。

 (58513)

【ガラスハウス入口】

手作りパスタとハヤシライスのレストランのようです。

 (58514)

搾りたて牛乳などのドリンクメニューや、お子様ランチも用意されています。

7.プライムカフェ

牧場自慢の手作りビーフカレーやホットドックなど軽食が用意されています。
※土日祝のみ営業します

 (58516)

一息ついて休みたい時にぴったりです。

8.プライムハウス

おススメは、炭火焼の牛ロース丼や豚丼、チキンのタルタル丼などのボリューム満点などんぶりです。
※土日祝のみ営業します

 (58517)

解放感のある空の下で、おいしいランチをいただけます。

 (58518)

9.お弁当

ゆめ牧場お弁当を注文しておくこともできます。
必ず予約をしてください。また、注文個数は、10個から50個までです。
価格:800円、1000円
それぞれ、ごはん、香物、煮物、小鉢2品、メインが入っています。
季節によって、内容が変わります。
前日予約の場合は、在庫によってメインのお料理の内容が変わることもあるそうです。
ハンバーグの原材料:卵白、シュウマイには小麦粉が使用されています。

キャンセルの場合は、以下の通りキャンセル料がかかります。
2日前キャンセル:お食事料金の30%
前日キャンセル:お食事料金の50%
当日キャンセル:お食事料金の100%

また、お弁当の持ち込みはできますが、離乳食以外の飲食施設内への持ち込みは禁止されています。広場などや、外に設置されているテーブルや椅子での飲食は可能です。


たくさん遊んで、名残惜しいけど、そろそろ帰る時間が近づいてきました。
もちろん、牧場で作られた美味しいお土産を持って帰りたい!
お土産を買うなら、入口すぐのところにショップがたくさんあります。どれを買っていったらいいか迷ってしまうほど、たくさんの種類がありました。

ショップ、おみやげ情報

たくさんあって、しかもどれもみんなおいしそうで迷ってしまうので、
ずばり、成田ゆめ牧場さんに聞きました!
人気お土産ベスト3は、こちらの通りです。

1位:ゆめミルチーズブレッド
2位:自家製ヨーグルト(食べるタイプ)
3位:まきばの夢(チーズケーキ プレーン味)

 (58519)

1位のゆめミルチーズブレッド
価格:850円(税込)

牧場入口を入ってすぐ右側にあるメリーズショップで購入することができます。

 (58520)

ふわっふわで、おいしそう!

 (58521)

2位の自家製ヨーグルト(食べるタイプ)
価格:700円(税込)

牧場入口を入ってすぐ右側にあるメリーズショップ、牧場創菓momomそして、ミルキーハウスで購入することができます。

 (58522)

3位のまきばの夢(チーズケーキ プレーン味)
価格:1350円(税込)

なめらかで濃厚。半生食感のチーズケーキです。牧場入口を入ってすぐ右側にあるメリーズショップと牧場創菓momomで販売されています。

メリーズショップ

牧場入口入ってすぐ右側にあるショップです。

お菓子、パン、焼酎や地ビール、ハム・ソーセージ、ヨーグルトやチーズなどの乳製品のほか、ぬいぐるみなどの小物も豊富にそろっています。通販で人気のハンドクリーム「牛乳の手袋」もこちらにあります。

 (58523)

©成田ゆめ牧場

スイートジョーパイ

牧場入口入って左側にあるのが、スイートジョーパイ。店内には、うさぎやモルモットのぬいぐるみがたくさん販売されています。

キャンディーなどの量り売りなどもあります。
子供達が喜ぶ品揃えです。

 (58524)

モルモットのぬいぐるみをこちらでゲットして帰りました。

 (58525)

モフモフな手触りのうさぎのぬいぐるみがとてもカワイイ!

 (58527)

おもちゃなども販売されています。

カウカウ

牧場入口入って左側にある輸入商品がメインのショップです。

アクセサリーや陶器などのグッズの他、馬グッズもたくさん揃っています。

 (58529)
 (58530)

入ってすぐのところに、大小の木馬がいました。

牧場創菓momom

牧場入り口を入ってすぐ右側にある、パン&スイーツ工房のお店です。

手作りのパン、人気おみやげスイーツの「まきばの夢チーズケーキ」、牧場牛乳で作ったマシュマロ「ウシマロ」などが販売されています。

通販で人気の「スコーン」やその名の通り、キャンプで使うはんごうに入った大きな「飯盒でDoプリン」なども、こちらで作られています。

 (58531)

子連れにうれしい施設情報

1.トイレとおむつ替え台

トイレは場内外に5か所設置されています。

 (58532)

牧場入口付近に設置されている場外トイレ。

 (58533)

トイレ内にはおむつ替え台も準備されています。

 (58534)

場内にある標識

あちらこちらに標識がありますので、見つけやすい工夫がされています。

 (58535)

場内ショップ「カウカウ」と「ドックショップファームヤード」裏側に、トイレと授乳室などがあります。

 (58536)

また、トイレ内にはおむつ替えシートが完備されている個室トイレもあります。

 (58537)

ファームカフェ横にあるトイレ。

そのほか、ガラスハウス店舗の中、ピザタイムとチーズフォレストの間の通路にもトイレがあります。

2.授乳室

授乳室は、以下の場所に設置されています。

・場内カウカウ売店の横にあるトイレ
・釣り堀横の室内休憩所
・室内休憩所ビッグバーン
・レストラン ガラスハウス内

 (58538)
 (58539)

場内ショップ「カウカウ」と「ドックショップファームヤード」裏側に、ベビーベッドがあります。室内にはエアコンが完備されています。

 (58540)

室内休憩所ビッグバーン内にも、授乳室とベビーベッドが完備されています。

こちらは、釣り堀横にある室内休憩所です。室内はエアコンが完備されています。

 (58541)
 (58542)

室内休憩室には、2か所の授乳室があります。

 (58543)

授乳室の1室には手洗い専用のシンクがついています。

ポットのお湯が必要な場合は、入場窓口横インフォメーションセンターへお願いしてください。

 (58544)

休憩所内には椅子と飲み物の自動販売機が用意されています。

 (58545)

ベビーカー置き場

300円(1000円保証金)

入場口入ってすぐ左に、ベビーカーの貸し出し場所があります。

 (58546)

コインロッカー

送迎バス駐停車場付近にコインロッカーがあります。

周辺情報

航空科学博物館

飛行機が大好きな子に大好評な、日本で最初の航空博物館です。ボーイング747機セクション41の機内ツアーや、折り紙飛行機教室など各種体験コーナーなどがあります。展望レストランでは、機内食風ランチなどがいただけます。
住所:千葉県山武郡芝山町岩山111-3
電話番号:0479-78-0557
公式サイト:http://www.aeromuseum.or.jp/

酒々井プレミアムアウトレット

成田ゆめ牧場の商品も販売されており、通常サイズより大きな限定サイズのヨーグルトや限定商品を購入することができます。
住所:千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1
電話番号:043-481-6160
公式サイト:http://www.premiumoutlets.co.jp/shisui/

成田ゆめ牧場のまとめ

一日中動物達とふれあい、自転車に乗ったり芝すべりをしたり、めいっぱい遊んだ子供は大満足。車に乗った途端、おみやげに買ったモルモットのぬいぐるみを抱えて、スヤスヤと夢の中へ……。

牧場のスタッフの方達もとても優しく親切で、笑顔で接してくださいましたので、気持ち良い一日を過ごすことができ、充実した一日を過ごすことができました!美味しいごはんやスイーツでお腹も満たされて大満足です。

大人も子供もみんなで楽しく過ごせる成田ゆめ牧場は、来た人みんなを笑顔にしてくれる牧場です。小さい子が遊べる工夫や設備も充実していますので、安心して過ごせますからおススメです。ぜひ遊びに行ってみてください。

施設の基本情報

施設名:成田ゆめ牧場
住所:〒289-0111 千葉県成田市名木730
電話番号:0467-96-1001
営業時間:9時~17時
入場最終受付:16時
(12月1日~12月2日は10時~16時、1月1日~1月3日は9時30分~20時)
(12月5日~2月28日の平日 10時~20時)
(12月~2月の土日祝および冬休み期間の12月28日~12月31日、1月4日は、9時30分~20時30分)入場最終受付は閉園30分前、12月1日~2日は閉園1時間前
年中無休・年末年始は休まず営業しています

※冬季時間:昨年度実施時のものです。本年度は変更の可能性があります。

公式サイト:http://www.yumebokujo.com/

『成田ゆめ牧場』は自然の中でのびのびと過ごせる!徹底攻略レポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集