自分の体を使って映像を操作?『ギャラクシティ』で新体験!

2,340view
自分の体を使って映像を操作?『ギャラクシティ』で新体験!

三連休の雨の日、東京都足立区の『ギャラクシティ』に、パパと娘 (4歳)とともにお出かけしました。 以前テレビで見てから一度は遊びに行きたいと思っていたところです。 体を使った遊びも、頭を育てる遊びも何でもありの巨大室内施設だそう。 珍しい巨大3層ネットや工作やゲームもすべて無料というのもうれしいポイントです。

  • 使ったお金:1,100円 (大人500円×2、子ども100円)
  • 遊んだ時間:10:15~14:30 (4時間15分)
  • 子供の年齢:4歳 (おんなのこ)

2016年10月更新

東武スカイツリーライン西新井からすぐ!『ギャラクシティ』に到着

ギャラクシティ

我が家からJRと地下鉄を乗り継いで1時間強、東武スカイツリーラインの西新井に着いたのは午前10時過ぎ。

駅を出てすぐの場所に『ギャラクシティ』への案内板もあり、初めてでもスムーズにギャラクシティに向かうことができます。

事前情報によると、巨大なネットで遊べる人気の「スペースあすれちっく」は混んでいる日には順番待ちで並ぶこともあるとのこと。並んでいる間のぐずり防止に駅前のコンビニでお菓子を購入しました。

施設のすぐ前にもコンビニがあったのでお菓子、ランチを調達することができます。
後で確認したところ、館内にも飲み物の自動販売機がありました。

続々と家族連れが『ギャラクシティ』の方へ歩いていくので、何となく焦る気持ちになって、私たちもやや急ぎ足で向かいました。

「ホワイトあとりえ」で床にお絵かき!

床にお絵かき

私たちが着いたときには、いちばん楽しみにしていた「スペースあすれちっく」の巨大ネットはちょうど小学生タイム。

幼児の遊べるファミリータイムは12時からとのことで、それまで「ホワイトあとりえ」で床にお絵かきをして遊ぶことに。

腹ばいになったり寝っ転がったりしてお絵かきをしている子どももいたので、汚れてもいい服装か着替えをお忘れなく。

出入りが自由なので、ひとしきり書いたところでお隣にある「ものづくりガレージ」でハロウィンの工作にチャレンジすることにしました。

こちらも出入り自由。この日は午前中いっぱいハロウィンの工作の時間で、好きなときにふらりと参加できるのが大変便利でした。

いよいよ12時からの「スペースあすれちっく」のファミリータイムのために、11時半過ぎから順番待ちです。

「スペースあすれちっく」で、巨大3層ネットに挑戦!

「スペースあすれちっく」で、巨大3層ネットに挑戦!

係の人によると小さい子はネットの直前に昼食を食べると戻してしまうことがあるとのことで、お昼はネットの後に食べることに。

ネットで遊ぶときは、安全のため大人も子どもも靴下が必須で、忘れた場合は売店で靴下を購入しなければならないので、持参しましょう。

ネットは1層目 (一番上)、2層目 (真ん中)がかために張ってあり、走ったりジャンプしたりして遊べます。

3層目 (一番下)はわざとゆるく張ってあるので、子どもはネットをすべり台にしたり、大人はハンモックのように寝転がったりできます。

ネットとネットの間は、トンネルのようなネットでつながっていますが、怖くて降りられないという子どもは、外の階段を使うこともできます。

娘はネットを行ったり来たり、登ったり滑り下りたりと30分の制限時間を大満喫しました。

お昼の後は「デジタルきゃんぱす」でゲームに挑戦

デジタルきゃんぱす

『ギャラクシティ』にはキッズカフェも併設されていましたが、私たちは「食べる時間がもったいない!」という娘の主張に従い目の前のコンビニでおにぎりを買ってきました。

2階に食事ができるテーブルと椅子があるので、そこで素早くランチ。

昼食の後は、プロジェクターから壁や床に映される映像を自分の体で操作する「デジタルきゃんぱす」で遊ぶことに。壁に映されるクイズに、落ちてくるひらがなを体で触って答えるゲームです。

隣には床の絵の具の映像を踏んでから歩くと怪獣や動物の足跡で歩けるコーナーもあり、さほど並ばずに遊ぶことができました。

ちょうど1時からは、2階の「まるちたいけんドーム」 (プラネタリウム・有料)で、幼児向けの星空のアニメをやっていたのでこちらもチャレンジ!

ネットも工作もお絵かきもゲームも、プラネタリウムまで楽しんだ1日でした。

アソビバママが見た『ギャラクシティ』のポイントはココ!

施設内

広い建物すべてが子どもの遊び場。いろいろなコーナーでイベントやワークショップなどが開催されているので、着いたらまず入り口のカウンターで当日の予定が書いてあるチラシをもらいましょう。

ネットやボルタリングの時間も小学生や幼児の別に時間で区切られているので、他のコーナーのイベントと合わせて最初に遊びの予定を立てるとスムーズに遊ぶことができます。

また未就学児専門の「ちびっこガーデン」というお部屋があり、ミニボルタリングやおままごと、ぬいぐるみやおもちゃなどもあるので、小さい子は休憩がてら利用するのもおすすめです。

子ども用トイレ、授乳室やはいはいコーナー、赤ちゃん連れでも安心です。

今回は行きませんでしたが食育施設などもあり、ぜひもう一度おでかけしたい遊び場です。

文/beevalley

公式サイト:http://www.galaxcity.jp/

自分の体を使って映像を操作?『ギャラクシティ』で新体験!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集