すみだ水族館の「蜷川実花×クラゲ」は色鮮やかで幻想的な美しい世界!

109view
すみだ水族館の「蜷川実花×クラゲ」は色鮮やかで幻想的な美しい世界!

すみだ水族館では2016年11月8日(火)~2017年3月14日(火)までの間、写真家・映画監督の蜷川実花さんとクラゲのコラボレーションイベントが開催されています。独特の色彩感覚を持つ蜷川実花氏が手掛ける「クラゲ万華鏡トンネル」は息をのむほどの美しさ。ぜひ現地で体験してみてください!

「クラゲ万華鏡トンネル」はおもわず息をのむほどの美しさ

一昨年からはじまり今回で2回目となる蜷川実花氏とクラゲのコラボレーション展示。

壁と天井の3面が約5,000 枚の鏡に囲まれて、全長約50メートルのスロープに展示された「クラゲ万華鏡トンネル」。

 (65201)

8つのクラゲ水槽と壁面に蜷川実花氏の映像作品が投影されています。

 (65202)

様々なかたちをしたクラゲの背景に蜷川実花氏の制作した映像や写真を展示することによって、幻想的な空間になっています。

ふわふわと漂うクラゲと照明、アロマの香り、そして蜷川実花氏の作品によって常に表情を変えるトンネルは、海の中の世界に迷い込んだよう。

また、映像が次々と変化したり、昼と夜でも変わるので何度見ても違った雰囲気を楽しめます。

 (65203)

この水槽にはたくさんの工夫が施されています。

蜷川実花氏の制作した映像を映し出すプロジェクターが水槽の上にあるので、その前を泳ぐ半透明のクラゲの影が伸びて映し出される仕組みに。

また、側面や底も鏡になっているので、奥行きのある不思議な空間を楽しむことができます。

水槽の前には椅子があるので、座ってゆっくりと幻想的なクラゲの世界に没頭して過ごすことができます。

また、トンネル内は緩やかなスロープになっているので、背の高い方や低い方、小さなお子様の目殿にも合うような展示になっています。

蜷川実花×クラゲゾーンの幻想的な展示はほかにもまだある!

幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型の水槽と、U字型水槽が並んだ8種類のさまざまなクラゲが展示されています。神秘的で圧倒的に美しい世界が体感できるのは、このすみだ水族館だけ!

 (65204)

ふわりふわりと優雅に泳いでいるようにみえるクラゲですが、実は自分の力で泳いで移動することができません。

実際は海の中では水流に流されて漂っているだけなので、水流がないと底に沈んでしまうそうです。

なので、水族館にあるすべての水槽にはクラゲが沈んでしまわないように、水流が作られています。

ここで展示されている水槽では水流が作りやすいように底が丸いU字形になっていて、みんな同じ方向にゆっくりとくるくる回転して漂っています!

クラゲの頭の方向を見ると、反時計回りの水流になっていることがわかりますね!

 (65205)

触手が長くて優雅なクラゲは「アカクラゲ」。

アカクラゲ(赤水母、赤海月、Chrysaora pacifica)は、鉢虫綱のヤナギクラゲ属に属するクラゲの一種。

頭の部分は直径9〜15センチほどで赤褐色の縞模様が16本、触手は長さ2メートル以上で40〜56本あります。

触手には毒があるので触るととても危険です。

ちょっと恐い一面もありますが、柔らかで繊細な触手を持つアカクラゲはいつまでも眺めていられるほどに美しいです。

 (65206)

蜷川氏による色鮮やかな花々とクラゲの映像、そして一定のリズムでゆっくりと漂うクラゲの美しさにいつのまにかすっかり魅了されてしまいます。

何度でもみたいと思う美しいクラゲの展示ですが、展示期間は、2016年11月8日(火)~2017年3月14日(火)までです。

スマートフォンのカメラでもきれいに撮れるので、ぜひ撮影してみてくださいね。

 (65207)

大きな頭でふわふわと漂う「ミズクラゲ」。ミズクラゲ(水海月)は、鉢虫綱・旗口クラゲ目(ミズクラゲ目)・ミズクラゲ科に属するクラゲの一種。

頭の部分は直径15〜30センチほどで中心には4つの生殖腺があり、細く短い触手が一列に無数に並んでいます。

半透明の大きな頭と背景のカラフルな映像が作り出す光景はまるでファンタジーの世界。

ゆっくりと変化する景色はただ見ているだけで癒されます。

 (65208)

次は8つのU字型の水槽が並んでいるクラゲエリア。

鮮やかな写真と8種類の様々なクラゲが展示されています。

 (65209)

中でも一番人気のクラゲは「ブルージェリーフィッシュ」。

ころんとしたかわいい形と、きれいな色が特徴。

体の色は、青色、茶色、白色の3色で、「ブルージェリーフィッシュ」の他に、「カラージェリーフィッシュ」とも呼ばれています。

また、すみだ水族館では美しい展示意外にも「癒される秘密」があるんです。

それは、各エリアで感じる音楽とアロマの香り。

幻想的な音とオレンジやユーカリなどがブレンドされたリラックスできる香りを五感で感じて、水の中の神秘的な世界に自然と引き込まれてしまいます。

いかでしょうか?
人気の蜷川実花×クラゲのコラボレーションをぜひ現地で体感してみてください!

★すみだ水族館についてもっとくわしく…

ペンギンやチンアナゴが人気!都心のオアシス『すみだ水族館』を徹底攻略 - アソビバ

ペンギンやチンアナゴが人気!都心のオアシス『すみだ水族館』を徹底攻略 - アソビバ

東京都墨田区押上の東京スカイツリータウン内にある「すみだ水族館」。2012年5月22日にオープンし新しい下町として様々な店舗が賑わっています。

すみだ水族館の「蜷川実花×クラゲ」は色鮮やかで幻想的な美しい世界!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集