モダンな雰囲気の『さがみ湖温泉うるり』へ夏の疲れを癒しに

243view
モダンな雰囲気の『さがみ湖温泉うるり』へ夏の疲れを癒しに

仕事終わりの夕方から、8歳の娘と『さがみ湖温泉うるり』におでかけしてきました。高速インターからも近く、夏休みのトップシーズンは道路が混みますが、お盆過ぎの夕方だったので道路も温泉も空いていました。娘の足の筋肉痛や肌のかさつきなどが、夏の疲れとともに和らげばいいなぁ。

  • 使ったお金:5,000円
  • 遊んだ時間:17:00~19:30 計2.5時間
  • 子供の年齢:8歳(おんなのこ)

2016年9月更新

さがみ湖温泉うるりにやって来ました! 初めての訪問でウキウキ

さがみ湖温泉うるりにやって来ました

さがみ湖温泉うるりにやって来ました

自宅から近いですが、実は今回が初めての訪問です。電車だと相模湖駅からバスで行けますが、車で入る場合はプレジャーフォレストの駐車場ゲートを通ります。

先払いで駐車料金1000円かかりますが、さがみ湖温泉うるりを利用される方は返金されるので、お風呂から帰る時間まで領収書はなくさないように注意が必要です。

プレジャーフォレスト利用のお客様と同じ駐車場なので、行楽シーズンは温泉から停める場所が遠くなってしまうこともあると思います。

1日プレジャーフォレストで遊んでからさがみ湖温泉うるりはに行ってくつろぐのもいいですね。

いよいよ入館。景色にビックリ!よく見てみて! 何かある?

景色にビックリ!よく見てみて!

景色にビックリ!よく見てみて!

入館時は、人数を伝えるとタオルと番号のゴムバンドをもらいました。支払いは全て最後のようです。

入館して早々に館内から見える和風な中庭らしき景色。「きれいだね」と言いながら話をしていると娘が何かを発見! 

よく見てみると、ところどころに小鬼やカエルの人形が! 「あそこにいるよ。ここにもいるよ」とぜひ素通りせずに探して見て下さい。楽しめますよ。

また歩いていて思ったのが、思っていたよりも大浴場まで歩く距離がありましたが、ゲームコーナーがあったりマッサージスペースがあったり、と目移りしました。

館内は落ち着く色合いの作りと共にモダンな雰囲気です。

走らない、さわがないなどの注意喚起が貼り出されていましたが、子どもと行くときは他のお客様に迷惑がかからないよう要注意ですね。

温泉に入った後は、やっぱりドリンクが楽しみ!水分補給は必要です。

水分補給は必要です

水分補給は必要です

温泉はぬるめの高濃度炭酸湯やジェットバス、塩サウナ、高温サウナ、露天風呂では寝ころんで浸かれるスペースや休める椅子、ベッドが置かれていました。

赤ちゃん連れの方もいましたが、オムツの取れていない赤ちゃんなどのためにベビーバスが複数用意されています。

ただ、一緒に大浴場のお風呂に浸かるのはダメみたいです。また、10歳以上の異性の子どもさんとの混浴もNGですので、同性の保護者の方が付き添ってあげて下さいね。

浴室に冷水機も設置されていましたが、お風呂の後はやっぱりドリンク。

最初の受付で渡されたバーコード付き番号で自販機も精算する仕組みだったので、手首に常につけておくことをおすすめします。紛失すると2,000円の負担となるのでご注意!

子どもの「お腹すいたぁ」が始まった! 何か食べられるメニューがあるかな?

 (5246)

館内にはレストランもあります。

お風呂に入ってすっかり腹ペコになってしまった娘。お食事処も注文する際に手首につけておいたバーコードをピッとしてもらいます。

できあがるとブザーが鳴り、取りに行くというセルフサービス形式です。お水やおしぼりなども設置されていたので自分で用意させることに。

娘はカツカレーを注文しましたが、メニューに甘口に変えられますと記入されていたので変えてもらうことにしました。

椅子席だけでなくお座敷やテラス席もあります。タバコを吸われる方はテラス席なら大丈夫です。

外の景色が見える室内の椅子席にしましたが、ちょうど段々と外も暗くなり始め、6時半前には外がライトアップされたので嬉しい驚きでした。

今度家族全員で来るときには、外のテラス席か室内のお座敷を利用してみようと思いました。

アソビバママが見た『さがみ湖温泉うるり』のココがポイント!

『さがみ湖温泉うるり』のココがポイント

『さがみ湖温泉うるり』のココがポイント

プレジャーフォレストは、富士急ハイランド系列の遊園地、プールがあり、キャンプやバーベキューなども楽しめます。

またプレジャーフォレストは冬のクリスマスシーズンだけでなく、イルミネーションを行っている季節があります。

夜まで滞在される方はぜひホームページでイルミネーションの時期の確認をして、イルミネーションを楽しんでから温泉に入るのもいいですね。

プレジャーフォレストとのセット割引などもあるようなので、ぜひ確認してから行って下さい。

今回残念ながら悪天候だったので行きませんでしたが、我が家も次回は遊園地を楽しんでから温泉に入る予定です。

我が家はタオルやシャンプーなども持参しましたが、温泉でも用意されているので、特に持って行かなくても大丈夫かと思います。

文/ひまわり

『さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト』徹底攻略。遊んで食べて泊まってよしの複合レジャー施設! - アソビバ

『さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト』徹底攻略。遊んで食べて泊まってよしの複合レジャー施設! - アソビバ

『さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト』をもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめ!

モダンな雰囲気の『さがみ湖温泉うるり』へ夏の疲れを癒しに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集