秩父で紅葉狩りができるスポット25選!お子さんと楽しもう!

81view
秩父で紅葉狩りができるスポット25選!お子さんと楽しもう!

今年の紅葉狩りはどこに行こうかと迷っている方は、これからご紹介するスポットをぜひ参考にしてください。これからご紹介する紅葉狩りのほとんどは体験型です。作られた紅葉よりも自然の紅葉を中心にまとめてみました。中には元気いっぱいのお子さんでないと行けない場所も含まれていますが、年齢や体力に応じて行き先を決めていただけるとうれしいです。短い秋の思い出を逃さないように計画は早めに立てましょう。

秩父ミューズパーク

ゆったりのんびり紅葉シーズンを満喫したいなら秩父ミューズパークがおすすめです。
お車を利用される方には800台分の駐車場が備えられています。
電車をご利用の方は秩父駅から秩父循環バス「ぐるりん号」に乗車すると20分ほどで到着できます。

 (55529)

秩父ミューズパーク内にある圧巻の紅葉スポットは、約3kmにおよぶイチョウ並木です。
背の高い500本のイチョウが一斉に黄色く色づくさまは見る者すべてを魅了するほどの美しさです。
並木道の道幅が広いのも特徴で、お子さんが駆け回っても気にならないほどのスペースがあります。

その昔、「紅葉」を「黄葉」と書いていた時代がありましたが秩父ミューズパークは現代でも「黄葉」という文字がぴったりです。
例年、11月に入ると並木道が黄金色に輝きます。広い園内を走るスカイトレインやレンタサイクルに乗って黄葉を楽しむ人も多く、小さなお子さんから大人の方までゆっくりとできる素敵な場所です。

また、イチョウ並木の脇に冬桜が咲きます。
タイミングが合えば小ぶりでかわいい桜を見られるかもしれません。
イチョウの葉っぱが散り始めると辺り一面が黄色のじゅうたんに生まれ変わります。
大変美しく一見の価値ありなのですが、天候によって滑りやすいときがありますのでお子さんが走り回る際には注意してください。

名称:秩父ミューズパーク
住所:埼玉県秩父郡 小鹿野町長留2518

アクセス:
◆車を利用する場合
・関越自動車道花園ICから国道140号を秩父方面へ約34㎞、約50分

・飯能から国道299号を秩父方面へ約40㎞、約60分

◆電車・バスを利用する場合
・秩父鉄道秩父駅または西武秩父線西武秩父駅下車して秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」乗車(約20分)

営業時間:9時~17時(施設ごとに異なります)

料金:各施設により異なります。

開催時期:10月下旬~11月上旬

公式サイトURL:http://www.muse-park.com/

秩父さくら湖(浦山ダム)

埼玉県秩父市にある秩父さくら湖は秩父市役所から車で20分の場所にあるダム湖です。
春はお花見、秋は紅葉の名所として地元の方に愛されています。
例年11月上旬から中旬に紅葉の見ごろを迎え、散策をしながら紅葉狩りをしている人の姿をよく見かけます。

 (55530)

秩父さくら湖は高さが153mもあるダイナミックなダムです。

広大なダム湖の周りには秩父の山が連なり、晩秋には鮮やかな赤や緑、黄色で山肌が埋め尽くされます。
湖面に映り込む山の紅葉は圧巻で、毎年たくさんのカメラマンが撮影に訪れています。

紅葉の時期と同時にワカサギ釣りが解禁され、湖畔で釣りを楽しむ親子連れも多く見かけます。また、ダムの内部を自由に見学できる資料館があります。なかなか見ることのできない場所ですので見学するお子さんたちは興味津々です。

また、周辺には直立した岩壁が特徴的な石龍山橋立堂があり、例年11月上旬から中旬には境内のモミジがあでやかに色づきます。
そびえ立つ一枚岩の中には全長約200メートルの橋立鍾乳(しょうにゅう)洞があります。
大変珍しい鍾乳洞ですので、紅葉の思い出に加えてみてはいかがでしょうか。

名称:秩父さくら湖(浦山ダム)
住所:埼玉県秩父市荒川久那

アクセス:
◆車を利用する場合
・秩父市役所から 国道140号、県道73号経由 約20分

営業時間:9時~17時

料金:無料

開催時期:11月上旬~11月中旬

公式サイトURL:http://www.water.go.jp/kanto/arakawa/urayama/kengaku.html

中津峡 

中津峡 は秩父市中津川にある全国でも人気の紅葉スポットです。
アクセス方法は電車とバスを利用する場合、三峰口駅から中津川線のバスを利用し、中双里停留所で下車します。
例年11月初旬ごろの紅葉が美しいといわれています。

 (55531)

およそ10kmにわたる中津峡は、高さ100mもある断崖絶壁や奇岩に圧倒される渓谷で有名です。

秋になると自生する木々が鮮やかに紅葉し、厳しい季節を迎える前の渓谷をあでやかに彩ります。
持桶トンネルの手前にある持桶女郎モミジの赤は特に鮮烈で、多くの人を魅了します。
奥秩父を代表する紅葉スポットにふさわしく、「紅葉と言えば中津峡」「毎年行こうと思える場所」という声を多く聞きます。

相原橋にある臨時テントでは名物の「しし汁」や「中津いも」でおなかを満たすことができます。

中津峡の県道はカーブが多く、駐車スペースは少なめです。
県道をハイキングしながら紅葉狩りをする方も多くいらっしゃいますので、お車の方は十分に注意して通行してください。

中津峡は、元気いっぱいのお子さんの好奇心を存分に刺激するおすすめの紅葉スポットです。

名称:中津峡
住所:秩父市中津川

アクセス:
◆電車とバスを利用する場合
三峰口駅-バス中津川線・中双里停留所下車 約45分

開催時期:10月下旬~11月上旬

公式サイトURL:http://www.chichibuji.gr.jp/?p=7547

埼玉県立自然の博物館 

秩父郡長瀞町にある埼玉県立自然の博物館の秋はとてもあでやかな紅葉が登場し、多くの人目を引いています。
秩父鉄道上長瀞駅から徒歩5分というアクセスに便利な場所で、お子さんと一緒に気軽に楽しめるスポットとして人気です。

 (55551)

埼玉県立自然の博物館 の敷地内には多種多様なカエデが70本以上植えられています。

紅葉の時期に合わせ、例年夕方17時~夜21時までライトアップが行われています。
博物館の閉館後、そのままライトアップを待って紅葉狩りを楽しまれる方も多く、地元の方にとても愛されているスポットです。

ライトアップの観覧は無料ですが、博物館駐車場が16時半に閉まりますので車利用の方は博物館隣の有料駐車場や長瀞町の臨時駐車場を利用してください。

また、博物館の木々が色づき始めるころになると博物館の学芸員さんがカエデにまつわる色々なお話をしてくださいます。
カエデトークは例年博物館の開館時間中に行われています。

博物館は中学生以下のお子さんは無料です。
館内には化石や岩石、動物、植物など多くの展示物があります。
迫力満点・見どころ満載の博物館にぜひ一度足を運んでみてください。

名称:埼玉県立自然の博物館 
住所:秩父郡長瀞町大字長瀞1417−1

アクセス:
◆電車を利用する場合
秩父鉄道上長瀞駅から徒歩で5分

営業時間:9時~16時30分(入館は16時まで)月曜日休館

料金:一般 200円、高校・大学生 100円、中学生以下 無料

開催時期:11月中旬~下旬

公式サイトURL:http://www.shizen.spec.ed.jp/

秩父華厳の滝

秩父郡皆野町上日野沢にある秩父華厳の滝は、皆野駅からバスに20分ほど揺られた秩父華厳前というバス停から歩いて10分ほどの場所に位置します。
こじんまりとしたスポットですが、昔から地元の方に愛されている美しい滝です。

 (55574)

秩父華厳の滝は、その美しい姿が日光の華厳の滝とよく似ていることからそう呼ばれるようになったといわれています。
滝の大きさは小ぶりですが、周り紅葉する木々が滝を包み込む姿は大変美しく、まるで錦絵を見ているかのようです。

駐車場(無料)から滝までは近く、歩いて滝のそばまで行くことができます。
紅葉狩りをしたいけど人混みは苦手という方や、お子さんが小さくて行き先に迷われている親御さんにもおすすめのスポットです。

また、秩父華厳の滝の入り口にある小さな茶屋では、うどんやソフトジェラートを食べることができます。
ゆっくりと紅葉狩りを楽しめる場所ですが、滝が近いので足元がぬれている可能性があります。
滑りにくい靴や防水対策をしておでかけしてください。

名称:秩父華厳の滝
住所:秩父郡皆野町上日野沢

アクセス:
◆バスを利用する場合
秩父鉄道皆野駅からバスで町営バス日野沢線「秩父華厳前」下車 約20分、秩父華厳前バス停から徒歩で約10分

料金:無料

開催時期:11月中旬~11月下旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/detail/11362ab2040005516

月の石もみじ公園

秩父を代表する紅葉スポットである月の石もみじ公園は埼玉県立自然の博物館のすぐそばにあります。
上長瀞駅から徒歩3分の好立地にあり、紅葉シーズンにはとてもたくさんの見物客が訪れます。
例年の見ごろは11月中旬~11月下旬です。

 (55533)

長瀞の紅葉といえば月の石もみじ公園です。
例年開催される「長瀞紅葉まつり」のメイン会場になっているため、毎年大変多くの方が紅葉狩りを楽しむ場所です。

園内にはモミジを中心とする木々が多く植えられており、燃えるような赤や目が覚めるような黄色、温かい色合いのオレンジなど、数多くの秋色が見物客の目をいやしてくれます。

例年11月上旬から11月下旬にかけて紅葉のライトアップが行われ、さまざまなイベントも催されます。

紅葉期間中は大変混雑します。駐車場が満車になることも多々ありますので、お出かけの際は電車のご利用をおすすめします。

見物客が多いのは大変素晴らしい紅葉が待っているあかしです。ぜひ、お子さんに美しい紅葉が広がる景色を見せてあげてください。

名称:月の石もみじ公園
住所:秩父郡長瀞町長瀞

アクセス:
◆電車を利用する場合
・秩父鉄道「上長瀞駅」下車 徒歩約3分
・秩父鉄道 長瀞駅下車 徒歩約15分

営業時間:常時開放  年中無休

料金:無料

開催時期:11月中旬から11月下旬

公式サイトURL:http://www.pref.saitama.lg.jp/chokotabi-saitama/spot/sp841.html

滝川渓谷

秩父駅からバスを乗り継ぎ50分ほど進み、10分ほど歩いた先に滝川渓谷があります。
例年11月中旬に紅葉の見ごろを迎える滝川渓谷はハイキングが好きなご家族にとてもおすすめのスポットです。
感動の紅葉が待ち受けています。

 (55578)

滝川渓谷は国道140号線の雁坂トンネル手前の渓谷です。

深い谷と、そのそばに切り立つ崖や荒々しい岩などが渓谷の造形美を醸し出し、晩秋に現れる紅葉がその美しさにあでやかさを加えます。
滝川渓谷は阿武隈の秘境とも呼ばれており、全長3kmの散策路にはたくさんの美しい滝や巨岩、天然の老木などがあります。

また、高低差が約300mという地形ですので、元気いっぱいのお子さんは大自然の紅葉を満喫しながら楽しくハイキングできる場所です。
散策路には案内板が充実しているのもうれしいポイントで、滝を望む展望台も整備されています。

滝川渓谷を登りきった先に「滝川の里」という休憩所があります。人気の十割そばは、ほっとするおいしさです。
国道140号線沿いは紅葉する木々がたくさんありますので、紅葉狩りドライブも堪能できます。

名称:滝川渓谷
住所:秩父市大滝

アクセス:
◆バスを利用する場合
・秩父鉄道三峰口駅から西武観光バスで秩父湖行き、約30分 バス停秩父湖からバスで川又行き、約20分 徒歩10分

料金:無料

開催時期:11月中旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/112071/detail/11367ab2040005517

清泰山 西善寺

清泰山西善寺は秩父郡横瀬町にある歴史あるお寺です。
境内には埼玉県指定天然記念物のコミネモミジが見事な枝ぶりを成し、毎年たくさんの見物客を魅了しています。
西武秩父線横瀬駅から徒歩で25分ほど歩いた場所に位置します。

 (55579)

西善寺のコミネモミジ(カエデ)は樹齢600年といわれています。
傘周りが56.3メートル もある巨木で、紅葉の時期にはまさに圧巻です。幹回りは4メートル近くあり、高さ7メートルを超える姿は予想以上の迫力です。

モミジの全景をバックにお子さんの写真撮影をされている姿を多く見かけますが、巨木を収めるのに試行錯誤されているほほえましい場面もよく見かけます。

西善寺の紅葉観賞のあとには小松沢レジャー農園がおすすめです。
果物・野菜狩りや手打ちそば・ピザ焼き体験、マス釣りが楽しめるほか、農園の裏山に植栽されたモミジの紅葉を見ることができます。

バーベキューやキノコ鍋などの食事メニューも充実していますので、1日中ご家族で秋を満喫できるスポットです。体験については予約が必要な場合もございますので、下調べをしてからおでかけください。

名称:清泰山 西善寺
住所:秩父郡横瀬町横瀬598

アクセス:
西武秩父線 横瀬駅下車 徒歩20~30分

営業時間:
紅葉拝観時間9:00~16:00
札所参拝時間8:00~17:00(本堂正面は16:30)

料金:
紅葉シーズンにはコミネモミジ(カエデ)・境内維持管理のため、札所参り・御朱印以外の方は拝観料100円、撮影目的の方は200円を任意にて。

開催時期:例年11月中旬~12月初旬

公式サイトURL:http://www.saizen.or.jp/

東郷公園 秩父御嶽神社

埼玉県飯能市にある東郷公園は秩父御嶽山にある公園です。
西武鉄道吾野駅から徒歩で約25分の場所にある公園内にはモミジがたくさん植えられていて、例年「もみじまつり」が開催されます。駐車場可能台数は約100台分です。

 (55534)

埼玉県の紅葉の名所として有名な東郷公園には、毎年たくさんの家族連れが足を運びます。
晩秋になると御嶽山全体が色とりどりの紅葉で彩られ、散策する人たちを魅了します。

中でも東郷公園の紅葉はため息が出るほど美しく、思わず時がたつのも忘れて見入ってしまうほどです。
その理由は園内に植えられている約1000本のモミジやカエデです。
所狭しと植えられているモミジの葉っぱが赤く色づき始めますと、園内は一気に燃えるような赤に染まります。

例年11月中旬以降に「もみじまつり」が開催され、紅葉のライトアップが楽しめます。

東郷公園の近くには、森を探検しながらお子さんの創造性をはぐくむ施設「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」や日帰り温泉を楽しめる施設もあります。
家族で秋の充実した1日を過ごすのにおすすめのエリアです。

名称:東郷公園 秩父御嶽神社
住所:飯能市大字坂石580

アクセス:
◆車を利用する場合
・圏央道狭山日高ICから車で45分 飯能市街地方面、国道299号経由

◆電車を利用する場合
・西武池袋線吾野駅から徒歩で20分

料金:もみじまつり期間中のみ大人(20歳以上) 100円

公式サイトURL:http://www.togo-koen.jp/

大血川渓谷 

秩父市にある大血川渓谷 は圧巻の紅葉を見上げながら紅葉狩りができると評判の紅葉スポットです。
秩父鉄道三峰口駅から西武観光バスに乗り、「大陽寺入口」バス停で下車したあと10分ほど歩くと人の手が入っていない美しい紅葉が待ち受けています。

 (55535)

大血川渓谷は元気いっぱいのお子さんや釣り好きのお子さんをお持ちのご家庭におすすめのスポットです。

渓谷は谷底にあたるため、山々の紅葉を下から見上げながら紅葉狩りをすることができます。
風景が変わるポイントが大陽寺の手前で、山の中腹から見渡す周辺の山々の姿は大変すがすがしいです。

三峯神社へ抜ける道中の景色が大変素晴らしいほか、金蔵落しの展望所から眺める渓谷もとても美しく、なかなか見ることのできない景色に感動を覚えます。

また、大血川渓谷はヤマメ・イワナの釣り場としても有名です。
例年3月~11月までの営業期間中には釣り好きの親子がたくさん訪れ、釣った魚をその場で焼いて食べる姿を多く見かけます。

周辺には温泉を堪能できて食事も楽しめる「道の駅大滝温泉」があり、渓谷散策の疲れをいやして帰る方もいらっしゃいます。

名称:大血川渓谷 
住所:秩父市大滝

アクセス:
◆電車とバスを利用する場合
秩父鉄道 三峰口駅下車、西武観光バス乗車、「大陽寺入口」バス停下車、徒歩10分~120分

開催時期:11月上旬~11月中旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/112071/detail/11367ab2040005857

入川渓谷

入川渓谷は秩父市大滝にある入川支流の沢です。
荒川の源流で水量は多く、大きな岩と入り組んだ地形が四季折々の美しい表情を見せてくれます。

三峰口駅から西武観光バスを乗り継いで50分ほど進み、川又駅で下車します。
そこから徒歩20分の場所にある入川渓谷は大自然の宝庫で、うっとりするほど美しい紅葉が魅力のスポットです。

 (55536)

秋の入川渓谷の魅力は、大自然に映える紅葉の美しさです。

手付かずの自然が織り成す姿が大変美しく、日差しや風の強弱によっていろんな表情を見せてくれます。

また、大自然の中で渓流釣りが楽しめるスポットとしても人気が高く、ニジマス釣りやイワナ釣りを堪能できます。
さらに、釣った魚を炭火で焼いて食べることができ、好奇心が盛んなお子さんの体験型スポットとしてもおすすめです。

お手洗いは渓谷の入り口とキャンプ場前の公衆トイレを利用できます。
入川渓谷は大学が所有する研究林です。天候によっては土砂崩れや倒木がありますので無理のない計画をお願いいたします。

散策には歩きやすい靴と水分、食料のほか携帯トイレの持参をおすすめいたします。

名称:入川渓谷
住所:秩父市大滝(入川支流の沢)

アクセス:
◆電車とバスを利用する場合
・秩父鉄道 三峰口駅下車、西武観光バス乗車 約30分 秩父湖バス停下車、川又行きに乗換 約20分 川又駅下車、徒歩20分

開催時期:11月上旬~11月中旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/112071/detail/11367ab2040006178

道の駅 和紙の里ひがしちちぶ

道の駅 和紙の里ひがしちちぶは埼玉県唯一の村である秩父郡東秩父村にあります。
お車をご利用の方は関越自動車道 嵐山小川ICから車で約15分、花園ICから約20分で到着します。
施設内の庭園から望む紅葉は11月下旬~12月上旬が見ごろです。

 (55539)

道の駅 和紙の里ひがしちちぶは休憩スポットとしてはもちろん、さまざまな体験ができる施設です。

手漉(てす)き和紙づくり体験は、無地のものが280円で、模様や草花を入れることもできます(700~900円)。

また、そば打ちやうどん打ちの体験コーナーもあり、打ち立てをゆでて食べることができます。
食事処(どころ)と別にフードコートも常設されていて、おやきやイワナの塩焼きといった村の味を満喫できる品ぞろえになっています。

敷地内にはかやぶき屋根の紙漉(かみす)き家屋があります。
晩秋になるとかやぶき屋根の向こうに紅葉が現れ、その里風景はたくさんの見物客の心を和ませています。

周辺にはヤギ、羊、ウサギと触れ合える「彩の国ふれあい牧場」があります。
3月~11月の土日祝日には1日3回(先着順)アイスやバターづくりの体験コーナーもあります。

東秩父村はお子さんにたくさんの体験をさせてあげることのできる素敵なエリアです。

名称:道の駅 和紙の里ひがしちちぶ
住所:秩父郡東秩父村大字御堂441

アクセス:◆
・関越自動車道 嵐山小川ICより 約15分

・関越自動車道 花園ICより 約20分

◆電車とバスを利用する場合
・東武東上線 小川町駅よりイーグルバス 白石車庫・和紙の里行き 約15分、下車後 徒歩3分

・東武東上線 寄居駅よりイーグルバス 和紙の里行き 約15分 下車後 徒歩3分

営業時間:施設により異なります

開催時期:11月下旬~12月上旬

公式サイトURL:http://www.higashichichibu.jp/hosokawashi/washinosato

長瀞岩畳

長瀞岩畳といえば紅葉の名所として有名です。
秩父郡長瀞町に位置し、毎年たくさんの見物客が訪れます。

電車利用の方でもアクセスが良く、秩父鉄道長瀞駅から徒歩1分で到着します。
紅葉シーズンは渋滞が起こりやすいので電車利用で気軽に紅葉狩りができるのも魅力の一つとなっています。

 (55540)

長瀞の岩畳は畳を一面に敷きつめた段が広がる珍しい形を成しています。

通年、岩畳や奇石を眺めながらの舟下りが有名で、季節を問わずたくさんの観光客が訪れます。
中でも峡谷の樹木が色づき始める秋は人気が高く、川面(かわも)に映り込む紅葉や岩壁に点在するあでやかな赤や黄色の紅葉が絶妙なコントラストを醸し出す姿に多くの人が魅了されています。

川沿いのルートをゆっくり散策することもできますので、小さなお子さん連れの方も長瀞岩畳の紅葉を満喫していただけます。
歩きにくい場所や滑りやすい場所がありますので、お出かけの際は滑りにくく履きなれた靴をおすすめします。
また、岩畳には段差がございますのでお子さんの転倒には十分お気をつけください。

名称:長瀞岩畳
住所:秩父郡長瀞町大字長瀞

アクセス:
◆電車を利用する場合
・秩父鉄道長瀞駅から徒歩で1分

開催時期:11月初旬~11月下旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/detail/11363ab2040006207

彩の国ふれあいの森 こまどり荘 

秩父市中津川にある彩の国ふれあいの森 こまどり荘 は、4月~11月まで利用できる施設で、釣りや散策、バーベキューなどを楽しめます。
また、近隣登山の活動拠点や紅葉狩りを思い切り堪能するために利用される方も多く、自然と戯れたい方が自然と集う施設です。

 (55582)

こまどり荘は「彩の国ふれあいの森」の中にある施設です。

大自然の中でいろいろな体験ができるように整備されたこまどり荘は宿泊棟やコテージのほか、バーベキューを楽しめる設備もあります。

また、ご宿泊以外の方でもご利用いただける日帰り入浴も人気で、紅葉散策の疲れをいやしてお帰りになる方もいらっしゃいます。
お風呂は内湯のみで4月~11月の土日祝日のみ営業です。
ご利用時間 11時~16時(15時半受付終了)で料金は大人(中学生以上)600円、小人 300円、幼児 150円となっています。

宿泊施設は本館とコテージがあり、それぞれの窓からはあでやかな紅葉が見られます。
また、大自然の中で紅葉を満喫しながらのバーベキューもおすすめです。
一通りの食材セットを頼むとバーベキュー棟の使用料が不要になり、気軽に、気楽に秋のひとときを満喫することができます。

名称:彩の国ふれあいの森 こまどり荘 
住所:秩父市中津川447

アクセス:
◆車を利用する場合
・関越自動車道花園ICより国道140号利用約70km

・山梨県甲府より国道140号利用 甲府昭和IC~雁坂トンネル出口50km

◆電車とバスを利用する場合
・秩父鉄道 三峰口駅より西武観光バス 中津川バス停 下車徒歩1分

営業時間:施設により異なります

料金:施設により異なります

開催時期:10月下旬~11月上旬

公式サイトURL:http://www.komadorisou.jp/shisetsu/

三峰山・三峯神社・秩父湖 

三峰山・三峯神社・秩父湖 は秩父でも有名な紅葉スポットです。
例年の見ごろは10月下旬~11月上旬で、シーズンの到来に合わせてたくさんの見物客が訪れます。
中でも三峯神社は人気で、四季を通じて参拝客が多い神社です。

 (55541)

三峰山にある三峯神社の晩秋は紅葉のライトアップが行われ、幻想的な紅葉を楽しめる人気のスポットです。

ライトアップは紅葉に合わせて開催され、さまざまなイベントも予定されています。

また、「ろうそくの明かりだけでゆったりとした時間を過ごし、日々の生活を見直す」という趣旨で行われる「祈りの灯火(ともしび)」というイベントも開催されています。
たくさんの方が自作したろうそくが一斉にともり、神社周辺を照らす光景はとても神秘的です。

秩父湖(二瀬ダム)には湖岸遊歩道が整備されています。トイレと駐車場がありますので、お子さん連れでものんびりと紅葉散策ができます。

三峰山の山肌が大自然の秋色に染まる景観は大変美しく、ドライブやハイキングにおすすめです。

名称:三峰山・三峯神社・秩父湖 
住所:秩父市三峰

開催時期:10月下旬〜11月中旬

公式サイトURL:http://www.mitsuminejinja.or.jp/

ウォーターパーク・シラヤマ

お子さんをのびのびと遊ばせながら紅葉を楽しむならウォーターパーク・シラヤマがおすすめです。
秩父郡横瀬町にあるこの公園は西武秩父線「横瀬駅」から歩いて10分ほどの場所に位置します。
約30台停(と)められる駐車場もあります。

 (55584)

横瀬川沿いの豊かな自然に囲まれた公園です。

小さなお子さん連れでも十分に楽しめる整備された公園で、トイレや東屋(あずまや)、遊具があります。
お子さんの興味をそそる「ミニボルダリング」やロープのジャングルジムがあったり、ミステリアスな「腕のばしテスト器」があったりして話題に事欠きません。

ほかにもブランコや滑り台、多機能型の遊具が備えられています。

ゆったりとした河原があり、山肌を鮮やかに彩る紅葉を見ながらバーベキューやピクニックを楽しむことができます。
週末には多くの家族連れがゆっくりと過ごす姿を多く見かけます。

周辺には日帰り入浴が可能な温泉も点在しています。
家族でのんびりとした秋の思い出づくりに、ぜひ一度足を運んでみてください。

名称:ウォーターパーク・シラヤマ
住所:秩父郡横瀬町大字横瀬2042-1

アクセス:
◆電車を利用する場合
・西武秩父線 横瀬駅下車後 徒歩約10分

料金:無料

公式サイトURL:http://www.yokoze.org/shisetsu/waterpark_shirayama/

あしがくぼ 山の花道

あしがくぼ山の花道は秩父郡横瀬町にある自然豊かな公園です。
秋になると山の木々が赤や黄色に紅葉し、爽やかな風を感じながら紅葉狩りを楽しむ姿を多く見かけます。
芦ヶ久保駅から60分ほど歩いた場所に位置するスポットです。

 (55585)

あしがくぼ山の花道は標高633mの日向山山頂付近にある公園です。
1.5kmほどある遊歩道にはたくさんの樹木や植物が自生しています。

横瀬町ブコーさん観光案内所で地図を用意してくださっていますので、初めて足を運ぶ方は案内所に立ち寄ってからハイキングを楽しんでください。

秋を感じる紅葉はハイキングコースの随所に見ることができますが、中でも山の花道から日向山(ひなたやま)に向かう道の紅葉は格別で、散策の足を止めて見入る人を多く見かけます。

自生地の保護に重点を置いた場所になりますので滑りやすい箇所が多いです。また、遊歩道には倒木があったり、崩壊している箇所があったりします。お出かけの際、靴や服装にはお気をつけください。

立ち入り禁止区域の場所もありますので、ルールを守って安全に散策をお楽しみください。
お子さんとしっかり手をつないで、記憶に残る思い出づくりにおすすめのスポットです。

名称:あしがくぼ 山の花道
住所:秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保404-1

アクセス:
◆電車を利用する場合
・芦ヶ久保駅 下車 徒歩約60分

料金:無料

公式サイトURL:http://www.yokoze.org/shisetsu/ashigakubo_yamanohanamichi/

長瀞ライン下り

長瀞ライン下りは営業期間を通じて人気のある観光スポットです。
秩父鉄道長瀞駅のすぐそばにあり、乗船コースが複数準備されています。
紅葉期間中は混雑が予想されますので、なるべく公共の乗り物を利用されることをおすすめします。

 (55586)

長瀞ライン下りの営業期間は例年3月初旬から12月初旬です。

受付時間は9時~16時までですが、混雑時は早い時間にすべての予約が埋まってしまうことがありますので、長瀞に到着後すぐの乗船予約をおすすめします。

乗船コースは全6kmを下るコースと、上流と下流の半分ずつに分けた各3kmのコースがあり、それぞれが迫力ある岩肌と美しい紅葉を見ることができます。
乗船される方の安全確保のために、川の増水や渇水などにより運行を見合わせる場合があります。

また、救命胴衣の着用が必要です。
急流を下る際に川の水がかかる場合がありますのでカメラや携帯電話はバッグの中にしまうことをおすすめします。

和舟で川を下りながら紅葉狩りをする貴重な経験はお子さんの記憶に強く刻まれることでしょう。
秋の長瀞ライン下りに、ぜひ一度足を運んでみてください。

名称:長瀞ライン下り
住所:秩父郡長瀞町長瀞489

アクセス:
◆電車を利用する場合
・秩父鉄道「長瀞駅」下車すぐ

営業時間:9時~16時

料金:
A・Bコース/3k立方メートル0分 大人1,550円/子供750円
Cコース/6k立方メートル0分 大人2,990円/子供1,300円

公式サイトURL:http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

宝登山神社

秩父郡長瀞町にある宝登山(ほどさん)神社は長瀞駅から徒歩約10分の場所にある紅葉スポットです。
白い鳥居が特徴的な宝登山神社は通年にわたり参拝客が多く、地元の方だけでなく遠方の方にも愛されている神社です。

 (55542)

宝登山神社の本殿は目を見張るものがあります。
とても繊細な彫刻が施されているだけでなく、その色使いはまさに芸術的で見る者の心に残る建造物です。

本殿を神聖な山の樹木が取り囲むように立ち、晩秋には真紅や黄色に染まります。
紅葉シーズンには毎年たくさんの見物客が訪れ、長瀞紅葉まつりのライトアップスポットの1つになっています。
ライトに浮かび上がる白い鳥居と真紅に染まるモミジとの組み合わせは大変美しく、多くの人を魅了します。
ライトアップは例年17時~21時の間で行われていますので、ぜひ一度ご覧になってください。

また、宝登山のロープウェイからの景色と宝登山頂から眺める秩父の山々が紅葉するさまはとても素晴らしいものです。

宝登山神社・宝登山は小さなお子さん連れでも行きやすい紅葉スポットです。

名称:宝登山神社
住所:秩父郡長瀞町長瀞1828
アクセス:◆電車を利用する場合
・秩父鉄道 長瀞駅から徒歩約10分
開催時期:11月中旬~11月下旬
公式サイトURL:http://www.hodosan-jinja.or.jp/fumizukue/2005/08/463/

国神の大銀杏(おおいちょう)

国神の大銀杏は秩父郡皆野町にある枝ぶりが見事なイチョウの巨木です。
電車を利用される場合は秩父鉄道「皆野駅」から日野沢線の町営バスに乗り、国神局前バス停で下車後、徒歩10分ほどで到着です。
お車の方は関越自動車道 花園ICから秩父方面へ30分ほど進みます。

 (55587)

国神の大銀杏は高さが約23mあり、幹周りは約8mもある巨木です。
樹齢700年程度と推定されるこのイチョウの巨木は県の天然記念物に指定されています。

見事な枝ぶりが特徴的で、青々とした葉っぱが一気に黄色に変わる姿には地元住民の方も見とれるほどの美しさと迫力があります。

また、イチョウの木の下に一面に広がる黄色のじゅうたんはとてもボリュームがあり、ふわふわとした感触です。
よちよち歩きの小さなお子さんが、一歩一歩、秋色のじゅうたんの感触を確かめながら歩く姿をよく見かけるほか、たくさんの葉っぱを上に放り投げて遊んだり、夢中になって拾い集めたりするお子さんの姿もよく見かけます。

大イチョウの近くには駐車場がありませんので「長言寺」というお寺の駐車場に停(と)めてください。
そこから徒歩2分ほどで到着します。

国神の大銀杏は「紅葉」ならぬ「黄葉」を、ぜひ一度堪能してみてください。

名称:国神の大銀杏
住所:秩父郡皆野町国神577-2

アクセス:
◆電車を利用する場合
・秩父鉄道 皆野駅から町営バス日野沢線 国神局前バス停まで約5分 下車、徒歩約10分

◆車を利用する場合
・関越自動車道 花園IC 約30分、秩父方面へ

開催時期:11月中旬~11月下旬

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/113620/detail/11362ac2100131580

美の山公園

秩父市黒谷にある美の山公園は紅葉を楽しみながらハイキングができる素晴らしいスポットです。
関越自動車道「花園IC」から約40分の場所にある美の山公園は、国民休養地に指定された総合野外レクリエーション施設です。

 (55543)

美の山のハイキングコースはとてもよく整備されています。

毎年紅葉のシーズンが近づきますと、大勢の方が紅葉狩りハイキングに集い、面々に秋を満喫していらっしゃる姿をよく見かけます。
展望休憩所や展望台、東屋(あずまや)、ベンチなども園内各所に整備されており、車椅子対応のお手洗いも整備済みです。

標高586mの美の山山頂からは秩父連山や赤城、日光連山をも望むことができる絶景スポットで、近年は雲海が見られるスポットとして知られるようになりました。

単独峰の山頂にある公園のため、山の周囲をぐるりと見渡すことができる好環境が人気の秘密で、表情豊かな景色を楽しむことができます。

紅葉の時期は雲海の発生率が上がる時期でもあります。太陽が顔を見せる少し前から空の色が1秒ごとに変わり始め、太陽の光が雲海を染め上げていく景色はこの世のものとは思えないほどの美しさです。

雲海に浮かぶ紅葉の景色を見られる場所は全国でもそう多くありません。
今年は家族の心に生涯残る絶景観賞を計画してみませんか?

現地は外灯がありませんのでライト持参でお願いします。
また、気温が下がりますので防寒対策もしっかりとしておでかけください。

名称:美の山公園
住所:秩父市黒谷2372

アクセス:
◆車を利用する場合
・関越自動車道・花園ICより約40分

公式サイトURL:http://www.minano.gr.jp/minoyama/

丸神の滝

丸神の滝は「日本の滝百選」に選定された名瀑(めいばく)です。
秩父郡小鹿野町に位置し、秩父鉄道三峰駅からバスで50分ほど揺られた先にあります。
滝前バス停から30分ほど歩きますと、目を見張る素晴らしい滝のすぐそばに到着します。

 (55588)

丸神の滝は全長76mで3段に分かれています。
段をなす岩肌を水が落ちてくる姿は本当に美しく、赤や黄色に紅葉した木々が雄大な滝を包み込む景色はまさに錦絵です。

滝への登り口は東側(下流側)と西側(上流側)があります。
東側は駐車場が広めで、滝までは徒歩15分~20分ほどで到着します。

西側の駐車場から滝までは徒歩約30分で、途中に休憩所や展望台が設けられています。
西側からは滝の1段目と2段目を目の前に見ることができ、東側からは滝を下から見上げるような状態で見ることができます。

それぞれのルートで見せる表情が違いますので、時間に余裕がある方は両方のルートにチャレンジしてみてください。
東側、西側ともに急な坂道や悪路がありますのでトレッキングシューズや丈夫で歩きやすい靴があると心強いです。

また、大自然の中に入りますので念のために熊対策も行いましょう。
車で滝の駐車場に向かう道中は道幅がどんどん狭くなっていきますので、車の運転にはご注意ください。

トレッキングが大好きな家族におすすめの絶景紅葉スポットです。

名称:丸神の滝
住所:秩父郡小鹿野町両神小森(滝前)

アクセス:
◆電車とバスを利用する場合
・秩父鉄道三峰口駅からバスで47分 滝前から徒歩で30分

公式サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/detail/11366ab2040006370

秩父温泉 満願の湯(満願の滝)

秩父温泉満願の湯は秩父郡皆野町にある日帰り温泉施設です。
年中無休で営業時間は10時~夜21時までとなっています。
お車を利用される方は関越自動車道花園ICから国道140号で秩父方面へ約30分進んでください。

 (55589)

秩父温泉 満願の湯は露天風呂から紅葉の渓流と満願の滝を望めると人気です。

奥長瀞日野沢川の渓流沿いにある満願の湯は高いアルカリ性とまろやかなお湯で人々を魅了し、連日たくさんの方の疲れをいやしています。

施設内は清掃が行き届いていており、大変気持ちよく過ごせます。「食事がおいしかった」「最寄り駅への送迎をしてくれる」「湯加減が絶妙」「お店の方の対応がとてもいい」といった声が多く寄せられ、リピーターのお客さんも多くいらっしゃいます。

露天風呂につかりながら見る紅葉と渓流・満願の滝はとてもぜいたくな景色です。
ぜひ、お子さんにも見せてあげてください。

満願の湯のすぐそばに満願ビレッジオートキャンプ場があります。コテージとトレーラーハウスが常設されており、バーベキューも気軽に楽しめます。
受付棟の営業時間・電話対応時間は9時~17時です。
家族の素敵な思い出づくりに、ぜひご利用ください。

名称:秩父温泉 満願の湯(満願の滝)
住所:秩父郡皆野町大字下日野沢4000

アクセス:
◆車を利用する場合
・関越自動車道花園ICから140号で秩父方面へ約30分
 ※無料送迎あり

営業時間:10時~21時
公式サイトURL:http://www.chichibuonsen.co.jp/index.html

宝登山ロープウェイ

秋の宝登山ロープウェイは大人気です。
秩父郡長瀞町にある宝登山ロープウェイの運行時間は9時40分~17時位で、紅葉の時期はとても多くの人を乗せて運びます。
秩父鉄道 長瀞駅から徒歩20分の場所にあります。

 (55592)

宝登山ロープウェイは 山麓駅から山頂駅までの全長832mを結びます。

2台のゴンドラが交互に行き来を繰り返す方式をとっており、山麓から山頂までの所要時間は約5分です。
ロープウェイの定員は50名で車窓から見える紅葉を一目見ようと窓側から先に埋まっていくことが多くあります。

山頂駅から徒歩約7分の場所に宝登山小動物公園(通称 宝登山動物園)があり、入場料は大人420円、子供210円です。

猿園の真ん中に3mほどの通路が設けられていて、猿の様子を上から見下ろすといった少し変わった方法で観察できるため、お子さん方もくぎづけになっています。

ほかには羊やヤギ、うさぎなどの動物が飼育されており、直接えさを与えることもできます。

お子さんとゆっくりとした時間を過ごしたい家族におすすめのスポットです。

名称:宝登山ロープウェイ
住所:秩父郡長瀞町長瀞1766-1

アクセス:
◆電車を利用する場合
・秩父鉄道 長瀞駅下車徒歩20分

営業時間:運転時刻:9時40分~17時位(季節により異なります)

料金:
普通運賃(大人12歳以上、小人6歳以上)
大人:片道 480円、往復 820円
小人:片道 240円、往復 410円

公式サイトURL:http://hodosan-ropeway.co.jp/

二十三夜寺(医王寺)

二十三夜寺(医王寺)は秩父郡皆野町にあるお寺です。
晩秋になると境内の木々が紅葉し、地元の方の視線を独り占めします。
車をご利用の方は関越自動車道「花園IC」から秩父方面へ50分ほど車を走らせてください。 

 (55597)

二十三夜寺は自然豊かな山の中にあるお寺です。
紅葉の時期になると黄色や真紅に葉を染めた木々が、優しくお寺を包みます。

タイミングが合えば縁側でお茶をいただくことがあります。
お寺からの思いがけない心遣いを感じながら見上げる紅葉はさらに美しく映り、心に残るものです。

周辺には動物と触れ合える彩の国ふれあい牧場があります。
関東平野を一望できる場所にあるため、天気が良い日はとても気持ちがいいです。

また、満願ビレッジオートキャンプ場もおすすめです。
コテージやアメリカ製のトレーラーハウスが利用できるうえ、外でバーベキューが楽しめます。

すぐそばには日帰り温泉もありますので、家族の秋の思い出づくりに加えてみてはいかがですか?

名称:二十三夜寺(医王寺)
住所:秩父郡皆野町三沢1960

アクセス:
◆車を利用する場合
・花園ICから車で50分関越自動車道「花園IC」下車 秩父方面へ

公式サイトURL:http://nijusanyaji.com/

秋の秩父は自然の中に身を置いて、いろんな体験をしながら木々の彩りを感じることができる素敵なスポットがたくさんあります。見物客がたくさん集まる紅葉名所から大自然の中に飛び込んで紅葉狩りを楽しむ場所まで、たくさんご紹介しましたが、お子さんや家族の年齢や体力に合わせ、無理のない計画を立ててください。素敵な秋の思い出がお子さんの心に数多く残ることを心より願っています。素晴らしい紅葉の景観が皆さまを迎えてくれることでしょう。

秩父で紅葉狩りができるスポット25選!お子さんと楽しもう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ちコラム

お役立ちコラムカテゴリ

RANKINGお役立ちコラムランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集