お花見、イルミネーションも人気!『としまえん』季節のイベントをご紹介

18view
お花見、イルミネーションも人気!『としまえん』季節のイベントをご紹介

「としまえん」では年間を通じ、季節の風物詩が堪能できるイベントが開催されています。春の「桜まつり」、初夏の「あじさい祭り」、そして冬の「ウィンターイルミネーション」…見ているだけでも楽しい時間が過ごせます。「としまえん」季節の見どころ、夕方以降のお得な入園情報を一挙にご紹介します!

「桜まつり」は大人気のお花見イベント!

500本もの桜が咲き誇るとしまえんは、人気のお花見スポットでもあります。
例年3月25日前後~4月10前後の期間に開催される「桜まつり」には、様々なお楽しみがあります。

園内各所を埋めるのは、ソメイヨシノと八重桜。
満開時期のちがう2種類の桜が、長く目を楽しませてくれます。

アトラクションに乗りながら桜を見下ろしたり、花のあいだをジェットコースターで爽快に駆け抜けるのは、遊園地ならではのお花見体験です!

Photo credit: imnakashima via VisualHunt /  CC BY (53517)
via Photo credit: imnakashima via VisualHunt / CC BY

お花見宴会プランも!「夜桜ウィーク」

満開の桜の下、お座敷でバーベキューを楽しむ「お花見宴会プラン」も設けられます。
予約制ですので、お花見シーズンが近づいたらチェックしてみてください!

また「夜桜ウィーク」と銘打ち、日没後には20時まで桜がライトアップされます。
春がすみに浮かび上がる幻想的な園内を、ぜひ堪能してください。

宴会プランと合わせると、とても風流ですね…!
宴会席にはこたつがついているので、肌寒くなりがちな夜桜見物もぽかぽか安心です。

 (53518)

ナイトパスも販売!お花見期間のお得な入園料

夜桜ウィークの期間中、15時以降に入園する場合は入園料が大人・子供どちらも500円となります。
通常の入園料は大人1,000円・子供500円なので、とてもリーズナブルに入園できます。

また、15時以降の入園料とフリーパスがセットになった「サクラナイトパス」も販売されます。
種類は日中より少なくなりますが、夜間にも引き続き営業しているアトラクションならこのパスで乗り放題です!

ジェットコースターもOK!「ナイトパス」

ナイトパスは日中のフリーパスの半額以下で購入でき、とてもリーズナブルです。

【ナイトパス(入園料+のりものフリー)】
大人(中学生以上) 1,600円
子供(身長110cm以上) 1,300円

ジェットコースター「サイクロン」、高速でグルグル回りながら地上35mまで上昇する「イーグル」といったスリリングなアトラクションもバッチリ楽しめます。
アトラクションから夜桜を堪能したい人におすすめのパスです。

小さなキッズも満足!「キッズナイトパス」

付き添いのパパ・ママもリーズナブル価格なのが嬉しい「キッズナイトパス」。
夜間営業しているキッズ向けアトラクションが乗り放題となります。

【キッズナイトパス(入園料+機種限定のりものフリー)】
大人(付き添いのため/20歳以上) 1,100円
子供(身長110cm未満) 1,100円

メリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」など人気のアトラクションも多く夜まで営業しており、小さなお子さんも退屈しません。
お花見もしながらたっぷり遊びたいキッズ向けのパスです。

それぞれのパスの詳細は毎年発表されているので、公式サイトでご確認ください。
http://www.toshimaen.co.jp/index.html

桜とともにライトアップされた園内はとてもファンタジックです。
1日を遊び尽くすのもいいけれど、日が落ちてガラリと表情を変えた園内を遊ぶのもドキドキしますね!

 (53521)

壮観!10,000株の「あじさい祭り」

春の桜に続き、初夏にはあじさい祭りがやってきます。
園内に設けられたあじさい園のあじさいはなんと10,000株。
青々と茂ったあじさいの園、壮観です。

ポンポンのような丸いあじさい、はぜる線香花火のようなあじさいなど、さまざまな品種を見ることができます。
あじさいのガイドツアーや専門家のあじさい講座もあるので、一気にあじさいに詳しくなれそうです。

期間中はあじさい模様に衣替えする模型列車「あじさい号」も見逃せません!

 (53524)

あじさいは休園日にも楽しめる!

としまえんは原則として火曜・水曜日が定休日なのですが、あじさいを見たい方に朗報です!
あじさい祭りの期間中は、休園日にもあじさい園へ入ることができます。

休園日のあじさい園入園料は大人・子供共通の500円です。
乗り物よりもあじさい観賞がお目当てという方は、休園日を狙うとお得です。

ちなみにあじさい祭りの期間限定で開かれる「あじさい茶屋」は、休園日にも営業しています。
ここではそば・うどんやフライドポテトなどの軽食、あんみつなどのスイーツが食べられます。
あじさい散策の一休みにソフトクリームをペロリ、なんていうのもいいですね。

ちなみに、ペット連れであじさい園に入れるのはとしまえん営業日のみです。
ペットと一緒にあじさいの中を歩きたい!という方は休園日を避けて行きましょう。
いつもと違うお散歩に、ワンちゃんもワクワクですね!

「あじさい祭り」はイベントも盛りだくさん!

【あじさいナイト】

あじさい祭り期間中の土日には「あじさいナイト」が開催されます。
17:00~20:00の間、あじさい園がライトアップされるイベントです。
この時間帯は「模型列車」と「カルーセルエルドラド」のみ乗ることができます。

あじさいナイトの入園料(17:00以降)は300円と、とてもリーズナブルです。
ぜひ、気軽に夜のあじさいに会いに行ってみてください。

【フリーマーケット】

としまえん内では年に数回、フリーマーケットが開催されています。
200~300店もの出店がある大規模なイベントで、開催日の入園料は200円となります。

あじさい祭りの期間中もフリーマーケット開催日は200円で入園できます。
ちなみに2017年度は5/28、6/18の2日間に開催されました。

雨でフリーマーケットが中止になった場合にも入園料はかわりません。
マーケットのそぞろ歩きと一緒に、あじさい散策を楽しんでみませんか?

【あじさいフォトコンテスト】

2017年で12回目を迎えたフォトコンテストです。
としまえん内で撮影されたあじさいの写真が審査対象となり、入賞者にはプリンスホテルのチケットやとしまえんののりもの券や、周辺にある温泉「庭の湯」の招待券などがプレゼントされます。

あじさい園にはミストが流れるエリアなど、フォトジェニックな場所がたくさんあります。
ぜひ記念に、トライしてみてはいかがでしょうか。

そうでなくても、咲き乱れるあじさいの中でお子さんの素敵なショットをたくさん撮ってみてください。

 (53527)

あじさい園内「としまえんのもり昆虫館」

外国産の昆虫たちが飼育・展示されている「としまえんのもり昆虫館」はあじさい散策の途中、立ち寄るのにおすすめのスポットです。

昆虫館はあじさい園の中にあって入館料は300円です。
のりもの券やフリーパスは使えず、現金での支払いとなります。

ここでは迫力のヘラクレスオオカブトを1年中見たり、触ったりすることができます。

 (53549)

「ふれあいジャングル」はカブトムシやクワガタムシが放し飼いされているワイルドなスペース。
わんぱくなお子さんも満足でき、生き物への興味がかきたてられます。

ウィンターイルミネーションがすごい!

2011年から本格的に始動したとしまえんのウィンターイルミネーション。
としまえんの歴史の中では新しいイベントですが、「イルミネーションシアター『くるみ割り人形』」や「ラスベガス・イルミネーション」など早くも数々の名作イルミネーションを生み出し、冬の話題をさらっています。

2016~2017年のシーズン「ウィンターファンタジア」では、ポップなモチーフをかたどったランタンのイルミネーションが主役でした。
巨大なお花やキノコ、動物たちをかたどったランタンがやさしい光を放ち、まるで夢の世界に迷い込んだかのようです。

家の形のランタンには、中に入ってみることもできますよ。

 (53559)

人気のライトアップエリア

としまえんのイルミネーションはその趣向によっていくつかのエリアに分かれ、毎年進化・変化を続けています。
特に2016~2017年シーズンで見どころだったのは、ランタンが堪能できる「ワンダーワールドエリア」と「アニマルファンタジーエリア」です。

「ワンダーワールドエリア」では回転木馬「カルーセルエルドラド」をランタンがぐるりと取り囲みました。
ランタンの中をまわる木馬に乗れば、そのまま夢の世界へと連れて行かれそうですね。

「アニマルファンタジーエリア」では、「模型列車」の進む道をキリンやシマウマのランタンが出迎えてくれました。
そのさまは、まるで幻想のサファリパークのようです。

 (53560)

他にも音楽に合わせて華やかなLEDイルミネーションが点滅する「アクティブエリア」、点滅するキャラクターが動いたり弓矢が飛ぶ「シアターエリア」、アメリカ・ラスベガスの夜を思わせるゴージャス「ラスベガスエリア」など、多様なエリアが多くの人を魅了しています。

ぜひ、残らずめぐってみてください!

イルミネーションパスでお得に楽しもう

イルミネーション開催中には「イルミネーション入園料」が設定され、15:00以降は大人・子供ともに500円で入園できます。
イルミネーションは19:30まで点灯されているので、日没後に入園してもじっくり楽しめます。

「サクラナイトパス」と同じく、15時以降の乗り物フリーパスとイルミネーション入園料がセットになったお得なナイトパスやキッズナイトパスも販売されています。
ただ、夜間に乗ることのできるアトラクションの種類は異なりますのでお気をつけください。

【イルミナイトパス(入園料+のりものフリー)】
大人(中学生以上) 1,600円
子供(身長110cm以上) 1,300円

【キッズナイトパス(入園料+機種限定のりものフリー)】
大人(付き添いのため/20歳以上) 1,100円
子供(身長110cm未満) 1,100円

乗ることのできるアトラクションは年によって変動もありえます。
今年の情報について、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。
http://www.toshimaen.co.jp/index.html

スケートリンクも夜はライトアップ!

毎年12月初旬~2月末まで開設されるスケートリンクも、夜はイメージチェンジします!
リンクが色とりどりのライトに照らし出されて、まるでフィギュアスケートのエキシビジョンのような雰囲気の中、滑走を楽しむことができます。

遊園地エリアの休園日にもスケートリンクは営業しています。
有料のスケート教室も開かれているので、気軽にチャレンジしてみましょう!
本物の氷を張ったリンクで、42m×24mと広く、なかなかの穴場です。

 (53730)

スケートリンクの入場料は入園+貸靴+滑走料で大人(中学生以上)2,100円、小学生以下は1,600円です。

としまえん休園日と15時以降は一律1,300円とリーズナブルに滑ることができ、おすすめです。
15時以降はぜひ、日没まで滑ってイルミネーションをお楽しみください。

スケートリンクのオープン期間、料金についての最新情報は公式サイトでご確認ください。
http://www.toshimaen.co.jp/index.html

いかがでしたか?
「としまえん」にはアトラクションを遊ぶだけでなく、ゆっくり散策する楽しみ方もあります。
他にもコスプレフェスティバルや幼児のストライダーレース「としまえんカップ」、入園料を払わなくても参加できるファーマーズマーケットなど、様々なイベントが開催されています。

ぜひ、年間を通して「としまえん」の色んな表情を楽しんでください!

「としまえん」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!

『としまえん』は遊園地デビューにもぴったり!夏はプールも大人気! - アソビバ

『としまえん』は遊園地デビューにもぴったり!夏はプールも大人気! - アソビバ

「としまえん」はアトラクションだけでなく動物や昆虫とのふれあいも楽しめ、夏にはプールでも遊べる盛りだくさんの遊園地。大ボリュームの「としまえん」を、親子でたっぷり遊んできました!

お花見、イルミネーションも人気!『としまえん』季節のイベントをご紹介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集