蜷川実花×クラゲのコラボ空間が期間限定で!『すみだ水族館』へ

165view
蜷川実花×クラゲのコラボ空間が期間限定で!『すみだ水族館』へ

東京スカイツリーに隣接したソラマチ内にある『すみだ水族館』におでかけしてきました。 平日の午前からということで、4歳の次女と私の2人です。実は、次女が生まれてから3箇所は水族館を回っています。 しかし、あまりにも幼かったせいか、本人はいずれも記憶にないとのこと。 4歳半となった子どもが初めて記憶に残る水族館経験となるのでしょうか?

  • 使ったお金:3,060円(入園料大人:2,050円、幼児3歳以上:600円)
  • 遊んだ時間:10: 15~12: 45 計2時間30分
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年11月更新

勘違いで遠回りしたけれど無事に『すみだ水族館』に到着

『すみだ水族館』に到着

電車でのおでかけ、予定乗車時間より早めの電車に乗れました。
しかしこれが原因でした。

早めの電車では乗り換えが必要になったこともあり、なぜか曳舟で降りてしまって。

あれ? 東京スカイツリーが遠い……。
15分以上歩く羽目になってしまいました。

子どもに歩きつかれた! とぐずられながら、なんとか東京スカイツリー駅まで着き、そこから案内板に沿って水族館の入り口にあたる4階までたどり着きました。

ソラマチ自体が横長の構造なので、離れた場所に着いてしまうと少し混乱しますが、『ハナミ坂』を目指すことをおすすめします。

入り口まではエスカレーターが上りも下りもありますが、ベビーカーでも大丈夫。

ほど近いところにエレベーターもあります。

大きな水槽内の魚に釘付け!ペンギンがお気に入りに

大きな水槽内の魚に釘付け

入り口は4階で、フロア自体は5、6階になります。

入り口のゲートを抜けると「映画館みたい!」と興奮気味の次女。蜷川実花さんが演出する素敵な映像がお出迎えです。

階段を上ると、明るい空間に巨大な水槽が! きれいでかわいらしい魚たちにひきつけられます。

それからは神秘的な世界へ。

マダコ空間など真っ暗な場所もありますので、迷子や泣き出しなどにご注意ください。
さらに進むと、右手には大きな水槽が。上から眺める形です。

左手にはペンギンエリア。上から横からといろいろな角度から眺められるのも魅力のひとつでしょう。
ちょうど餌の時間で盛り上がっていました。

次女はペンギンがお気に入りとなり、結局何度も戻ることになりました。

ペンギンに近づくにはスロープを通って下の階へ行く必要がありますが、足元が暗くてカーブもありますので、小さいお子さんは走り出しませんように!

クラゲ作りやチンアナゴ検定などイベント参加も!

クラゲ作りやチンアナゴ検定などイベント参加も!

参加型のイベントが行われているのも楽しみのひとつです。

セロハンを使ったクラゲ作りのイベントに参加しました。

シールを貼ったりペンで書き込んだりと、小さいお子さんでも簡単に参加できるのがいいですね。

そして自分で作ったクラゲをスクリーンに映しての記念撮影も思い出になります。

「チンアナゴ」のイベントも行っており、質問5つにみごと正解すると、先着であなごのおもちゃをいただけるということで、子どもと2人分チャレンジ。

1回目は1問間違えてしまいましたが、2度目に合格! かわいいニシキアナゴとホワイトスポッテッドガーデンイールをそれぞれいただいてきました!

本気でかわいい!葛飾北斎と金魚などのコラボエリアは大変粋で、こちらにちなんだクイズもありました。

その先にあるオットセイトンネルもぜひ覗いてください。水面下から見られます。

ランチの後は、蜷川実花さんの作る美しいクラゲの空間へ

蜷川実花さんの作る美しいクラゲの空間へ

お昼には少し早かったのですが、早めに出てきたことで「おなか空いたあ!」と次女。

唯一水族館内で食べられるペンギンカフェに向かいました。
おにぎりとホットドックとランチに決定。

焼きおにぎりにはペンギン型の焼き海苔付き。かわいい!

他にチンアナゴのチュロスやペンギン型氷を浮かべたフロート (ソーダ)もあり、水族館ならではの味が楽しめます。

あくまで売っているのは軽食のみですので、男性や食べ盛りのお子さんがご一緒の場合は、少し遅めのお昼覚悟で朝から存分に回ったほうがいいかもしれません。

最後は『クラゲ×蜷川実花』さんの万華鏡トンネルへ。

香りも演出のひとつなのでしょうか、アロマオイルのような香りと美しすぎるクラゲ、色彩の空間に酔いしれ、満足して水族館を後にしました。

アソビバママが見た『すみだ水族館』のポイントはココ!

『すみだ水族館』のポイントはココ!

建物自体が新しいだけに全体的に清潔感があり、照明抑えめのお洒落な空間です。

男性用トイレにベビーチェアが付いているところは、パパやママに嬉しいポイント。

多目的トイレやオムツ替えシートももちろんあります。
たくさんの椅子が各所に置かれていて、どこで休むもOK、食べるもOKです。

注意点として、金魚エリアの水槽は上部が開いています (ガラス張りではなかった)!

低い位置にあったので次女が手を伸ばしたら入ってしまって……
そして濡れたことに驚き、泣き出すという事態に。

幼いお子さんは目を離さないほうがいいですね。

出口からそのまま水族館のショップにいけます。
限定商品も必見です!

会社の福利厚生や株主優待などで割引チケットを扱っているところもあるようなので、行く前に調べてみるのもいいですね。

文/eriko.loveup

蜷川実花×クラゲのコラボ空間が期間限定で!『すみだ水族館』へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • アソビバレポーターライター募集