『軽井沢おもちゃ王国』の夏期・冬期料金をチェック!割引クーポン情報も

662view
『軽井沢おもちゃ王国』の夏期・冬期料金をチェック!割引クーポン情報も

部屋の中にはたくさんのおもちゃ、外には遊園地やアスレチック…「軽井沢おもちゃ王国」は子供にとって夢のような空間です。今回はその料金と、お得な割引情報をお届けします!夏と冬では遊べるエリアや料金が異なるのでご注意ください。

夏と冬で異なる料金体系に注意!

「軽井沢おもちゃ王国」の営業期間は、春から秋にかけての「通常営業」と冬のみの「冬期営業」の2つに分かれています。

どちらの時期に行くかで、遊べるエリアや営業時間、料金体系は大きく異なります。
今がどちらの営業期間なのか、お出かけ前には要チェックですね。

例年、4月後半~11月後半までの時期には通常営業、12月後半~3月末までの時期には冬期営業となるようです。
いずれも切り替わりの時期にはメンテナンスのための休園期間をはさみます。

ちなみに2017年度の通常営業は2017年4月15日~11月26日まで。
冬期営業は2017年12月23日~2018年4月1日までです。
2018年4月20日から、次年度の通常営業開始が予定されています。

詳しい日程は毎年変わりますので、最新情報を公式サイトでご確認の上、お出かけください。
http://omochaoukoku.com/karuizawa/index.html

 (63316)

通常営業の場合の料金

通常営業の期間には、遊園地のアトラクションやアスレチック、渓流釣りなど、おもちゃ王国の基本的なアクティビティをすべて楽しむことができます。

営業時間は平日10:00~17:00、土日祝日は9:30~17:00です。
いずれも11月は16:30までと、少し短縮されるのでお気をつけください。

通常営業時期には、「入園券」と、入園券に乗り物乗り放題がついた「フリーパス」の2種類のチケットがあり、どちらかを選択します。

入園券のみで入り、あとからフリーパスに替えることもできるのがありがたいところです。
フリーパスに替えたい場合には、園内の総合案内所でフリーパスへの変更を行って下さい。
差額料金のみでフリーパスに変更できます。

入園料金、フリーパスの料金は2018年4月に改訂されることとなりました。
改訂後の料金がこちらです。

【通常料金】

<入園券>
大人:1,200円
小人:900円

<フリーパス>
大人:3,100円
小人:2,900円

※大人は中学生以上、小人は2歳から小学6年生まで。
1歳以下は入園券・フリーパスとも無料です。

フリーパスは遊園地エリアの乗り物、およびアスレチックエリア「わくわく冒険の森」で利用できます。
渓流釣りや体験イベントでは使えないのでお気をつけください。
「おもちゃの部屋」は入園券のみで利用できます。

【団体料金(15名以上から)】

<入園券>
大人:800円
小人:600円

<フリーパス>
大人:2,300円
小人:2,100円

<入園+乗り物3回券付き>
大人:1,400円
小人:1,200円
※団体利用者のみ、入園券に乗り物券が3枚ついたセットチケットを購入できます。

 (63312)

冬期営業の場合の料金

冬期営業期間には遊園地エリアのアトラクションやアスレチック、どうぶつ広場など、外でのいつものアクティビティは利用できません。
そのためフリーパスの販売はなく、入園券のみの販売となっています。

その代わり、冬には雪景色の軽井沢でそり遊びや雪遊びを楽しむことができます!
また、冷暖房完備の「おもちゃの部屋」は通常どおりに遊ぶことができるので、お楽しみはたっぷり待っていますよ!

【通常料金】

<入園券>
大人:900円
小人:600円

【団体料金】

<入園券>
大人:800円
小人:500円

 (63313)

【雪遊びのためのレンタル料金・有料スポット】

<雪遊び広場>
入園券のみ

<かまくら>
入園券のみ

<そり遊び広場>
そりレンタル料金(30分)
ヒップそり:300円
そり:500円
スノーチューブ:600円

そりをレンタルせず、自分で持ち込んで遊ぶのもOKです。
スキー板は持ち込みできませんのでご注意ください。

<スノーラフティング>
500円

スノーモービルにつないだボートに乗って、雪の上を風切り走ります。
利用は4歳以上に限られ、未就学児は15歳以上の保護者の付き添いが必要です。
その場合、付き添いの保護者も有料となります。

それぞれ積雪の状態によっては営業されないこともあります。
事前に確認してからお出かけください。

 (63314)

フリーパス。買う・買わない、どっちがお得?

フリーパスを販売している通常営業期間にお出かけした場合、パスを買うか買わないかは迷いどころですよね。

軽井沢おもちゃ王国のフリーパスでは、すべての施設・アトラクションを遊ぶことはできないため、遊び方をよく考えて購入するのがよさそうです。

フリーパスを持っていても別料金が必要となる施設、入園券だけで遊べる施設を下記にまとめてみました。

 (63310)

フリーパス対象外の施設

・大迷宮アスレチック城:500円
・渓流釣り:1,400円
・バッテリーカー:100円~
・森の体験広場(自然体験イベント):500円~
・手作り工房Hands!(手作り体験教室):1,000円~

入園券だけで遊べる施設

・おもちゃのお部屋全11館
・下記屋外施設
【キッズ広場】
【やくそくのおへや】
【どうぶつ広場】
【水の広場】
【ハンモック広場】
【砂の広場】
【水車の広場】
【鴨池】
【ねがいごとの木】
【風の丘】

フリーパスで乗れるアトラクション、乗り物券では?

フリーパスで乗れるアトラクションは11種類。
パスを使わずに乗った場合の料金を、いくつかご紹介します。

メリーゴーランド 400円
大観覧車     600円
ドラゴンコースター 500円
空中自転車     400円
ゴーカート(1人乗り)500円

全てのアトラクション・料金の一覧はこちらをご参照ください。
http://www.omochaoukoku.com/karuizawa/attraction/index.html

 (63317)

小さい子なら入園券、お兄ちゃん・お姉ちゃんならフリーパス!

フリーパスが使えるアトラクションは平均して1回500円。
ですので4~5個以上のアトラクションに乗るならフリーパスがお得です。

もっともアトラクションには年齢制限があり、小さなお子さんには保護者が付き添わなければなりません(2歳~5歳以上限定のものが多くあります)。
その場合は保護者も有料となります。

一方、小さいお子さんにはおもちゃのお部屋など、入園券だけで楽しめる施設も大変充実しています。
そう考えると、お子さんが5歳以下なら入園券だけでトライしてもいいのではないでしょうか。

それでは物足りない6歳以上のお兄ちゃんお姉ちゃんはフリーパスを選ぶのがいいと思います。
チケット購入の参考になれば幸いです。

 (63315)

誰でも利用できる割引情報!

軽井沢おもちゃ王国には、さまざまな割引パターンがあります!

割引率はさほど変わらず、またクーポンの併用はできないので、どれが当てはまるか、使いやすいかで選ぶのがよいでしょう。

コンビニで買える!割引前売り券

セブンイレブンの「セブンチケット」では、お得な前売りチケットを販売しています。

冬期の入園券を購入する場合、大人・小人とも100円引きで買うことができます。

春~秋の料金体系は2018年4月に改訂されるため、2018年1月現在でははっきりしたことはいえませんが、2017年時は入園券100円引き、フリーパス500円引きの前売り券販売がありました。
これを目安に、最新情報をご確認ください。
http://www.omochaoukoku.com/karuizawa/charge/index.html

【セブンチケット前売り入園券(冬期)】
大人:900円→800円
小人:600円→500円

WEBで予約の後、セブンイレブンのレジで代金を支払い、チケットを受け取ります。
手数料がかからないのもうれしいところです。

ちなみにコンビニで買えるJTBチケットでは2018年2月現在、南知多・東条湖のおもちゃ王国のチケットしか販売されていませんでした。
軽井沢のおもちゃ王国に行かれる方はひとまず、セブンチケットをご利用ください。

 (63319)

JAF優待割引あり!

JAF会員の方は、会員証を提示すると入園券は100円引き、フリーパスは500円引きで購入することができます。

この割引は会員本人を含む5名まで有効なので、家族で使えます!

ベネフィットの割引クーポンを利用

お勤め先がベネフィットステーションに入会している場合、福利厚生サービスとして軽井沢おもちゃ王国の割引クーポンが使えます。

入園料が100円引きになるほか、ポップコーンがもらえるなどの特典があります。
抽選で無料入園券がもらえることも!

クーポンの内容は時期によって異なりますので、最新情報はベネフィットの公式サイトでご確認ください。

なお、ベネフィットステーションには、特定の勤め先のない個人でも入会することができます。
その場合、月額324円/1,026円の2つのコースがあります。

いろんなレジャー施設の割引券やホテル・レンタカーなどで使えるクーポンがあるので、たくさんお出かけする方は入会してみてもいいかもしれません。

公式サイトの割引クーポンを利用

「軽井沢おもちゃ王国」公式サイトには割引クーポンが掲載されています(2018年2月現在)。

このクーポンをプリントアウトしたもの、もしくはスマホの画面を当日チケット売り場で提示すると、冬期なら入園券が50円引きで購入できます。

【クーポン入園券(冬期)】
大人:900円→850円
小人:600円→550円

前売りチケットより割引率が低く、また他の割引券との併用ができないため、急にお出かけを思い立ったときなどに活用してみてください。

最もお得!メルマガ会員料金

公式サイトから無料のメルマガに申し込むと、入園券が大人200円引き、小人100円引きになる割引券がもらえます。

ただし、こちらの割引券には利用期限があります。
私たちが会員になったときは、届いた割引券の使用期限が2日後と大変短くてあわてました。
行く前日などに会員登録した方が良いかもしれません。

【メルマガ割引入園券(冬期)】
大人:900円→700円
小人:600円→500円

 (63318)

ホテルのチケット付き宿泊プランを利用

ホテルグリーンプラザ軽井沢では、軽井沢おもちゃ王国の入園券が付いたお得な宿泊プランを用意しています。

プランによっては、さらに王国内で使える優待チケットやドリンク無料券がついていたりするので、お泊りで遊びに行くなら利用しない手はありませんね。

ホテルを探すとき、こうしたお得なプランをチェックしてみるとよいでしょう。

宿泊施設で入園券がもらえるかも?

実際に行って初めて知ったのですが、軽井沢おもちゃ王国がある北軽井沢周辺の宿泊施設では、おもちゃ王国の入園券がサービスとして配られているようです。

私たちが宿泊した施設でも、なんと入園券をタダでもらえました…!

宿のおかみさんいわく「この辺の宿泊施設ではだいたいもらえます」とのことです。
ただし1家族につき1枚限りだったり、チケットを切らしていたりすることもあるので、予約の際に聞いてみると良いですよ。

いかがでしたか?
「軽井沢おもちゃ王国」では遊びに行く時期や遊び方によって、お得なプランが色々考えられそうですね。

特に何泊か軽井沢に滞在する予定の方は、宿泊施設のサービスを確認することをおすすめします!

「軽井沢おもちゃ王国」ではどんなワクワクが待っているの?
こちらの記事で詳しくご紹介しています!

部屋中オモチャだらけ!子どもの夢が叶う『軽井沢おもちゃ王国』 - アソビバ

部屋中オモチャだらけ!子どもの夢が叶う『軽井沢おもちゃ王国』 - アソビバ

ゴールデンウィークの休暇を利用して、群馬県吾妻郡にある「軽井沢おもちゃ王国」に私とパパと息子(3歳)の3人で家族旅行に行ってきました。

『軽井沢おもちゃ王国』の夏期・冬期料金をチェック!割引クーポン情報も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「群馬」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集