『こもれび森のイバライド』はわくわく体験が盛りだくさん!

758view
『こもれび森のイバライド』はわくわく体験が盛りだくさん!

動物が大好きな子どもに搾乳体験をさせたり自然の中で遊ばせたりしようと、茨城県にある『こもれび森のイバライド』を訪問しました! この施設はたくさんの遊具があり、小さな幼児から中学生くらいの子どもまで楽しめるので、休日には家族連れが多く訪れています。敷地が広いのであまり混雑は感じることはありません。大人も子どももゆったりした時間を過ごすことができるので、家族での休日を過ごすにはお勧めの観光スポットです。

茨城県にある自然豊かな観光スポット

 (63970)

イバライドは茨城県にあるテーマパークで、広々とした自然豊かな環境に作られたのどかな雰囲気が魅力です。

 (63972)

園内にはウサギやヤギ、ポニーなどの動物がたくさん飼育されていて、動物との触れ合いも楽しめることから小さな子どもから大人まで滞在を満喫することができます。

 (63974)

ソーセージ作りやキャンドル制作、アイスクリーム作りなどの体験教室も多いので、時間に余裕をもってじっくり楽しみたい施設です。

イバライドへのアクセス方法はこちら

電車でのアクセスは「牛久駅」での下車が便利

 (63978)

イバライドへ電車でアクセスするには、JR常磐線を利用して牛久駅で下車するか、同じくJR常磐線の佐貫駅で下車する方法があります。

イバライドは最寄り駅からの距離が離れているため、牛久駅と佐貫駅のどちらの駅で下車しても徒歩で施設へ向かうことはできません。
施設へ向かうには駅からバスかタクシーで移動する必要があります。

牛久駅からは無料送迎バスが運行しているので、そちらで下車するのがお勧めです(送迎バスの乗車時間は約30分程度)。

なお、佐貫駅からの移動はタクシーを使う必要があり、こちらも移動時間は約30分です。

車でアクセスする方法

 (63981)

自動車でアクセスするには、東関東自動車道を使用し、成田ICから国道408号線を経由して約20kmです。
圏央道を使用する場合は、阿見東ICで降り国道408号線を経由して約11kmです。

愛犬も一緒に入れる! イバライドの入園料金

 (63984)

イバライドの通常料金

イバライドの入園料は中学生以上の大人が1,000円、4歳以上の小学生以下の子どもが600円で、3歳以下の子どもは無料です。
1DAY 遊具フリーチケットは大人と子どもが同一料金となり、どちらも1,500円です。

また「ワンちゃん入園券」というものがあり、1頭あたり500円で愛犬も一緒に入園できます。
回数券は6回分で2,500円なので、1回分お得に利用できます。

複数回訪問するなら年間パスポートがお得

イバライドのファンクラブ会員になると、1年間の入園料と駐車料金がフリーになります。
年会費は大人3,500円、子供2,500円です。

入園料の支払い方法

 (63991)

入園料の支払いは入園ゲート前にあるチケット窓口で訪問当日に支払います。
事前予約などのシステムはありません。

遊具フリーチケットの利用で大型遊具が割引に

 (63994)

「こもれびアドベンチャー」と「ロングジップスライド」と「スワンボート」は、遊具フリーチケットを提示することで割引が受けられます。「こもれびアドベンチャー」と「ロングジップスライド」が各500円割引に、「スワンボート」が300円割引になります。

その他の遊具はフリーチケットを利用すると無料になります。

季節によって変わる閉園時間

 (63997)

開園時間は通年午前10時ですが、閉園時間は季節によって変動します。
12月から3月中旬までは16時30分、3月中旬から7月は17時、8月は18時、9月から11月は17時です。

定休日は火曜日ですが、連休やハイシーズンには開園していることがあるので確認が必要です。

人がたくさんいても快適 イバライドの混雑状況

 (64000)

イバライドは広々とした敷地内に多くのアスレチックがあるため、多くの人が訪問していても混雑しているという印象は受けにくい環境です。

一つひとつのアスレチックの待ち時間も少なく、休日やハイシーズンでも快適に楽しむことができます。

貴重な楽しい体験がいっぱい! 見どころをチェック

イバライドには牧場やアスレチック、体験教室など、様々な施設があります。
動物と触れ合ったり、体を動かして遊んだり、食べ物や雑貨を作ったり……。
一日でいろんな体験ができますよ!

動物にさわれる「ふれあい牧場」

 (64004)

イバライド内にある「ふれあい牧場」では、アルパカやヒツジ、ヤギなどの動物が飼育されていて、動物とのふれあい体験を楽しむことができます。

「ジャージー牛の乳搾り」を体験しよう

 (64007)

イバライドでは、茨城県内で唯一「ジャージー牛の乳搾り」を体験することができます。
温かい牛の体温に触れながらの搾乳体験は、日常では決して味わうことができない感覚で、貴重な思い出になると思います。

豊富なアスレチックで一日遊べる

 (64010)

イバライドは豊富なアスレチックが魅力の一つ。
四輪バギーやスワンボート、おもしろ自転車や芝すべりなど、子どもを遊ばせるのに不自由しません。開園と同時に入っても一日飽きずに滞在することができます。

自然の中でのびのびと身体を動かす遊びをさせたいという方にはピッタリです。

自然を満喫できる「こもれびアドベンチャー」

 (64013)

「こもれびアドベンチャー」は自然の木を利用してつくられたフィールドアスレチックで、人工的ではない自然のあたたかみに触れることができるのが特徴的です。
専用のハーネスを装着して木から木へと移動しながらゴールをめざします。

シルバニアファミリーの世界が広がる「シルバニアファームあそびのお部屋」

 (64016)

「シルバニアファームあそびのお部屋」では、シルバニアファミリーの街が再現されたジオラマを見ることができます。

シルバニアファミリーが好きなお子さまはもちろんのこと、昔シルバニアファミリーで遊んだことのあるお母さんも懐かしい気持ちになること間違いなし!

ひき肉で「ソーセージづくり」体験

 (64019)

「ソーセージづくり」体験では、一般家庭ではまず見かけない専用の道具を使って羊の腸に肉をつめていきます。

完成したソーセージはボイルし、その場で試食することが可能です。
6月から8月までの夏場以外の季節であれば、作ったソーセージを持ち帰ることもできるのも魅力的。

体験にかかる時間はソーセージ作りが30分、ボイルが約50分ですので時間に余裕を持って体験するのがお勧めです。



イバライドの見どころについては、下の記事でもっと詳しく紹介しています。
いろんな楽しみ方があるので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

「こもれび森のイバライド」は様々な体験ができるテーマパーク - アソビバ

「こもれび森のイバライド」は様々な体験ができるテーマパーク - アソビバ

茨城県にある「こもれび森のイバライド」は、自然に囲まれたテーマパークです。イバライドには、動物と触れ合える牧場や色々なものを自分の手で作れる体験教室、体を動かして遊べるアスレチックに遊具など、たくさんの施設があります。あちこち移動しなくても、イバライドだけで様々な体験ができちゃうんです! この記事では、そんなイバライドの見どころを紹介していきます。

施設内にはレストランが複数あって便利 バーベキューも!

 (64022)

施設内には複数のレストランがあり、目的に合わせて利用するレストランを選べるのが魅力的です。

 (64024)

焼きたてのピッツァが食べられる「マルシェホール」ではソーセージやチキンを巻いたガレットや、自家製ビールを楽しむことができます。

 (64026)

また、厚切りベーコンが食べられるレストラン「ポワール」も人気がありますし、園内ファストフードとして気軽に自家製ソーセージやソフトクリームを食べられるテイクアウトのショップもありますから、滞在中の食事には困りません。

 (64028)

また、バーベキューを楽しむこともできます。
道具や食材は施設側が用意するので、手ぶらで気軽にバーベキューができちゃいます!

屋根があるので、天気を気にすることなく楽しめるのも嬉しいですね。
自然に囲まれながら味わうお肉やお野菜は格別です!

可愛いぬいぐるみや地元のお土産がたくさん! ショップ情報

 (64031)

茨城県の地元の土産品や、オリジナル商品を販売するショップがいくつも入っていて、お気に入りのショップで買い物を楽しむことができます。

 (64033)

イバライドの自家製ソーセージは味に定評もありますし、動物のぬいぐるみなどはお子様のお土産には最適です。

チーズケーキやクッキーなどの洋菓子やタオルハンカチなどの小物類と、価格帯も種類も幅広いラインナップで商品が揃えられています。

トイレ、授乳室、オムツ交換台、休憩スポット情報

トイレの場所について

 (64037)

イバライドには6か所のトイレが用意されています。
広い園内ではトイレの場所が気になりますが、各エリアにトイレがあるのでトイレを探して移動する必要はありません。

ただし、乗り物エリアと牧場エリアにはなく、隣のエリアのトイレを利用することになるので場所を事前に確認しておくと良いと思います。

授乳室は施設内に3ヶ所

 (64040)

授乳室は、入場ゲート近くとシルバニアファームあそびのお部屋、そしてキッズルームの3ヶ所にあります。
水や氷、お湯などは、レストランにて無料で提供されているそうです。

 (64042)

授乳室にはオムツ交換台も設置されていますよ。

園内はベビーカーの利用が便利

広い園内はベビーカーを利用して移動するのが便利です。
抱っこでの移動もできますが、各エリアを周って楽しもうと思えばとにかく移動する距離が長くなってしまって大変です。

基本的にバリアフリーの構造になっているので、ベビーカーを使って移動しましょう。
町エリアや村エリアというショップやレストランが集まるエリアならベビーカーを置くスペースがあります。

 (64046)

また1台200円でベビーカーの貸し出しも行われているので、レンタルを利用するのもいいでしょう。

休憩スポット情報

 (64049)

椅子やベンチはテイクアウトのファストフードショップの近くやレストランにありますが、牧場エリアや乗り物エリアにはあまりありません。

 (64051)

入園ゲートを入ってすぐの町エリアには自由に使えるベンチとテーブルがあるので、休憩するなら入園ゲート近くが良いかもしれません。
食べ物を持ち込むことも可能ですから、お弁当を持って訪問するのもお勧めです。

 (64053)

屋内の休憩スポットもありますよ。

周辺には自然を生かした観光名所が

イバライド周辺には「牛久大仏」や「霞ヶ浦総合公園」など自然が溢れる観光名所がたくさんあります。

大人が楽しめる施設としては、牛久駅から徒歩圏にあるワイン工房の「牛久シャトー」がお勧めです。

電車の運行間隔が1時間程度の場合もあるので、電車までの時間が空きそうな時などに足を運んでみるといいかもしれません。

【公式サイト】
牛久大仏 https://daibutu.net/
霞ヶ浦総合公園 http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/dir000574.html
牛久シャトー http://www.oenon.jp/ushiku-chateau/

自然とのふれあいや体験教室が盛りだくさん

 (64058)

「こもれび森のイバライド」は動物とのふれあいや自然を満喫したいという人には非常に魅力的な施設だと思います。

キャンドル作りやアイスクリーム、ソーセージ作りなど、体験教室もたくさんあるので時間を持て余してしまう心配も要りません。アスレチックなど体を動かす遊具やアトラクションも多くあるので、1日いても飽きることはありません。

触って、作って、遊んで、食べる。イバライドでたくさんの体験を思い出に残しましょう!

施設情報

住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
電話番号:029-892-3911
営業時間:時期により変更あり
公式サイト:http://www.ibaraido.co.jp/

『こもれび森のイバライド』はわくわく体験が盛りだくさん!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「茨城」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集