遊びながら感性を磨こう♪アートが楽しめる千葉県の美術館6選

476view
遊びながら感性を磨こう♪アートが楽しめる千葉県の美術館6選

美術館は、大人が楽しむものだと思われがちな場所ですが、意外と子どもでも楽しめる美術館もたくさんあります。今回は千葉県の美術館の中から、家族連れにおすすめのスポットを紹介していきます。美術品を直に触れる、アート体験ができる等の遊びながら学べるような工夫が施された美術館に焦点を当てているので、年齢問わず楽しむ事が出来ますよ。

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

千葉県立美術館

千葉県立美術館

千葉県立美術館

千葉県立美術館では、千葉県の美術資料や千葉県に縁のある人物の作品を主に展示しています。

美術品や絵を鑑賞するだけにとどまらず、実技講習や子ども向けのワークショップなども受けることができます。

ショップでは、美術品をテーマとしたオリジナルグッズも販売されています。

美術鑑賞以外の部分でも楽しめる要素が多く取り入れられているので、小さなお子様でも楽しむことができるようになっています。展示スペースは広く取られているので、ベビーカーの出入りもできます。

休憩スペースや、レストランなどの設備も揃っています。家族でゆったりと過ごすのにピッタリの美術館ですよ。

【施設情報】
●住所: 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
●アクセス: 【電車・モノレールでお越しの場合】JR京葉線・千葉都市モノレール『千葉みなと』駅下車(徒歩約10分) 【JR総武線『千葉駅』からバスをご利用の場合】千葉駅西口《26番のりば》千葉みなとループバス タワーコース千葉ポートタワー行「千葉みなとリハビリ病院」下車(徒歩3分)
●営業時間: 【開館時間】午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
●料金: 【常設展】一般:300円(240円) 高校生・大学生:150円(120円)  中学生以下・65歳以上:無料   【企画展】一般:500円(400円) 高校生・大学生:250円(200円) 中学生以下・65歳以上:無料   【特別企画展】一般:800円(640円) 高校・大学生:400円(320円) 中学生以下・65歳以上:無料 ※( )内は20名以上の団体料金。
●開催時期: 通年 休館日は、月曜日(ただし、月曜日が祝日・振り替え休日に当たるときは開館し、翌日休館。
●公式サイト: https://www.chiba-muse.or.jp/ART/index.htm

千葉市美術館

千葉市美術館

千葉市美術館

千葉市美術館は、中央区役所との複合施設になっています。

受付が8階にあり、美術品の展示は7階と8階で行われています。房総ゆかりの作品、近世・近代の日本絵画・版画、現代美術などが主な所蔵作品です。

時期ごとに行われている展覧会によっては、展示品が大きく様変わりする事があり、複数回訪れたとしても別の作品を楽しむことができるようになっています。

閲覧料は、開催されている展覧会ごとに変更されているようですが、高校生までは一貫して無料で入館することができます。

夏休みには子ども向けのワークショップも行われており、小学生~高校生までを基本的に対象としています。

【施設情報】
●住所: 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
●アクセス: 【JR千葉駅東口より】■徒歩約15分千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車徒歩5分 ■ 京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分 ■ JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分【京成千葉中央駅東口より】 ■ 徒歩約10分【東京方面より車では】 ■ 京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、 貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く
●営業時間: 午前10時-午後6時 (入場は午後5時30分まで)金・土曜日は、午後8時まで開館 (入場は午後7時30分まで)
●料金: 観覧料は展覧会毎に異なる。千葉市内にお住まいの65歳以上の方は、企画展が2割引、所蔵作品展が無料。小・中学生・高校生は、すべての展覧会が無料。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は、すべての展覧会が無料。
●開催時期: 通年 休館日は、毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月29日-1月3日)
●公式サイト: http://www.ccma-net.jp/

アンデルセン公園 子ども美術館

アンデルセン公園 子ども美術館

アンデルセン公園 子ども美術館

アンデルセン公園子ども美術館は、アンデルセン公園内にある子ども向け美術館です。

「作る、演じる、感じる、楽しむ」をテーマに置いた制作アトリエ、美術品を体験、閲覧することができます。


ワークショップ、版画、染め物、陶芸などの8つのアトリエ体験ができるようになっています。

その中でも人気が高いのが、アンデルセンスタジオのアトリエです。アンデルセンスタジオでは、親指姫の登場人物達の可愛らしい衣装とフェイスペイントをしてもらうことができます。

親指姫の世界をリアルに楽しく演じながら体感することができます。可愛らしい姿を写真に収めることもできるので、一生の思い出として残りますよ。

【施設情報】
●住所: 千葉県船橋市金堀町525番
●アクセス: 電車・バスを利用する場合(新京成バス)【新京成線「三咲駅」から(所要時間約15分)】小室駅行き(県民の森下車)・セコメディック病院行き(アンデルセン公園下車)  【JR「船橋駅北口」から(所要時間約40分)】小室駅行き(県民の森下車)・豊富農協前行き(終点下車) 【新京成線・東葉高速線「北習志野駅」から(所要時間約20分)】 小室駅行き(アンデルセン公園下車)・セコメディック病院行き(豊富農協前下車) 【北総線「小室駅」から(所要時間約15分)】JR船橋駅北口行き(県民の森下車)・北習志野駅行き(アンデルセン公園下車) 最寄りバス停【アンデルセン公園北ゲート】アンデルセン公園  徒歩1分 ・県民の森  徒歩5分 ・豊富農協前  徒歩5分 【アンデルセン公園南ゲート】神保新田 徒歩10分 ・特別養護老人ホームプレーゲ船橋 徒歩10分
●営業時間: 9:30~16:00 ※4月8日~10月31日の土曜・日曜・祝日3月20日~4月7日、7月20日~8月31日の全日 9:30~17:00 
●料金: 通常料金:一般 900円 高校生 600円 小・中学生 200円 幼児(4歳以上)100円 
●開催時期: 通年 休園日:月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)
●公式サイト: http://www.park-funabashi.or.jp/and/atorie/index.htm

佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

佐倉市立美術館

佐倉市立美術館は、旧城下町の中心部に位置しているレトロな雰囲気の美術館です。建物は四階建てで、2、3階が展示室となっています。

主な展示作品は、日本画、洋画、工芸、版画などです。基本的に佐倉市に縁がある芸術家の作品が多数展示されています。

1階には、エントランスホール、ロビー、ミュージアムショップ、カフェがあります。催されている展覧会によっては、無料で年齢問わず入館することができるので、とてもお財布に優しい美術館です。

家族で美術品を鑑賞してから、ショップを回ってカフェで休憩する…なんてこともしやすいかと思われます。

【施設情報】
●住所: 千葉県佐倉市新町210
●アクセス: 京成佐倉駅 南口より、徒歩 8分 または JR佐倉駅 北口より、徒歩 20分
●営業時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
●料金: 入館料 無料 ※特別企画展は有料です(観覧料は、展覧会ごとに異なります)
●開催時期: 通年 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)
●公式サイト: http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/index.htm

三陽メディアフラワーミュージアム

三陽メディアフラワーミュージアム

三陽メディアフラワーミュージアム

三陽メディアフラワーミュージアムは、お花の美術館です。

お花と聞くと冬場は萎えてしまっているイメージが付き物ですが、冬には冬に咲くお花がたくさん見る事が出来るので季節関係なく楽しむことができます。

お花をテーマとした展示を行っているので、特に女の子のお子さんと一緒に行くと喜ばれるかもしれません。

売店では、可愛らしいお花デザインの雑貨等を購入することもできます。施設内に図書館もあり、お花に関連した本が取り揃えられています。

フラワー体験カフェでは、花の香りを嗅いだり、実際に植物を触ったりすることができます。フラワーギャラリーでは、花にまつわる作品を見ることもできます。

【施設情報】
●住所: 千葉県千葉市美浜区高浜7-2-4
●アクセス: 【バス(JR稲毛駅)】JR稲毛駅西口2番線バス乗り場より、海浜交通バス「海浜公園プール行」で花の美術館下車、または「高浜車庫行」で終点下車徒歩5分【バス(JR稲毛海岸駅)】JR稲毛海岸駅南口2番線バス乗り場より、海浜交通バス「海浜公園入口行」で終点下車徒歩5分【バス(京成稲毛駅)】 京成稲毛駅より徒歩10分の京成稲毛駅入口バス停から、海浜交通バス「海浜公園プール行」で花の美術館下車、または「高浜車庫行」で終点下車徒歩5分【自家用車】国道14号・357号浅間神社交差点を海側へ曲がり、約2km直進し、海浜大通りを左折し約1km
●営業時間: 9:30~17:00
●料金: "【通常券】 大人個人:300円 団体:240円 小・中学生個人:150円 団体:120円【セット券】(6枚綴り) 大人:1,500円   小・中学生 :750円"
●開催時期: 休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日休館)年末年始(12月29日~1月3日)
●公式サイト: http://cga.or.jp/flower/

松山庭園美術館

松山庭園美術館

松山庭園美術館

ゆったりした時間を過ごしたい家族、そして猫好きの家族におすすめなのが、松山庭園美術館です。

小高い丘の上に建っている美術館で、芸術家・此木三紅大のアトリエと作品、名画、茶道具などが展示されています。

広い庭があるのが特徴的な美術館で、時間の流れがスローに感じられるほどにリラックスすることができます。

美術館のあちこちには、美術館で飼われている猫の姿を見ることができます。そのため、展示物の中にも猫に関連した作品があります。

秋ごろになると毎年猫展が開かれているので、その時期に行くとより多くの猫作品を見る事が出来ます。

【施設情報】
●住所: 千葉県匝瑳市松山630
●アクセス: 総武本線「八日市場 駅」より車で10分
●営業時間: 開館時間 10:00〜17:00
●料金: 入館料 大人800円  中小生400円
●開催時期: 金・土・日・祝のみ開館
●公式サイト: http://matuyamaartmuseum.web.fc2.com/

美術鑑賞だけを楽しむのではなく、鑑賞と一緒に様々な体験を家族で楽しめる美術館を6選紹介させて頂きました。

美術の鑑賞、体験を楽しめるような工夫が盛り込まれた美術館は、家族連れにはピッタリです。

美術鑑賞を義務とするのではなく、遊びとして捉えることができれば、自然と楽しく感性を磨くことができるようになります。

今回紹介したような楽しく学べる美術館もあるという事をぜひ覚えておいてくださいね。

遊びながら感性を磨こう♪アートが楽しめる千葉県の美術館6選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:まなぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • ママこえ特別プランバナー
  • アソビバレポーターライター募集