『新江ノ島水族館』の展示ゾーン!深海生物ファンにはたまらない♪

632view
『新江ノ島水族館』の展示ゾーン!深海生物ファンにはたまらない♪

新江ノ島水族館の常設展示ゾーンは一日いても飽きないぐらいのボリュームがあり充実しています。とくに深海生物の長期飼育、研究に力をいれいている「深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~」エリアや、有人潜水調査船「しんかい2000」は展示など深海生物に興味をもっているお子さんにもおすすめのエリアです。それでは各展示をご紹介していきましょう!

深海Ⅰ・JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)と新江ノ島水族館の開発研究

新江ノ島水族館はJAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)と共に深海生物の長期飼育技術の研究開発を行い、深海生物の長期飼育にチャレンジし続けています。

水深1,000m付近の環境を再現した化学合成生態系水槽には、世界でここだけにしかない飼育技術が使われているそうです。

長期飼育だけではなく、繁殖も研究しているとか。

深海生物の赤ちゃん(幼生)も、新江ノ島水族館生まれがいるそうです。

 (65616)

モニターでも、深海のことが学べます。

深海生物の中で最も子供が興味をしめしたのは、こちら。

大きな「ダンゴムシ」のようなこちらは、「オオグソクムシ」といいます。
日本最大の「ダンゴムシ」の仲間。

 (65617)

水深200mから600m付近まで幅広く分布しているようです。
なぜかみんな重なっているという……

そして、深海に住む生物は、なぜか、みんなおとなしい。

 (65618)

多様な海洋生物がみられる!太平洋ゾーン

北からの冷たい海流「親潮」と、南から流れる暖流「黒潮」2つの潮の影響を受ける相模湾。

そのおかげで、ここの海には多様な海洋生物が生息しています。
冷たい海流と暖かい海流では住んでいる者たちの性質が全く異なります。

そんな環境の違いがよく再現されているのが、この「太平洋ゾーン」

赤道のあたりからやってくる「黒潮」は、強くて速い暖流。

太陽の強い光がたくさん降り注ぐ「黒潮」の通り道は、明るく色鮮やかな環境を作ります。

そのため、そこに生息する生き物たちは、鮮やかな模様を身につけています。
その模様でなかまを見分けたり、変わった模様で敵の目をあざむいて身を守るそうです。

 (65619)

この「サンゴ礁水槽」には、子供に大人気な「カクレクマノミ(ニモ)」も!

サンゴ礁のカラフルな色合いと、その合間を泳ぐ魚の鮮やかな色味は、いつまでも見ていたくなるような美しさ。

北からの冷たい海流には、栄養分がたっぷり含まれているそうです。
それが海の生き物たちを育てる親のようだから、「親潮」と呼ばれているのだとか。

北の海は太陽の光が弱いため、海の中の景色は地味。
なので、景色と同じように魚たちも、落ち着いた色をしています。

 (65620)

こちらは冷たい海に生息する「オオカミウオ」。

岩のすき間が大好きらしいです。

実物を見ても写真のように止まっているように見えるのですが、よくみると口とエラがゆっくりと動いています。

とても重厚感のある魚ですね。

 (65621)

「トラフザメ」も悠々と泳いでいます。
サメが大好きな息子は「太平洋ゾーン」の中ではこのトラフザメの水槽がお気に入り。

昭和天皇「今上陛下のご研究」ゾーン

「太平洋ゾーン」の奥には、昭和天皇、今上天皇陛下がされたご研究が紹介されています。

 (65622)

昭和天皇は、昭和4年からヒドロ虫類の研究を始められたそうです。
陛下ご自身で調べられたヒドロ虫類の御著書は9冊にも。

 (65623)

今上天皇は長年ハゼ類の分類の研究をされているそうです。

御論文の数は30編にも及ぶそう。

陛下は「日本産魚類大図鑑(初版、昭和59年)」と「日本産魚類検索-全種の同定-(初版、平成5年)」のそれぞれのハゼ類の項目のところを、共同で執筆されています。

秋篠宮殿下も、現在、魚や鶏をはじめとした生き物と人間との関わりを研究されています。

また、ナマズをめぐる日本人の価値観や文化について調査をされているそうです。

この、「今上陛下のご研究」の中で、子供たちが大好きな水槽は、「クリオネ」

 (65624)

「流氷の天使」「氷の妖精」といわれる、その小さくて愛らしい姿に、娘は夢中です。

「クリオネ」は巻貝の仲間らしいです。

貝殻がないのに?と疑問に思いますが、赤ちゃんの頃は貝殻があるみたいです。

成長すると完全に貝殻を失うのは、「裸殻翼足類」共通の特徴だとか。

クリオネは飢餓に強く、年1,2回しか食事をしないそうです。

その食事の際に頭部から出てくる触手、「バッカルコーン」が一時期有名になりましたよね。

確かに「頭部から6本の触手が現れ、“ミジンウキマイマイ”を見つけると接近し、一息にバクッと食べる」というのは予想外な食事方法で、私も驚いた記憶があります……

深海調査の有人潜水調査船が!「深海Ⅱ~しんかい2000~」

相模湾の深海調査のためになくてはならないのが、潜水船。

「しんかい2000」は日本初の本格的な有人潜水調査船です。
大きさは全長9,3m、幅3m、高さ2,9m。

息子も娘も「かっこいい!」とおおはしゃぎ。

 (65625)

「深海Ⅱ」のゾーンには、「しんかい2000」の内部構造、潜水する時に必要な備品も展示されています。

 (65626)

こちらはコックピット。

 (65627)

こちらは深海環境水槽。「しんかい2000」や「しんかい6500」に装着して使用します。

この水槽は水深2,000mと同じ水圧をかけることができるそうです。

高圧・低温の深海の環境のまま水族館や研究室に持ち帰ることができるのは、この水槽のおかげだったのですね。

 (65628)

潜航する時に絶対必要なトイレ。女性が潜航する場合は、オムツ着用だそうです。


娘は「しんかい2000」の潜水調査船を見終わると早々にこのゾーンには興味を失ってしまうのですが、息子は興味津々。

 (65629)

その他の潜水艦をじっくりと眺め……

 (65630)

JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の研究船や探査機の名前を読んでいます。

ちなみに、この「しんかい2000」の2F入口には、こんな記念写真を撮影できるスポットが。

 (65631)

小さい子供は絶対立ち寄ります。
「しんかい2000」のブースに行かない場合でも、こちらで記念撮影を、ぜひ!

★迫力の常設展示「相模湾ゾーン」についてもあわせて…

新江ノ島水族館の『相模湾ゾーン』はダイナミックな常設展示! - アソビバ

新江ノ島水族館の『相模湾ゾーン』はダイナミックな常設展示! - アソビバ

相模湾の海の中をできる限り自然な状態で再現した「相模湾大水槽」は一見の価値あり!今回は二人の子供たちと一緒に満喫してきました!

★施設情報についてくわしくは…

新江ノ島水族館(えのすい)を子連れで楽しむ!地元ライターが攻略法を徹底紹介 - アソビバ

新江ノ島水族館(えのすい)を子連れで楽しむ!地元ライターが攻略法を徹底紹介 - アソビバ

神奈川県藤沢市の湘南海岸沿いにある「新江ノ島水族館」は「えのすい」の愛称で親しまれている人気の観光スポット。右手には富士山、左手に江ノ島、眼下にはサーフィンを楽しむ人々、そして目前の片瀬漁港にはたくさんの漁船の群れが並び、ウェルカムラウンジとオーシャンデッキから望む景色は、湘南海岸の贅を極めています。

『新江ノ島水族館』の展示ゾーン!深海生物ファンにはたまらない♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集