夢の国『東京ディズニーシー』に3歳&0歳児連れて行くとどうなる?

604view
夢の国『東京ディズニーシー』に3歳&0歳児連れて行くとどうなる?

我が家は主人と私、そして3歳の外遊び大好き長男と、0歳の泣き虫次男の4人家族。 そんな私たちが、ファインディング・ニモが大好きな長男のために、『東京ディズニーシー』の「タートルトーク」へ行くことに。しかし混雑・行列が苦手な私たち夫婦。 しかも0歳児を連れてあのテーマパークに行けるのだろうか…。ということで、夫婦で作戦会議を重ねて夢の国に臨みました。

  • 使ったお金:30,000円
  • 遊んだ時間:11:00〜19:00 計8時間
  • 子供の年齢:3歳、0歳

2016年10月更新

東京ディズニーシーに入るとそこはヨーロッパの港町。まずは旅行気分でデリランチ

ランチタイム

ランチタイム

当日朝、子ども2人の支度や授乳でバタバタしながら出発し、パークに入園したのは11時すぎ。

入ってすぐのメディテレーニアンハーバーエリアは、イタリアの港町をイメージしているとあって、入ると現実世界からあっという間にトリップ。

目の前では、水上で行われる15周年記念ショーを見ようと観客が集合。早速ミッキーに会いたいと思うところ、ここはと私たちは左脇すぐにあるレストラン『ニューヨーク・デリ』でランチ。

ショーの最中とあって、レジも席も空いていました。ショーは見逃しましたが、おかげで広いテーブル席でゆっくり食事をし、次男もミルクを飲むことができました。

大人も子どもも盛り上がる!『タートルトーク』では目立った者勝ち!?

タートルトーク

タートルトーク

食事が済んだら早速今日のメイン『タートルトーク』へ。主人は長男を連れて、私はベビーカーを脇に置き、次男を抱っこして並びました。

館内に入り、シアター手前まで来ると映画で登場するキャラクターたちの絵がずらり。大好きな魚たちのパネルを見て、長男のテンションはあがります。

一方の次男はいざ開場という時にぐずり始め、ヒヤヒヤしたものの最後まで騒がず鑑賞。

ちなみにシアターの最後部にはキャストの方がいて、泣き止まないときは声をかけると途中退出ができると教えてくれたので、0歳児連れでも安心してシアターに入ることができました。

まるでニモの映画の世界のようなタートルトークは、大人も子どもも積極的に参加することがおすすめ!目立つ格好で行きましょう!何が起きるかはお楽しみ。

散歩でリフレッシュ後は『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』で大人も童心に

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

タートルトークの後はパークを散歩。次男は眠かったらしく、ベビーカーでしばし就寝。今度は長男の手を引いてのんびり散歩。

ポートディスカバリーゾーンでは、ベンチでアイス休憩。あまり混雑していないのと、眼前に水面が広がるスポットでとても開放的です。

アラビアンコーストでは2つめのアトラクション『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』へ。

ここは大きな船に乗り進むアトラクションなので回転が早く、あまり並ばずに乗れるのが私たちや小さい子ども連れ向きです。

音楽に合わせて人形が動くのは、おとなり東京ディズニーランドのアトラクション『イッツ・ア・スモールワールド』に似ています。3歳&0歳児はもちろん、大人もわくわくするアトラクションです。

子どもが主役のマーメイドラグーン遊びを満喫し、夢の国ともいよいよお別れ

そろそろ退園

そろそろ退園

アラビアンコーストから少し進み、次はマーメイドラグーンへ。

マーメイドラグーンは、小さな子ども向けのアトラクションが多く集まっています。
また周りにはベンチスペースや広いレストランもあり、疲れたら休憩もOK。

長男はしばらくアスレチックで遊び、近くのベンチで寝てしまいました。

少し眠って目覚めた後は少し早い夕食をとり、夕暮れに明かりが灯る景色を眺めながら再び散歩。

こうして半日かけてパークを1周し、再びメディテレーニアンハーバーへ。

ハーバー前にお菓子、グッズ、ダッフィー関連の大型店が集中しており、ここで一気に買い物を済ませます。日もすっかり沈んだところで、子どもたちはすっかり満足したようです。

大人はできればまだ夜のパークを楽しみたかったのですが…
子どもの体力を優先して、19時にパークを後にしました。

アソビバママが見た『東京ディズニーシー』のポイントはココ!

夢の国!

夢の国!

3歳&0歳児を連れての東京ディズニーシーは、予想に反してあたふたすることなく、子どもも大人も楽しむことができました。

まず子ども向け設備が充実していること。東京ディズニーリゾートはパーク内に大きなベビーセンターがあり、授乳、おむつ交換、離乳食の食事ができます。

場所はホテルミラコスタの真下。景観の都合上と思いますが、少し目立たない場所にあるので、事前に確認しておくと安心です。

また困ったときはキャストの方に相談しましょう!私もアトラクションやお手洗いで思いがけず助けてもらい、そのたびに感激しました。

そして大切なのは、予定を詰め込みすぎないこと。楽しめるポイントが多い分、あれこれまわると子どもも大人も疲れてしまいます。散歩やリフレッシュを挟みながら、楽しい時間を過ごしてください!

文/sana

夢の国『東京ディズニーシー』に3歳&0歳児連れて行くとどうなる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集