日光で紅葉がきれいなスポット25選!家族と一緒に行こう!

18view
日光で紅葉がきれいなスポット25選!家族と一緒に行こう!

「栃木に行くんだけど、どこか良い観光スポットはないかな」と考えている方に、紅葉のきれいなスポットはいかがでしょうか。今回は、栃木の日光にあるスポットを紹介します。どこもきれいな紅葉を見ることができる場所ばかりです。紅葉はどれも同じ、ということではなく、どのスポットにも、それぞれの良さがありますので、この記事でお好みの紅葉スポットを探し、ぜひ旅行や観光の際には参考にしてください。

華厳の滝

華厳の滝は、日光駅からバスで約45分、中禅寺温泉で下車したあと徒歩5分にある、栃木県日光市中宮祠にある紅葉スポットです。
10月中旬から10月下旬までが紅葉の見どころですので、興味がある方はチェックしてみてください。

 (54943)

華厳の滝は、袋田の滝、那智の滝と並ぶ日本の三大名瀑に数えられる滝のひとつであり、97メートルの高さから水が滝つぼに落ちる姿はとても迫力があります。有料のエレベーターを使って観瀑台へ行けば、その迫力のある滝を間近で見ることができます。
紅葉と滝を眺めたいという方には明智平展望台がおすすめで、男体山を拝み中禅寺湖を望めるのをはじめ、華厳ノ滝、白雲ノ滝、屏風岩などが一望できます。滝と紅葉がきれいな色で交わっているさまはとてもきれいで、おすすめです。

秋は紅葉ですが、ツツジの名所でもありますので、5、6月のピンク、紫、白色が咲き、とてもきれいです。季節ごとに違う景色を楽しむことができる観光スポットとなっています。

名称:華厳の滝
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス中禅寺湖方面行きで約45分、「中禅寺温泉」下車、徒歩約5分
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約14km

開催時期:10月中旬~10月下旬

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

戦場ヶ原

戦場ヶ原は、栃木県日光市中宮祠にある、400ヘクタールもある広大な湿原です。JR・東武日光線の日光駅から東武バス湯元温泉行きで約1時間5分のところにあります。
紅葉は10月中旬から10月下旬が見頃となっています。

 (54944)

中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った戦場だった、という神話が由来である、と言われている戦場ヶ原は、男体山が噴火して湯川がせき止められ、土砂がたまってできた広大な湿原地帯です。さまざまな植物が自生しており、また野鳥の種類が多いと有名です。
自然研究路が整備されており、2時間ほどで歩くことができるハイキングコースがありますので、家族で散歩するのにおすすめです。

ワタスゲやホザキシモツケが見頃になる6月中旬から8月上旬、9月下旬から10月上旬には一面の草がきれいな草モミジとなり、湯滝から戦場ヶ原を横断するコース周辺がきれいな紅葉になりますので、おすすめです。散歩とともに紅葉を眺めてはいかがでしょうか。

名称:戦場ヶ原
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス湯元温泉行きで約1時間5分、「赤沼」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約22km

開催時期:10月中旬~10月下旬(草紅葉は9月下旬~10月上旬)

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/10/

いろは坂

いろは坂は、木県日光市細尾町にあるスポットです。JR・東武日光線の日光駅から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約40分のところにある明智平下車すぐにあります。
紅葉は10月中旬から11月上旬が見頃となっています。

 (54945)

日本の道100選にも選ばれているいろは坂は、市街地と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路として多くの車がそのきれいな景色を眺めるために通行しています。
下りと上りの二つの坂を合わせ、48箇所の急カーブがあり、標高差は440mもあります。おおきな標高差がありますので、上の方と下の方では違った眺めが広がっていますので、さまざまな景色を楽しむことができます。

また、ロープウェイで展望台まで上がることができ、そこから男体山や中禅寺湖を眺めることができますので、家族で観光に行くのも良いかもしれません。
かの有名な明智光秀が名を残したと言われている明智平など、紅葉シーズンには車が渋滞するほどの絶景スポットとなっていますので、紅葉を見にいろは坂に行ってみてはいかがでしょうか?

名称:いろは坂
住所:栃木県日光市細尾町

アクセス:※明智平まで
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約40分、「明智平」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約12km

開催時期:10月中旬~11月上旬

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/9/

中禅寺湖

中禅寺湖は栃木県日光市中宮祠にある湖です。JR・東武日光線の日光駅から、東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約45分、中禅寺温泉を下車すぐのところに位置しています。
遊覧船が運行されており、9時から17時、お子さん630円、大人1250円で乗船できますのでおすすめです。

 (54919)

日本百景にも選ばれている中禅寺湖は、噴火によって原型ができたと言われる日光を代表する湖です。標高は1269メートルもあり、自然湖の中でも高い場所に位置しています。湖畔の散策や、奥日光を一望することができる展望台からはきれいな紅葉や山々を楽しむことができます。
カエデ、ウルシ、ミズナラ、ブナ、カツラなどの木々が生えており、季節によって緑色から黄色、赤と変化したさまざまな色が湖面に映る景色はとても美しいです。

また、中禅寺湖を廻っている遊覧船による観光もおすすめです。湖面はとても穏やかですので、小さなお子さんや乗り物が苦手なお子さんでも楽しむことができます。
紅葉のシーズンには紅葉廻りコースの運行も不定期で行われており、約20分~約1時間のコースなどさまざまあり、1時間に1本ほど運行されていますので、船の上から眺める紅葉を楽しんでみませんか?

名称:中禅寺湖
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約45分、「中禅寺温泉」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約14km

営業時間:9:00~17:00

料金:※中禅寺湖一周
 お子さん 630円
 大人 1,250円

開催時期:10月中旬~10月下旬

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/12/

霧降高原

霧降高原は栃木県日光市所野にあり、JR日光駅・東武日光駅から霧降高原行き、または大笹牧場行バスにて約25分の霧降高原バス停下車すぐのところにある観光スポットです。
家族で楽しむことができるレジャー施設も充実しており、家族で楽しめるおすすめスポットです。

 (54946)

霧降高原は赤薙山の斜面に広がる標高約1200メートル高原地帯です。ニッコウキスゲなどの高山植物が有名で、6月下旬から7月中旬に約26万株というニッコウキスゲが見頃となり、黄色が一面に広がっている様はとても美しく、おすすめです。
群生地のキスゲ平はハイキングコースが整備されているので気軽に散策も楽しめます。
日光霧降高原キスゲ平から小丸山を経て丸山のコースか焼石金剛にいたるルートが中心となっており、春から夏はビンズイ、ノビタキ、イワヒバリ、カッコウ、ツツドリ、アマツバメなどの野鳥を観察することができます。

また、渓流の方でもハイキングが可能であり、霧降隠れ三滝と言われている丁字滝・玉簾ノ滝・マックラ滝の3つの滝をまわるルートがあります。
春にはツツジなどもあり、秋は紅葉、冬はスキーといったように、一年中を通して楽しむことができるスポットです。

名称:霧降高原
住所:栃木県日光市所野

アクセス:
【電車・バス】JR日光駅・東武日光駅より霧降高原行または大笹牧場行バスにて約25分。霧降高原バス停下車すぐ。

公式サイトURL:http://www.kirifuri-kogen.jp/

龍王峡

龍王峡は、龍王峡駅から徒歩10分のところにある栃木県日光市の観光スポットです。
年間を通して楽しむことができますが、10月下旬から11月上旬が紅葉の見頃となっており、ハイキングコースから眺める紅葉がおすすめですので、興味がある方は訪れてみてください。

 (54956)

海底火山の噴火で形成された火成岩が鬼怒川によって浸食されて現在のような景観になったと言われる龍王峡は、栃木県日光市にある観光スポットです。
10月下旬から11月上旬までが紅葉の見頃となっており、たくさんの観光客が訪れます。

遊歩道が整備されており、3から4時間程度でゆっくりと歩くことができるハイキングコースがおすすめで、白く美しい白龍ガ淵、虹が見られると評判の虹見の滝、火山灰の堆積によってできた青龍ガ淵、白龍ガ淵や青龍ガ淵を眺めることができるむささび橋、縦に幾筋もの線が入った特徴的な柱状節理、守り神が祀られている五龍王神社といった、観光スポットが多くありますので、写真を撮りながらの観光もおすすめです。

また、7月にはお祭りが開催されていますので、興味がある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

名称:龍王峡
住所:栃木県日光市

アクセス:
【電車】野岩鉄道「龍王峡駅」から徒歩約10分(虹見の滝)
【車】日光宇都宮道路「今市IC」から国道121号を川治温泉方面へ車で約20km

開催時期:10月下旬~11月上旬

公式サイトURL:http://www.ryuokyo.org/

鬼怒川ライン下り

鬼怒川温泉駅から徒歩4分のところにある鬼怒川の名物、鬼怒川ライン下りは紅葉を眺めることができる名物となっています。船から景色を楽しむことができ、とても評判となっています。
4月中旬から11月下旬の期間で行っており、大人2,700円、子供1,200円で参加することができ、団体割引などもあります。

 (54921)

Photo by pom spritehunts

渓谷を船から眺め、楽しむことができるスリル満点の鬼怒川ライン下りは、鬼怒川の名物のひとつとなっています。楯岩、積み木岩、像岩、ゴリラ岩といったように、さまざまな岩を見ることができます。
春はヤマザクラやツツジが咲き誇り、夏はツツジが一面に生え、夏は緑色の中にセミの鳴き声や鮎の姿に夏を感じることができ、秋には一面に広がる紅葉、といったように一年を通して日光の大自然を感じ、堪能することができます。

鬼怒川の周りにはホテルなどやレストランなど施設が充実しており、鬼怒川ライン下りには周辺の観光スポットの割引サービスなどもありますので、ほかの場所と合わせて、宿泊と合わせてなど好きなように予定を組んで遊べるスポットです。

名称:鬼怒川ライン下り
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414番地

アクセス:
【電車】鬼怒川温泉駅から徒歩約4分
【車】日光宇都宮道路今市ICより約20分

営業時間:9:00~15:45 1日12便
(電話予約8:00~17:00)

料金:(鬼怒川ライン下り)
【一般】
 大人(中学生以上) 2,700円
 小人(4歳以上) 1,200円
 幼児(1歳から3歳) 無料
【団体割引】
 30名様以上 2,500円
 100名様以上 2,300円
 貸し切り(25名様まで) 75,000円

 駐車場料金 500円
 ※船着場からの戻りは無料チャーターバスがございます。

開催時期:4月中旬~11月下旬(期間中は無休)

公式サイトURL:http://linekudari.com/access.htm

湯滝

栃木県日光市湯元にある湯滝は、滝と紅葉が同時に楽しめるスポットです。東武・JR日光駅より東武バス湯滝入口から徒歩7分のところにあります。
紅葉は、10月中旬から11月にかけてが見頃となっていますので、滝と紅葉を楽しみつつ観光をしたいという方にはとてもおすすめです。

 (54922)

Photo by Fumio Shimizu

湯滝は、湯ノ湖の南側にあり、迫力のある滝です。高さが約70m、幅は最大25mという大きさで、末広がりに流れていく姿はとても優雅で迫力があるものとなっています。
ツツジやシャクナゲなども有名であり、たくさんの観光客が訪れます。
落ち口や滝つぼ、側面などから滝を鑑賞することができます。特に、階段上の遊歩道から滝を間近に見ることができ、散策路もありますので散歩道としてもおすすめです。

周辺の紅葉は10月中旬から11月にかけて鮮やかな赤や黄色がきれいに色づきます。紅葉が水面に映る様はとても美しく、滝の水しぶきが気持ちよく、リフレッシュすることができます。
また、観察会や見学会など、さまざまなイベントも行われていますので、訪れる際には確認してみてはいかがでしょうか?

名称:湯滝
住所:栃木県日光市湯元

アクセス:
【電車・バス】東武・JR日光駅より東武バス「湯滝入口」下車 徒歩7分

開催時期:10月中旬~11月

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/115/

湯ノ湖

栃木県日光市湯元にある湯ノ湖は、山々に囲まれた湖です。人工的な手を付けていない、きれいな自然を堪能することができ、9月下旬から10月中旬に赤、黄、茶といったように、さまざまな色の紅葉を見ることができます。
東武・JR日光駅から東武バス湖畔前で下車したところに位置しています。

 (54947)

栃木県日光市にある湯ノ湖は、三ツ岳が噴火した際に湯川がせき止められて、形成された湖です。約3kmにわたる湖は山に囲まれており、とても神秘的な雰囲気があります。

また、湖岸に散策路があり、モミの木やダケカンバの原生林を眺めながら散歩することができます。約1時間で歩くことができますので、ハイキングや、モミジ狩りにはおすすめです。
2005年には「奥日光の湿原」としてラムサール条約湿地に登録され、自然公園として湿地や水系の保全が行われています。

また、カエデやナナカマドが美しく、湖面に映る様がとてもきれいで、湯ノ湖の北岸には温泉もありますので、ハイキング、温泉と同時に楽しむ、というのもおすすめのひとつです。

名称:湯ノ湖
住所:栃木県日光市湯元

アクセス:
【電車・バス】東武・JR日光駅より東武バス「湖畔前」下車

開催時期:10月上旬~10月中旬

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1013/

川俣温泉

栃木県日光市の川俣温泉は、鬼怒川の上流にある秘湯エリアです。東武鬼怒川温泉駅から市営バスで1時間25分のところに位置しており、多くの宿、露天風呂があることで有名です。
このエリアの周辺には間欠泉、川俣湖など、平家落人伝説が残る平家塚など観光名所もたくさんあります。

 (54948)

鬼怒川の最上流にある秘湯エリアです。秘境という名がふさわしく、緑色がきれいな渓谷や山々、そびえたった岩壁、また鬼怒川を見下ろせるところにあり、素晴らしい景色を堪能することができます。
このエリアの周辺には、多くの宿が川俣湖周辺と渓谷沿いにあり多くの露天風呂があることで有名です。付近にもさまざまな観光スポットがありますので、宿泊しながら散策し、疲れたら戻ってきて温泉で景色を見ながら癒される、というのも良いでしょう。

5月には緑が美しく、10月中旬には一面にきれいな紅葉が彩ります。11月には新そば祭というお祭りも催され、多くの観光客が訪れます。景色、温泉と同時にたくさんたのしめるこのエリアはおすすめです。

名称:川俣温泉
住所:栃木県日光市

アクセス:
【電車・バス】東武鬼怒川温泉駅から市営バスで85分

公式サイトURL:http://www.nikko-kankou.org/spot/35/

中禅寺

栃木県日光市中宮祠にある中禅寺は、国重要文化財にも指定されている御本尊十一面千手観世音菩薩があるお寺です。
JR・東武日光線の日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで約45分行き、中禅寺温泉で東武バス立木観音前行きに乗り換えて約5分、終点で下車して徒歩3分のところにあります。
紅葉のシーズンは10月中旬から10月下旬となっています。

 (54676)

Photo by hinac(Ui-Han,Tan)

784年に勝道上人によって建てられた中禅寺は、世界遺産にも認定されている、日光山輪王寺の別院であるお寺です。
勝道上人が中禅寺湖上に千手観音様をご覧になり、その姿をカツラの立木に彫った、と言われている御本尊「十一面千手観世音菩薩」は国の重要文化財にも指定されており、十一面千手観世音菩薩を見るために多くの方が観光に訪れます。

境内にある「愛染カツラ」と呼ばれる木があり、葉っぱがハートの形をしているということから、縁結びの木として人気があります。愛染カツラはシーズンになると黄色が映え、とてもきれいな見栄えになります。
10月中旬から下旬が紅葉のシーズンとなっていますので、興味がある方は是非訪れてみてください。

名称:中禅寺
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス中禅寺湖方面行きで約45分、中禅寺温泉で東武バス立木観音前行きに乗り換えて約5分、終点下車、徒歩約3分

開催時期:10月中旬~10月下旬

公式サイトURL:http://rinnoji.or.jp/precincts/cyuuzenji

日塩もみじライン

栃木県日光市・那須塩原市にある日塩もみじラインは、自然の景観を楽しみながら通行できる、全長28kmの観光道路です。
一年を通してきれいな景観がありますが、10月中旬から下旬前後にかけて、紅葉が見頃となっていますので、ドライブがてら景観を楽しみたいという方におすすめです。

 (54949)

日塩もみじラインは、鬼怒川温泉と塩原温泉を結んでおり、全長28km、標高1,000mを超える観光道路です。途中で立ち寄ることができるスポットも多くあり、太閤おろしの滝や白滝などを眺められるところや、富士見台の展望台から霧降高原や富士山などを眺められます。
四季折々で車の窓から景色を楽しむことができますが、特に紅葉を眺めることができ、モミジ、カエデ、ブナ、カツラなどさまざまな木々がきれいな赤、橙、黄色に染まります。
10月中旬から下旬前後にかけてが見頃となっています。

また、夏にはゆりパーク、秋にはモミジ狩りのロープウェイも運行されていますので、紅葉を楽しみたいという方にはおすすめのスポットです。

名称:日塩もみじライン
住所:栃木県日光市・那須塩原市

料金:
普通車 610円など

公式サイトURL:http://www.totidoko.or.jp/index.html

光徳牧場

栃木県日光市中宮祠にある光徳牧場は、のんびりとした風景が評判の牧場です。JR日光駅の東武日光駅から東武バスで約1時間、光徳温泉を下車後、徒歩5分のところにあります。
馬や牛が放牧されており、放柵に沿った散策路を通れば、風景を楽しみながらハイキングもできます。

 (54950)

日光国立公園内に位置する光徳牧場は、約3万平方メートルという広大な大地で、牛や馬が放牧されており、ゆったりとした雰囲気が特徴的な牧場です。周囲約300メートルと小さくきれいな光徳沼があり、趣があり、ひっそりとした姿がとても評判です。

紅葉の時期には、水面に映り込む紅葉の赤色がとてもきれいで、情緒のある景色を楽しむことができます。
冬にはクロスカントリースキー場もオープンし、多くの観光客が訪れます。
一年を通して季節感を味わうことができる、のどかな観光スポットです。

また、絞りたての牛乳や味が濃厚なアイスクリームが評判ですので、散歩などのんびりしながらアイスクリームなどを楽しむというのもおすすめです。

名称:光徳牧場
住所:栃木県日光市中宮祠2452

アクセス:
【電車・バス】JR日光駅、東武日光駅より東武バスで約1時間、「光徳温泉」下車徒歩5分

営業時間:
8:30~17:00(冬期 8:30~16:00)
【休業日】不定休

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1126/

道の駅 湯西川

栃木県日光市にある道の駅 湯西川は、温泉や足湯も楽しむことができ、電車やバスで気軽に行ける道の駅です。野岩鉄道 湯西川温泉駅を下車後すぐのところにあり、秋の紅葉以外にも一年を通してきれいな景観がありますので、観光スポットとして有名です。
食堂やお土産コーナーなども充実しており、ゆっくりすることができます。

 (54923)

国道121号線から湯西川温泉方面に300m入ったところにある道の駅 湯西川は、電車やバスでも訪れることができる、標高600mにある自然豊かな歴史のある道の駅です。
サンショウウオの燻製やいちごパンなどが人気のお土産となっている売店や、ダムをモチーフとしたダムカレーやそばが人気の食堂、春から秋にかけては郷土のおやつ板台もち、観光スポット情報を紹介してくれるインフォメーションなどさまざまなものが充実しています。
新緑や紅葉、雪景色といったように四季折々の自然を楽しむことができます。
かけ流し日帰り温泉や足湯なども楽しむことができますので、食事や足湯を楽しみ、リラックスをして観光できるスポットとなっています。

名称:道の駅 湯西川
住所:栃木県日光市西川478-1

アクセス:
【電車】野岩鉄道 湯西川温泉駅下車すぐ

営業時間:
【売店】9:00~17:00(季節・曜日により若干変更あり)
【食堂】11:00~15:00(お食事)、9:30~16:00(お飲み物)
【温泉】9:00~21:00(最終受付20:00、岩盤浴最終受付19:00)
【足湯】9:00~17:00
【案内所・宿泊手配】9:00~17:00
【休業日】不定休(施設の点検等のためお休みすることがあります)

公式サイトURL:http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/

日光植物園

正式名称、東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園という日光植物園は、2000メートル以上の山々や湿原といった恵まれた環境に囲まれている観光スポットです。
高山植物や湿原植物などを栽培しており、秋には紅葉を楽しむことができます。
さまざまな植物が自生、栽培されていますので、植物観賞が好きな方にはおすすめのスポットです。

 (54679)

Photo by Asa-moya

正式名称が東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園という日光植物園は、高山植物や寒冷地の植物の研究と教育を主な目的として、1902年開設し、1911年に現在地へ移転しました。
周辺には2000メートルを超える山々や湖、沼、湿原などが多くありますので多くの高山植物、湿原植物、それらと関係がある外国産の種などが栽培されています。
春や夏にもさまざまな植物を見ることができ、秋にはモミジやシモバシラといったような植物を観賞することができます。

松平家の別荘として、100年以上前に使用されていた建物を、現在講演会やなどで使用しており、とても趣がありますので、紅葉とともに観光に来てみてはいかがでしょうか?

名称:日光植物園
住所:栃木県日光市花石町1842

アクセス:
【電車・バス】JR日光駅または東武日光駅より東武バス(奥細尾,清滝,中禅寺温泉,湯元温泉行)で約10分,「花石町」下車,徒歩2分

営業時間:
【開園期間】4月15日~11月30日
【開園時間】9:00~16:30(入園は16:00まで)
【休業日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

公式サイトURL:http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/nikko/

五十里湖

栃木県日光市五十里にある五十里湖は、川をせき止めて作られた人工的な湖です。
湯西川温泉駅より徒歩で約5分、今市ICより国道121号線を約40分のところにあり、釣りやボートのほか、さまざまな施設がありますので、楽しみながら紅葉を楽しむことができます。

 (54951)

重力式多目的ダムによる人造湖である五十里湖は、江戸の日本橋から五十里の距離にあるということから名づけられた湖です。
江戸時代の五十里湖の展示がある資料館のほか、サクラマス釣りやボート、水陸両用車によるクルージングなどさまざまなレジャーや施設があり、とても人気となってます。観光だけでなく体験できるものが多いというのが特徴です。5月5日にはダムの上の方にこいのぼりの姿が見え、とても評判となっています。

紅葉の時期には湖に映る山々が美しく生え、周辺の観光地と合わせてにぎわいます。
体験型のレジャーを楽しみながら紅葉などの景色を楽しむことができますので、お子さんでも飽きずに遊べる紅葉スポットとなっています。

名称:五十里湖
住所:栃木県日光市五十里

アクセス:
【電車】野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅より徒歩約5分
【車】今市ICより国道121号線を約40分(バスでもアクセス可)

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/6430/

瀬戸合峡

栃木県日光市川俣にある瀬戸合峡は、鬼怒川の上流に位置している峡谷です。東武鬼怒川温泉駅からバス治温泉経由女夫渕温泉行きで1時間15分のところにあり、渡らっしゃい吊橋からの景色が評判です。
紅葉の見頃は10月中旬から10月下旬となっています。

 (54957)

鬼怒川の上流にある瀬戸合峡は、川治温泉から川俣ダムへ向かう途中に続く渓谷であり、迫力のある岸壁が約2kmにわたって広がっています。岸壁に架けられた「渡らっしゃい吊橋」からの眺めが素晴らしく、評判となっています。
ダム駐車場を出発し、「渡らっしゃい吊橋」からダム駐車場に戻ってくるまでが、景色を楽しみながら約1時間で歩くことができるハイキングコースとなっており、401段の階段があるコースになっていますので、しっかりとハイキングしたいという方におすすめです。

また、瀬戸合峡はとちぎの景勝100選にも選ばれている紅葉の名所であり、岩肌の白や黒色と、紅葉の赤、黄、緑色のコントラストがとてもきれいです。是非訪れてみてください。

名称:瀬戸合峡
住所:栃木県日光市川俣

アクセス:
【電車・バス】東武鬼怒川温泉駅から市営バス治温泉経由女夫渕温泉行きで1時間15分

開催時期:10月中旬~10月下旬

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1058/

小田代原

栃木県日光市中宮祠にある小田代原は、JR・東武日光線の日光駅から東武バス湯元温泉行きで約1時間5分行き、赤沼で下車した後徒歩30分のところにあります。
草モミジの見頃は9月下旬か10月上旬、紅葉の見頃は10月上旬から中旬となっています。

 (54952)

戦場ヶ原の西側に位置する小田代原は、奥日光の湿原として2005年にラムサール条約湿地に登録された湿原地帯です。
ミズナラやカラマツなどの木々に囲まれた自然が広がっており、春や夏にもさまざまな季節できれいな景色を眺められますが、秋にはミズナラの黄葉や、草モミジといったきれいな光景を眺めることができます。

また、数年に一度しかできないと言われており、大雨が降った日にしか現れない小田代湖があり、湿地一面に紅葉が色づき、とてもきれいに映ります。
草原の真ん中に生えている、小田代原の貴婦人と呼ばれるシラカンバの木があり、その美しい立ち振る舞いを写真に収めようとする写真家の方が多く訪れるスポットですので、ぜひ観光に訪れてみてはいかがでしょうか。

名称:小田代原
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス湯元温泉行きで約1時間5分、「赤沼」下車、徒歩約30分
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約22km、赤沼から徒歩約30分

開催時期:10月上旬~10月中旬(草紅葉は9月下旬~10月上旬)

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1011/

竜頭ノ滝

栃木県日光市中宮祠にある竜頭ノ滝は、奥日光を代表する日光三名瀑のひとつであるとても美しい滝です。JR・東武日光線の日光駅から、東武バス湯元温泉行きで約1時間のところの竜頭の滝を下車したところすぐの場所にあります。
紅葉の見頃は9月下旬から10月上旬となっています。

 (54588)

階段状になっている岩場を勢いよく流れ、大きな岩によって二分される様子が竜の頭に似ている、ということからこの名がついたといわれている竜頭ノ滝は、奥日光を代表する日光三名瀑のひとつである評判の滝です。

また、奥日光で紅葉の訪れが早い場所であるといわれており、赤、黄色などさまざまな色に色づいた木々が滝とマッチしてとてもきれいに見えます。
観爆台から眺める紅葉に彩られた滝や、散策路から側面の滝などもおすすめです。

9月下旬から10月上旬にかけての紅葉が見頃となっており、9月下旬からの紅葉がとてもきれいであると評判です。モミジやシナノキといったように、きれいな木々の景色を楽しむことができますので、さまざまな角度からの紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

名称:竜頭ノ滝
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス湯元温泉行きで約1時間「竜頭の滝」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「清滝IC」から国道120号を約20km

開催時期:9月下旬~10月上旬

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1006/

鬼怒沼

栃木県日光市川俣にある鬼怒沼は、標高約2020メートルの湿原にあり、高山植物が有名な沼です。奥鬼怒温泉郷から徒歩で約2時間30分のところにあります。
9月下旬の草モミジ、中旬の真っ赤な紅葉がおすすめとなっています。

 (54682)

Photo by Asa-moya

鬼怒沼は標高約2020メートルの湿原にある沼です。高山植物の宝庫と呼ばれるほどであり、チングルマやヒメシャクナゲなどが生息しています。
6、7月には遅い春がやってきて花が開花し始め、8月下旬に草モミジ、9月中旬に赤色できれいなモミジで湿原全体が美しく彩られます。
また、11月には一面の雪、沼面には薄氷が張り、渡り鳥の飛ぶ姿を見ることができますので、雪景色もおすすめです。

熱海や箱根に並び、有名な鬼怒川温泉もあり、年間200万人以上訪れる有名な温泉スポットです。
また、鬼怒川の源流部付近にある奥鬼怒温泉や、平家の落人でも有名な湯西川温泉など温泉も充実しています。温泉と紅葉を同時に楽しみたい方にはおすすめの観光スポットです。

名称:鬼怒沼
住所:栃木県日光市川俣

アクセス:
奥鬼怒温泉郷から徒歩で2時間30分

公式サイトURL:http://yunishikawa-kawamata-okukinu.jp/

憾満ヶ淵

栃木県日光市匠町にある憾満ヶ淵は、数える度に数が変わると言われている化地蔵が見どころとなっている観光スポットです。JR日光駅または東武日光線東武日光駅よりバスにて日光総合会館前で下車後、徒歩で約20分のところにあります。

 (54953)

憾満ヶ淵は、海僧正によって造られた、不動明王の石像の、最後の句から名がつけられたと言われています。
駐車場から慈雲寺の方へ抜けて歩いて行ったところには、数える度に数が異なるといういわれがある化地蔵が約70体あり、その姿はとても迫力があります。当時は100体ほどあったと言われています。
化地蔵から上流の方へ歩きますと、弘法大師が筆を投げて彫りつけた、という「かんまん」という梵字が刻まれており、弘法大師の投筆と呼ばれていますが、晃海が山順僧正の書いた梵字を岩に刻ませたものだと言われています。

春には新緑、秋には紅葉といったような景色が美しく映ります。冬には地蔵たちが雪をかぶるという光景がとてもきれいですので、紅葉や冬の姿がおすすめの観光スポットです。

名称:憾満ヶ淵
住所:栃木県日光市匠町

アクセス:
【電車・バス】JR日光駅または東武日光線東武日光駅よりバスにて「日光総合会館前」下車、徒歩約20分

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1025/

霧降ノ滝

栃木県日光市所野にある霧降ノ滝は、浮世絵師の葛飾北斎が描いたとして有名である、日光三名瀑の一つである滝です。
紅葉は10月下旬から11月上旬が見頃となっており、滝と紅葉の色のコントラストが映え、とても美しい景色を見ることができます。

 (54954)

華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている霧降ノ滝は、江戸時代の浮世絵である葛飾北斎が「下野黒髪山きりふりの滝」で描いたとして有名である滝です。
滝が岩壁にあたり、飛び散る水しぶきによって霧がかる、ということが由来と言われています。滝は上下で分かれており、上段25メートル、下段26メートルの大きさです。
滝の正面には観瀑台があり、紅葉と滝の水が入り混じってとても美しい情景を眺めることができますので、滝と紅葉を楽しみたいという方にはおすすめです。

また、霧降ノ滝の上流には知る人ぞ知る丁字ヶ滝、玉簾の滝、マックラ滝という霧降隠れ三滝があり、穴場の観光スポットとなっていますので、興味がある方は訪れてみてください。

名称:霧降ノ滝
住所:栃木県日光市所野

アクセス:
【電車・バス】JR日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス「霧降高原・大笹牧場行」約10分、霧降滝入口下車、観瀑台まで徒歩約15分

開催時期:10月下旬~11月上旬

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1120/

日光二荒山神社 神橋

栃木県日光市山内にある日光二荒山神社 神橋は、いろいろな伝説や伝統がある、朱色がきれいな、日本三大奇橋のひとつである橋です。
紅葉の見頃は11月上旬から下旬にかけて、橋の朱色と紅葉の赤色できれいな景色を映し出してくれますのでおすすめです。

 (54958)

日光二荒山神社 神橋は、日本三大奇橋のひとつといわれており、日光のシンボルマークといっても過言ではないとてもきれいな橋です。1636年の東照宮の大造替された際に現在の美しい朱塗りとなったといわれています。
1902年の洪水によって流されてしまいましたが、1904年に再建されました。二荒山神社で神前結婚式を挙げるカップルは神橋渡り初めという神事があるなど、さまざまな伝統があります。

紅葉の前の新緑の時期には、木々の緑色と朱塗りの橋がきれいに映え、紅葉の時期には山々の色が橋の美しい朱色をいっそう引き立て、写真を撮るために訪れる観光客がとても多いです。
川や山、橋を眺めながら散歩というのもおすすめです。

名称:日光二荒山神社 神橋
住所:栃木県日光市山内

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス中禅寺湖方面行きで約5分、「神橋」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「日光IC」から日本ロマンチック街道を約2.5km

開催時期:11月上旬~11月下旬

公式サイトURL:http://www.futarasan.jp/

日光・イタリア大使館別荘記念公園

栃木県日光市中宮祠にある日光・イタリア大使館別荘記念公園は、イタリア大使館の夏季別荘として建てられ、歴代の大使が使っていたものを展示館として公開しています。
10月中旬から下旬が紅葉の見頃となっており、湖、紅葉、空の色合いがとてもきれいです。

 (54955)

日光・イタリア大使館別荘記念公園は、イタリア大使館の夏季別荘として建造され、歴代の大使が使用していたものを設計図から復元し、現在は展示館として公開されています。
建物はチェコ出身のアントニン・レーモンドという有名な建築家が携わっており、とてもおしゃれな外観が素敵です。園内からは中禅寺湖を眺めることができますが、もともと明治中期から昭和初期には、中禅寺湖周辺にたくさんの大使館や外国人別荘を建てられ、避暑地として利用されていたようです。

散策路では周囲にきれいな紅葉が映っています。湖の方向を向いたベンチでは湖面が広がっており、湖と紅葉と空が美しく映りますので、ゆっくりと眺めて楽しむのもおすすめです。

名称:日光・イタリア大使館別荘記念公園
住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から湯元温泉行または中禅寺温泉行バスで約50分、「中禅寺温泉」下車、徒歩約40分(夏期、紅葉期のみ半月山行きバス乗換、「イタリア・英国大使館別荘記念公園前」下車、徒歩約10分)

開催時期:10月中旬~10月下旬

公式サイトURL:https://www.tochigiji.or.jp/spot/1117/

日光東照宮など 二社一寺

栃木県日光市山内に位置する日光東照宮など 二社一寺は、日光東照宮を中心とし、日光の社寺として世界遺産に登録されています。
11月上旬から下旬にかけてが紅葉の見頃の時期となっており、ライトアップなども行われていますので、ぜひ行ってみてください。

 (54927)

Photo by hinac(Ui-Han,Tan)

日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の二社一寺は日光の社寺として世界遺産に登録され、日光ではもっとも有名な観光スポットです。
なかでも有名である日光東照宮は、あの有名な徳川家康がまつられた神社であり、現在の建物は3代目将軍家光によって建て替えられたものです。

日光東照宮を中心に、紅葉シーズンは観光客でにぎわい、黄色、赤色がきれいで、二社一寺が紅葉と一体となり、美しい景色を映し出してくれます。歴史を感じながら紅葉を眺めることができ、神社やお寺のお参りをしながら紅葉の景色を楽しむのもおすすめです。
また、紅葉が見頃の時期にはライトアップされ、とてもきれいになりますので、時期を合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

名称:日光東照宮など 二社一寺
住所:栃木県日光市山内

アクセス:
【電車・バス】JR・東武日光線「日光駅」から東武バス「世界遺産めぐり」で約9分、「表参道」下車すぐ
【車】日光宇都宮道路「日光IC」から日本ロマンチック街道を約3km

開催時期:11月上旬~11月下旬

公式サイトURL:http://www.toshogu.jp/

いかがでしたでしょうか?日光には、紅葉を眺めることができる観光スポットがたくさんありました。それぞれの場所でできることや特徴などはさまざまで、車から、徒歩で、建物の中からと紅葉がみられるスポットは多くありました。
また、温泉や宿泊施設が充実していたり、ライン下りなどレジャー施設があったりと施設も多くあります。紅葉と一緒に、湖や滝、岩肌なども楽しめますので、お子さんとのお出かけの際にはぜひ日光へ紅葉をみに行くということを検討してみてください。

日光で紅葉がきれいなスポット25選!家族と一緒に行こう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ちコラム

お役立ちコラムカテゴリ

RANKINGお役立ちコラムランキング

COLUMNお役立ちコラム

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • WEBからとくとくチケットGET!
  • 東京ドイツ村入場ご招待券
  • アソビバレポーターライター募集